30年以内に70%の確率で発生予想されている首都直下地震ですが、防災の準備出来ていますか?

9月1日は防災の日です。

備え合って憂いなしです。そこで、防災のポイント!!

① 物の備え、② 室内の備え、③ 室外の備え、④ コミュニケーションの備え、防災にはこの4つポイントが大事です。

100円ショップ

今回は最小限備えておきたい防災グッズにスポットを当てていきます。防災グッズのアイテムは何が必要かおさえておきましょう。

先日、100均に行ったときは、なんと「ガラス飛散防止シート」なるものを見つけました。

これ、地震のときに窓ガラスが飛び散らないように貼るシートなんですよね。

管理人は日焼け防止用の窓ガラスに貼るUVカットのシートを探しに行っていたのですが、こんなものまであるとは……びっくりしました。

これは、探してみると、防災グッズ一式が揃ってしまうのでは!?

防災グッズセットを買うよりお得なのでは?

ということで今回は、100均でそろう防災グッズも調べてみました。

スポンサードリンク

地震が発生したら!

もし地震などの大規模災害が発生したら、避難の判断をする必要があります。危険な目に合わないためには、正しい情報収集が大事です。

正しい情報を得るための4つ

  1. SNSを活用する
  2. TwitterやFacebookは貴重な情報源になります。でも、正確でない噂も周りますので正しい情報の見極めが大事になります。

  3. 家族の状況を確認する
  4. 大規模な災害が発生するとまずは自分の身を守ることで精一杯になります。落ち着いたら家族同士の状況を確認します。

  5. 家の内外を確認する
  6. 家族の状況を確認できたら、家の内外を確認します。火の始末はできているかと、避難する経路は確保されているか目視していきます。

  7. むやみに動くと危険
  8. 慌てて家の外にでると危険です。まずは安全を確認して周囲で危険なものや建物がないか確認をして周りに流されず自分の目と耳で判断します。

最小限備えたい防災グッズ一覧

食品

  • 水(飲料水、調理用など)
  • 主食(レトルトご飯、麺など)
  • 主菜(缶詰、レトルト食品、冷凍食品)
  • 缶詰(果物、小豆など)
  • 野菜ジュース
  • 加熱しないで食べられるもの(かまぼこ、チーズなど)
  • 菓子類(チョコレートなど)
  • 栄養補給食品
  • 調味料(醤油、塩など)

被災地の方が重要だった物

  • カセットコンロ・ガスボンベ
  • 常備薬
  • 簡易トイレ
  • 懐中電灯
  • 乾電池
  • 充電式のラジオ
  • ビニール袋
  • 食品包装用ラップ

生活用品

  • 生活用水
  • 持病の薬・常備薬
  • 救急箱
  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • ウェットティッシュ
  • 生理用品
  • 使い捨てカイロ
  • ライター
  • ゴミ袋、大型ビニール袋
  • 簡易トイレ
  • 充電式などのラジオ
  • 携帯電話の予備バッテリー
  • ラテックス手袋
  • 懐中電灯
  • 乾電池
まとめておきたい大切なもの

  • 家族の写真
  • 免許書
  • 年金手帳
  • 預金通帳
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 株券
  • お薬手帳

今や生活になくてはならない100均!

管理人の文房具や消耗品の半分くらいは100均で調達していますが、みなさんはどうでしょうか。

普段はささっと買いたいものだけをカゴに入れてレジに行ってしまうのですが、時間があるときはふらふらと店内を回ります。

で、100均の店内をよくよく見てみると、「えっ、こんなものまで100均!?」

という意外なものを発見してしまうこともしょっちゅうです。

上記でご紹介した防災グッズが100均で揃えられるか見てみましょう。

非常時の持ち出しバッグに入れるグッズ

非常時の持ちだしバッグに入れるもののうち、100均で手に入るものはこちら。

100均防災グッズ

  • 絆創膏
  • カット綿
  • アルコール、消毒薬
  • 包帯
  • ウェットティッシュ
  • マスク
  • 乾電池
  • ほっかいろ、冷えピタ
  • 三角巾
  • レインコート
  • マッチ、ライター、ろうそく
  • 軍手
  • ナイフ
  • ホイッスル、防災ブザー
  • 手動発電ライト、手動発電機
  • ペットボトルの水
  • カロリーメイトなどの食料
  • スモークシャットアウト
  • 方位磁石
  • 地図
  • レスキューシート
  • 簡易ラジオ

他にも、避難時や避難先に必要なものがあれば100均で購入してバッグに入れておきましょう。

管理人は、登山で100均のホイッスルやレインコートを使っているのですが、けっこう丈夫で便利ですよ。ホイッスルはバッグの外側にぶら下げておくとよさそうです。

楽天広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

避難生活で役立つ100均グッズ

次は避難生活で役立つ100均グッズをご紹介します。

家や車庫、倉庫などに保管しておくのがおすすめ、家は地震後入れなくなることもあるので、車庫や車の中に保管する人も多いそうです。

役立つ100均防災グッズ

  • アルミシート、サランラップ
  • 使い捨ての紙皿、紙コップ、割りばし
  • 使い捨てのゴム手袋
  • ウェットティッシュ、フェイスシート(顔を拭けるウェットシート)
  • 水のいらないシャンプー
  • 除菌消毒用のアルコール
  • 靴下、下着
  • スリッパ
  • 軍手
  • ロープ
  • 非常用簡易トイレ
  • 充電器
  • 油性マジック

大まかに分けて、料理のためのグッズ・地震後の後片付けのためのグッズ・トイレやお風呂代わりのグッズ(着替えも)を用意しておきます。

上記はいずれも100均で買いそろえることができるものばかりだそう、100均に非常用簡易トイレまで売っているんですね。

びっくりしました。今度探してみます。

スポンサードリンク

これがあると便利!100均グッズ

上記に加えて、これがあると便利!という100均グッズをご紹介します。

  • 耳栓、アイマスク:避難先ではうるさくて眠れないことも。
  • 耳栓、ウエストポーチ:貴重品の持ち歩きに便利。両手があくのもポイント!
  • チョコレートや飴などのお菓子:保存がきくので、多めに買って家にストックしておきましょう。
  • 大きなビニール袋:何かと便利。ゴミ袋サイズが〇。
  • ガムテープ:シートを固定したり、破損した部分を補修するのに便利。
  • ピンセット、医療用はさみ:救急セットの中にあると便利。

防災グッズも100均で

地震がきたとき、被害を最小限におさえるための防災グッズも100均で揃えることができます。

  • 耐震マット
  • 転倒防止シート、ぐらつき防止シート
  • ガラス飛散防止シート

いずれも、地震で家具が倒れたり、窓ガラスが飛び散ったりするのを防ぐためのグッズです。

これらの防災グッズは買ったその日から使うことができますよね。ぜひ、利用してみてください。

まとめ

以上が、100均でそろう防災グッズのリストでした。

こうして見ると、防災グッズで必要なもののほとんどを100均でそろえることができそうですね。

100均恐るべし( ゚Д゚)

防災グッズって、今日明日必要なものではないから、ついつい買うのを先延ばしにしてしまいがち。それに、使うかどうかわからないから、あまりに高いと財布で相談して「また今度でいいや」となってしまいがちですよね。

100均なら、普段よく行くお店ですし、自分の財布と相談して少しずつ揃えていくことが可能!

何せ、1つ100円ですからね。

また、一式セットになっている防災グッズでは使わないものも入っていますが、100均で揃えれば、自分が必要なものだけを買うことができますよね。

これまで100均で防災グッズをそろえるなんて発想は私の中になかったのですが、これを機に、100均で色々買いそろえてみたいと思います。

防災の日、今一度ご家族で避難経路や防災グッズを見なおしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
しろねこ夫婦の【新】面白い雑学ブログは子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が好きなことや、得意なことを記事にして運営しています。 ブログへのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 プロフィールやブログ実績はコチラをご覧ください。