春の雑学5月!こどもの日〜祭り編

なるほど!

 

こんにちは、管理人のザッ君と娘のなぞ子(@zatsugaku2015)です。 あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

今回は5月5月と言ったら、こどもの日(端午の節句)ですよね。

5月の子供の日(端午の節句)を中心に、5月の祭りに関係する雑学まで色いろお話していきます。

 

こどもの日(端午の節句)雑学

  • こどもの日に入る菖蒲湯(しょうぶゆ)は花菖蒲(はなしょうぶ)でも大丈夫でしょうか?

菖蒲湯菖蒲湯をしたことがありますか?

菖蒲湯は強烈な香りがするのですが、あの匂いは、悪霊と取り払う魔除けに効果があると、昔から信じられているのです。

菖蒲湯は、お風呂に菖蒲を入れるだけでなくて、菖蒲枕にしたり、菖蒲叩きにしたりして、体のまわりに、菖蒲の香りをただよわせて、子供が元気にスクスク育つように、悪霊を取り払うことを願っているのです。

 

で、花菖蒲は、菖蒲のような強烈な香りは出しません。

 

菖蒲と花菖蒲は種類が違って、菖蒲はサトイモ科で、がまの穂のような花をさかせ、花菖蒲はアヤメ科で大きな花を咲かせます。

要は、大切なのは香りなのです^^

 

  • こいのぼりはなぜ、吹き流しがついているのでしょう?


こいのぼりこいのぼりは、男の子の成長と出世を願って、立てられるようになりました。

中国の『後漢書(ごかんしょ)』と言う古い本の中に「たくさんいる魚の中で鯉だけが、黄河上流の竜門の滝をのぼり、竜になった」という文章をヒントにこいのぼりは生まれました。

日本のこどもの日の代名詞ですが、中国が発祥です。

 

吹き流しは、「竜門の滝」をあらわしています。

 

こいのぼりの竿のてっぺんに、丸い玉があるのですが、何を表しているか、知っていますか?

あれは、国旗の竿のてっぺんにつける、金の玉と同じで、神さまが降りてくる目印とされています。

ちなみに、江戸時代では、スギの葉をくくりつけていたそうです(`・∀・´)エッヘン!!

 

  • こどもの日になぜ、かしわ餅を食べるのでしょうか?


かしわ餅とちまきかしわ餅は、かしわの葉っぱで包まれているのですが、これが縁起が良いとされています。

理由は、かしはという植物の特徴にありますが、ご存知でしょうか?

かしわの葉は、新しい芽が出ても大きく育つまで、古い葉っぱが散らずに残っているのです。

そのことが、「子供が大きく成長するまで親は元気でいる」=「親が元気なうちに、子供は大きく成長する」ということで、大変縁起が良いとされています。

江戸時代に、誰かはわかりませんが、このように考えてかしわ餅を作り、当時は甘いものが貴重な時代だったので、参勤交代で瞬く間に広がったそうです。


スポンサードリンク

 

5月のお祭り雑学


5月は昔から、各地域で、お祭りの多い時期です。

1番有名なお祭りは、毎年5月の第3金曜日〜日曜日に開催される、三社祭ですよね。

開催期間中は150万人の見物客で賑い、100基あまりのお神輿が練り歩きます。

 

  • なぜ、お祭りでは神輿(みこし)をかつぐのでしょう?


6042237日本は季節ごとに、各地域でたくさんのお祭りがありますよね。

お祭りと言えば、「ワッショイワッショイ」「ソイヤソイヤ」と大きな掛け声で、お神輿をかついで、練り渡ります。

お祭りで担ぐお神輿は、神さまの乗り物なんです。


神さまと言えば、いつもみんなを守ってくれているのですが、お神輿を掛け声とともに、揺らしているのには理由があります。

 

神さまは、放っておくとだんだん力が落ちるので、1年に1回、お神輿に乗せて、「ワッショイワッショイ」や「ソイヤソイヤ」と揺り動かして、掛け声で元気づけているのです。

 

そうすることで、神さまは、「ぼんやりしてたら、イカン!」と、次第に興奮して、威力が増すと言われているのです。

 

その他 5月の気になる雑学

  • 「夏も近づく八十八夜」の88って何でしょうか?


茶摘み文部省唱歌の『茶摘み』を口ずさむことが、出来ますか?

「夏も近づく八十八夜♪ 野にも山にも若葉が茂る〜〜♪」って八十八夜って何?

 

八十八夜というのは、5月2日のことです。

 

旧暦では2月4日頃が、立春と言われて、元旦でした。

そして、そこから数えて88日目で、だんだん温かくなってきて、若葉がどんどん伸びてくるので、茶摘みに丁度良い時期だよっていう歌みたいです。

昔は、立春から数えて88日目に摘んだお茶が、最上級として重宝されていて、それを神さまにお供えしたり、お殿さまや将軍さまに献上されていたようです。

雑学 3月雑学4月

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

『春の雑学5月!こどもの日〜祭り編』と題して、今回は、こどもの日〜祭りにスポットを当てて、雑学をご紹介しました。

最後にクイズを出そうと思います。

5月の季節の鳥と言うと、ツバメですが、家に巣を作ると「縁起がいい」と言われますよね。

ひな鳥が親鳥のエサを待っている姿は、微笑ましいですが、ツバメの家族が食べる1日の虫の数は1000匹は嘘?本当、さぁ、どっち?

ツバメは平均すると5羽のひな鳥を育てるのですが、朝から夕方まで、約13時間ずっと、大きく口を開けて餌をねだるひな鳥のためにせっせと虫を運びます。
1時間になんと45回も運んでくるそうですから、13時間×45回=585匹の虫をひな鳥のために、運んでいます。
当然、その間に、親鳥も虫を食べますので、お父さん鳥とお母さん鳥、2羽×300匹として約600匹。
ひな鳥と親鳥を足すと、1185匹。
軽く1000匹は虫を食べる、大食い家族なのである。
だから、ツバメは、害虫を退治する益鳥(えきちょう)とも言われているんですね。


ちなみに、「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」と言いますが、虫を捕まえる飛んでいる高さで、雨が降りそうか、晴れかが、わかるのです。

天気が良いと、虫は地面が温められて、上昇気流が発生するので、高く飛んでいます。

だから、ツバメも高く飛んで、虫を捕まえます。

曇って湿っぽくなると、虫の羽根が重くなって、低く飛ぶようになります。

そうすると、ツバメも低く飛んで、虫を捕まえます(`・∀・´)エッヘン!!

いかがでしたか?

思わず、次の日に聞いて聞いて、誰かに話したくな〜る^^

面白い雑学でしたm(__)m

スポンサードリンク

 

5月関連 おすすめ人気記事

【桜】

【芝桜】


【チューリップ】


【藤】

 

タカラダニ駆除・対策・予防方法関係のまとめ記事

そして、コンクリートやベランダにウジャウジャ例年ゴールデンウィークあたりから、赤い虫のタカラダニが登場します。基本的には無害な虫で不快虫ですが、対処法はコチラをご参考ください^^

市販の殺虫剤を吹き付けるだけで、イチコロです
タカラダニ駆除!市販殺虫剤編

水をシャーとかければ、イチコロです
タカラダニ駆除!水の対処の仕方編

食器洗い用洗剤で吹きかければ、丸い固まりで駆除できます
タカラダニ駆除!食器洗い洗剤で撃退編

タカラダニは駆除だけでは予防になりません^^;
タカラダニ(赤い虫)の予防・撲滅方法編

タカラダニで犬や猫の害が心配^^;
タカラダニ(赤いダニ)が室内に!駆除方法は?犬が心配!

 

ザッ君 前後の記事
次の記事: »

 

前の記事: «

 

 ☆こちらの記事もどうぞ☆

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!