車のガラスに水垢が!落とし方は新聞紙が簡単!クエン酸は?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

車のフロントガラスやプライバシーガラス(黒のガラス)の気になる水垢です。

スポンジや雑巾で一生懸命こすったのに、乾くとまたウロコのような水垢が浮かび上がってきます。

特に、プライバシーガラスの水垢は目立ちますよね。

また、フロントガラスの水垢は視野を曇らせるので、安全運転に支障が出ます。

  • 今日まで極力見て見ぬふりをしてきたけれど、これは一刻も早く対処しなければ!!

ということで、今回は 車のガラスに付着する水垢の落とし方 を調べてみました。

更新:2017-07-01

 

車のガラスの水垢、その正体は?

車のフロントガラス

車のガラスに水垢が付着する仕組みはこうです。

まず、車のガラスに雨や水道水が付着しています。

その水分が蒸発するとき、雨や水道水に含まれていた成分がガラスに残ってしまいます。

カルシウムなどのミネラル、砂、埃などですね。

 

これが水垢の正体。

 

ガラスに付着しやすい成分が残るので、ちょっとやそっと、こすっただけではとれません。また、水垢の中には油分もあります。

ガラスのコーティング剤に含まれています。

油分が日光で酸化すると、ガラスに強くへばりつきます。

そこに埃や砂が付着することで、目立つ汚れ(水垢)になってしまうのです。

 

車のガラスの水垢には新聞紙!?

では、車のガラスに付着した水垢を簡単に落とす方法をご紹介します。

まず一つ目は「 新聞紙 」を使った落とし方です。

 

新聞紙で水垢を落とす方法

 

新聞紙は水で濡らしたりガラスに強くこすりつけても破れにくく、さらに紙は繊維でできていますよね。

繊維が水垢をからめとってくれるので、新聞は水垢を落とすのに最適です。また、新聞のインクには油分を落とす効果あり!

 

水垢の中でも油分でできた水垢には新聞がおすすめです。

 

水垢を落とすときには、まず新聞を雑巾程度の大きさに折りたたむか、手におさまるサイズに丸めてください。そして水で軽く濡らし、ガラスにこすりつけます。

これで水垢落としはばっちり!新聞のインク効果で仕上がりもピカピカです。


スポンサードリンク

 

車のガラスの水垢には台所用中性洗剤!?

新聞で落としきれなかった水垢は台所用中性洗剤で落としましょう。

 

台所用中性洗剤を水に溶かします。

 

洗剤液に浸した雑巾でガラスを拭くと、水垢はきれいに落ちます。

最後に乾いた雑巾で乾拭きをすれば完璧です。

楽天広告

 

車のガラスの水垢にはクエン酸!?

油分ではなく、カルシウムなどのミネラルでできた水垢はアルカリ性です。

アルカリ性の水垢は酸で中和することで、落ちやすくなります。

 

おすすめはクエン酸!

 

掃除用や食用のクエン酸はホームセンターや百円ショップに売っているので探してみてください。

クエン酸を使った水垢の落とし方はこちら。

 

  • 2㍑lの水(お湯)にクエン酸20gを溶かす。
  • 雑巾やキッチンペーパー、マイクロファイバーをクエン酸液に浸す。
  • 車のガラスにクエン酸液で濡らした雑巾を貼りつける。半日ほど貼っておくと、クエン酸で水垢が中和されます。

最後に、乾いた雑巾でガラスを拭いてください。

 

クエン酸の代わりにお酢やレモン果汁を使ってもよいです。

クエン酸液が車体に付着しないように気を付けましょう。錆びることがあります。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、車のガラスの水垢の落とし方でした。

車のガラスの水垢や汚れ、気にはなってもそれだけのために、お金を出して洗車をする気にはなれませんよね。

そうかといって、専用の洗剤やお掃除グッズを買うのももったいない。

そんなときは、まずは新聞紙やクエン酸で水垢を落としてみましょう。

長年こびりついて水垢が層になっている状態では落としきるのは難しいかもしれませんが、普通レベルの水垢であれば上記の方法で簡単に落とすことができます。

「こんな簡単な方法であの頑固な水垢が本当に落ちるの?」と半信半疑の方、新聞紙は家にあるものを使えばタダ、クエン酸だって100円で購入することができます。

お金もかからないので、ちょっと試してみるのも簡単ですよね。ものは試し、ダメ元でもよいので、やってみてください。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ