足の指の付け根がつる4大原因と対処法!病気の可能性は?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

どうして足の指なんかがつってしまうのでしょう?? そもそも「つる(こむら返り)」って何? つっている間、足のふくらはぎや足の指には何が起きているのでしょう。

足の指がぴきぴきっと痛くなる、痙攣するなどの症状、それは足の指の付け根がつった時の症状です。

足の指の、それも付け根なんて、よくそんな細かいところがつるなあなんて感心(?)してしまいますが、足の指がつる原因を調べてみるとわかりますが、実は足の指はつりやすい箇所なんですよね。

ということで 今回は足の指の付け根がつる原因や対処法をご紹介します。

更新:2017-01-23

 

足の指の付け根がつる、とは?

足の指に限らず、足がつる・こむらがえりとは、「自分の意志とは関係のない、筋肉の異常な収縮・痙攣」のことです。

ちなみに、広辞苑によるとこむらがえりの「こむら」とはふくらはぎのことだそうです。ということは、足の指はこむらがえりとは言わないのか?うーん、謎です。

この足がつる症状、寝ている間になると、大声をあげてしまうほど、痛いですよね。

 

足の指の付け根がつる4大原因は?

足の指

 

①筋肉疲労や筋肉に対する強い刺激

これは、運動のしすぎでも運動不足でもどちらも足の指がつる原因になります。

 

②運動不足などによる体の冷えや血行不良

冷えやパンプス・つま先の細い靴などによる締め付けによって、足の血行が悪くなると、足の筋肉に必要な栄養分が届きません。栄養不足になると、筋肉は異常な動きをします。

また、運動不足で下肢の筋肉量が減少すると、体は冷えやすくなります。

その結果、血行不良に!

冬、足の指先にしもやけができてしまう方、足の指がつってしまいませんか。

足の指先まで栄養が行き渡らないため筋肉が疲労し、足の指がつりやすくなります。

足の指がつる原因はしもやけができる原因と同じく、筋力不足による血行不良も原因の1つです。

 

③水分不足

水分不足もまた、筋肉のけいれんを招きます。

夏の熱中症(脱水症状)や運動や入浴による汗のかきすぎ、飲酒、下痢や嘔吐などの体調不良により、体内の水分が不足すると、ふくらはぎや足の指がつってしまいます。

 

④ミネラル不足

血行不良や水分不足は足の筋肉のミネラル不足も招きます。特に夏は足がつる方が多いですが、夏に足の指をつりやすいのは、体が脱水を起こしているから!

体内のミネラル(電解質)バランスの乱れです。

汗と一緒に体内のミネラル(ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど)が排出されてしまい、 ミネラル不足 に陥ってしまうため足がつってしまうのです。

糖尿病や高血圧の薬の副作用でミネラルが不足することもあります。

 

この4が足の指の付け根がつる原因と考えられますが、「病気が原因」ということもありますよね。


スポンサードリンク

 

足の指がつる病気は?

足の指がつりやすい、頻繁に脚や足の指がつってしまうというときには、病気の可能性があります。

考えられる病気はこちら。

  • 糖尿病 :血糖値が高くなると体内のミネラルバランスが崩れやすくなるほか、糖尿病の合併症の一つ、神経障害により足の指をつってしまう。
  •  

  • 閉塞性動脈硬化症 :下肢の血管が詰まり、血流が悪くなる病気。血行不良により、足の指をつりやすくなる。病気が悪化すると、下肢が壊死してしまうことも!
  • 閉塞性動脈硬化症の初期症状は下肢の冷えと頻繁なこむら返りです。毎日のように足の指がつってしまう方、病院を受診してみてください。

     

  • 椎間板ヘルニア :神経を圧迫し腰痛を引き起こす病気。神経を圧迫することで血行不良に。足の指をつりやすくなります。
  • 坐骨神経痛?症状は右尻から右足が痺れて痛いから伸ばせない

     

  • 橋本病 :甲状腺機能の低下により、体内のミネラルバランスが崩れます。

上記の病気はいずれも、命や後遺症の危険があります。頻繁に足の指をつる方は、念のため、病院を受診してください。

 

足の指の付け根がつったときには?

足の指の付け根がつったとき、痙攣している指をぐっと押したりひっぱったりしてはいけません。

筋肉をさらに損傷させたり、指が脱臼してしまうことがあります。

足の指の付け根がつったときには、つった指をゆっくり優しく伸ばすか、以下の対処を行ってください。

 

  • ①仰向けに寝て、つっている足を持ち上げる。
  •  

  • ②つった指につながっている筋(土踏まずとつった指の付け根の中間~指の付け根にかけて)を足の甲と足の裏からゆっくり指圧する。
  •  

  • ③痙攣がおさまったら、足を温めたり、マッサージをする。

指を伸ばしたり、筋を指圧するときは無理をしないこと!

力は入れず、あくまで優しくマッサージをしてくださいね。


スポンサードリンク

 

足の指の付け根がつるのを予防!

足裏の予防

足の指の付け根がつるのを予防したいときは、以下の方法を試してみてください。

  • ①寝る前にコップ1杯の水を飲むこと。

就寝中は水分補給をできなかったり寝汗をかいたりなどで、体の水分が不足しがちです。コップ1杯の水を飲んでから布団に入りましょう。

 

  • ②冷えや血行不良を予防すること。

冷えや血行不良を改善してください。足を温める、マッサージをする、足の筋肉を鍛えるなどがおすすめです。特に、足(特にふくらはぎ)の筋肉を鍛えると、足全体の血行がよくなるので、こむらがえりが起きにくくなりますよ。

冬、足の指がつりやすい方、お風呂で足をよく温めて冷え解消につとめてください。

お風呂が長時間は不健康?どのくらい短縮が必要かと言うと。

 

  • ③適度な運動をすること。

運動後は、ストレッチで筋肉のアフターケアをしてください。おすすめのストレッチは、足の指ジャンケン(足の指でグー、チョキ、パー)です。足の指でタオルやゴムボールをつかんだりはなしたりするのもおすすめです。

  • ④先のとがった靴をはかないこと。

パンプスなどの先の細い靴は、指の血行不良を招きます。足の形に合った靴を履きましょう。

 

  • ⑤ミネラルを補給すること

カルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルが不足しないようにしましょう。食事で十分な量を摂取できないときは、サプリメントを使用するとよいですよ。

スポーツドリンクを飲んでみてください。

スポーツドリンクには体に必要なミネラルがバランスよく配合されているうえに、水分も同時に摂取できるので、こむら返り防止にはとても効果的です。

スポーツドリンク 粉末 1L用(10袋入) 10箱セット期間限定でレモン味 1L用(5袋入) 1箱付

 

足が一度つると、痛いのはもちろんですが癖になりますよね。しばらくの間は変な力の入れ方をするとまた足の指がつってしまいます。

何度も毎日のように足の指がつったり、寝ている間にこむら返りまんてなると大変です。

参考にしてみてください^^

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、足の指の付け根がつる原因と対処法でした。

足の指の付け根がつる原因は、夏は脱水症状、冬は冷えや血行不良の可能性が高いですね。

 

また、飲酒後はアルコール分解に多くの水分が使われるので、脱水症状になりやすいです。

飲酒した夜は、コップ1杯の水、できればスポーツドリンクを飲んでから寝てください。

体内のミネラルバランスが乱れたり、あるいは脚や足の指の筋肉に異常が起きると足をつってしまいます。

足の指がつったときには、飲み物や食事でしっかりミネラルを補いつつ、足の筋肉アップを行いましょう。

【関連記事】

 

無理はいけませんが、マラソンやランニングが流行っているようです。筋力が弱くなったなというときは、適度に取り入れてみてはいかがでしょう。

マラソンの初心者へ練習方法!にスポットを当てた記事がこちらになります。参考にしてみてください。

 

最後に、足の指を「時々」つることは誰しもあること、しかし「毎日つる」など「頻繁にこむら返りが起きる」ときには、そのこむら返りは病気の症状かもしれません。病院を受診してください。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ