亀戸天神 藤まつり2017!入場料は?見ごろは4月下旬だ

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

亀戸天神の境内では、毎年15の藤棚に100株以上が一斉に咲くのが見ごろですよね。

昔から亀戸天神の藤は、「東京一」と言われるように、関東地区の方には、大人気の名所となっていますが、最近では、スカイツリーとのコラボレーションも見どころになりました。

太鼓橋の上から見渡す、藤棚は、藤色一色で、幻想的な雰囲気を味わうことが、出来るのも特徴です。

亀戸天神の藤の見ごろ時期には、100以上もの屋台が出て、藤まつりが開催されますので、ぜひ、美しい藤の鑑賞へ出かけてみてはいかがでしょう。

今回は、「藤は亀戸天神!」と題して、2017年の藤まつりの見ごろの時期や、お得情報をお届けしていきます^^

更新:2017-03-25

 

亀戸天神社「藤まつり」とは?

亀戸亀戸とスカイツリー

亀戸天神社と言えば、菅原道真の学問の神さまで有名ですから、お正月には受験生で境内は溢れかえっています。

そして、冬を超え、梅が咲き、春が訪れるとが咲きます。

 

亀戸天神社のおまつり一覧

 

  • 梅まつり・・・毎年2月の第2日曜日〜3月の第2日曜日に開催されています
  • 藤まつり・・・4月25日頃〜5月5日頃が、敷地内の藤棚が一斉に開花します^^
  • 菊まつり・・・毎年10月の下旬頃〜11月下旬ごろまで開催されています

 

亀戸天神社の藤は、江戸時代に植えられたようですね。

日本の花と言えば、桜・梅・菊ですが、も日本古来の花木で、今、海外の方に大絶賛の大人気の花になります。


犬公方で有名な、江戸幕府5代将軍の、徳川綱吉も亀戸天神社の藤を、鑑賞しに訪れた記録があるそうです。

 

2017年亀戸天神 藤まつりの開催時期はいつ?

毎年4月中旬から、5月下旬に開催される、亀戸天神社の「藤まつり」、2017年の開催時期は?

  • 亀戸天神社「藤まつり」の開催時期・・・2017年4月15日(土)〜2017年5月7日(月)


藤亀戸天神社の藤は、藤色だけでなく、うすい藤色や、白い藤、黄色い藤と色いろな種類があります。

だから、開催期間は4月15日から5月7日ですが、それぞれ見ごろの時期が違うんですよね。

色いろな種類の藤を堪能できるのは、とっても嬉しいことですが、藤まつりに行くなら、スカイツリーをバックに、一番有名な、藤色に垂れ下がった、藤は、絶対ハズせませんよね。

 

垂れ下がった藤の花を、太鼓橋から1番きれいな状態で見下ろしたい^^

 

花は、直前の天候に左右されますので、この日が見ごろだ!とは、断定出来ないのですが、いつ頃が、見ごろか、知りたいところではないでしょうか?

  • 亀戸天神社「藤まつり」の見ごろは4月の下旬!!


5月のゴールデンウィークは、少し満開を過ぎている可能性がありますし、例年ゴールデンウィークが過ぎると、藤は散ってしまいます^^;

そう考えると、亀戸天神社の「藤まつり」の見ごろの時期は、ズバリ4月の下旬頃で、ちょうどゴールデンウィークが始まる頃がベストではないでしょうか。

ゴールデンウィークがあってよかった^^

スポンサードリンク

 

亀戸天神社の藤まつりの料金は?ライトアップは高くなるの?

日本全国で、藤の花の咲く季節になると、藤まつりが開催されますが、亀戸天神社の藤まつりの料金はいくらでしょう?

なんと!無料です!!

しかも、ライトアップも無料!!!

  • 本殿開門午前6時〜ライトアップ時間は夕方日没〜午後24時まで

⇒ ライトアップされた亀戸天神の藤の写真

 

亀戸天神社の藤まつりのアクセスは?駐車場は?

【亀戸天神社:住所】東京都江東区亀戸3丁目6番1

  1. 総武線亀戸下車 北口より徒歩15分
  2. 総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 北口より徒歩15分
  3. 都バス亀戸天神前下車すぐ

引用:亀戸天神社公式ページより


車で行かれる方は、境内参拝利用客専用の無料駐車場があります。

無料ですが、藤まつり開催期間は、混雑しますので、利用するのは難しいと思います。

午前8時からの利用となりますので、かなり早くから待つなら別ですがね^^;

東京都の江東区ですから、電車やバスのアクセスはとても良いですので、車は避けたほうが良さそうですね。

 

亀戸天神社「藤まつり」のお土産

亀戸天神社の藤まつりに行ったら、お土産は何にしよう?

日頃お世話になっている方への、お土産って悩みますよね。

亀戸天神社に行ったら、おすすめのお店がありますよ。

 

亀戸天神「船橋屋」さんです。

丁稚奉公

くず餅って知ってますよね^^

 

亀戸天神「船橋屋」さんが、くず餅の元祖、発祥なんですね。

 

時は、江戸時代1805年で、文化二年、当時の江戸幕府将軍さまは、11代徳川家斉まで遡ります。

当時も、亀戸天神社は、梅や藤の季節になると、参拝者で大賑わいでした。

それを見た、亀戸天神「船橋屋」さんの創業者、勘助さんが、湯で練った小麦粉でんぷんをせいろうで蒸して、黒蜜ときな粉をかけた餅を作りました。

それが、参拝客に評判となって、いつしか「くず餅」と名付けられたようです。

あの日本を代表する文化人の、芥川龍之介さんなども、たびたび足を運んで、くず餅の味を堪能してたようです。

ゴールデンウィークのお土産として、おすすめですよ。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

今回は、「藤は亀戸天神!」と題して、2017年の藤まつりの見ごろの時期や、お得情報をお届けしました。

藤棚から、優雅に揺れる藤の花は、日本が世界に誇れる花です。

そして、最近では、藤の花は海外の人の心も、魅了しています。

ゴールデンウィークには、たくさんのイベントが開催されますが、昔から日本人が愛してきた、藤の花を鑑賞するのも良いのではないでしょうか?

古来からの藤の花と、近代建築で圧感のスカイツリー、両方を堪能できるのも、亀戸天神の藤まつりをおすすめする理由ですね。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ