毛虫皮膚炎?かぶれが広がる!治らない時の治療法は?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

幼い頃、毛虫に刺されたことがあります。

顔から肩から、背中まで真っ赤になってかぶれが広がって、それはまさに地獄絵図だったと、当時を振り返って母は語ります。

管理人の場合は、頭上から落ちてきた毛虫に刺されたのですが、毛虫被害の中には「 直接触ってはいないのに、刺されたときと同じ症状がでる 」こともあるとか。

これが本当なら怖いですね。

ということで、今回は 毛虫で皮膚が炎症したときの対処法や治療法について ご紹介します。

更新:2017-06-19

 

毛虫に触っていないのに、毛虫皮膚炎!?

毛虫は、見るからに害虫という感じなので、自らすすんで触る方はあまりいないと思いますが・・・・・・

実は、毛虫に直接触らなくても、 毛虫皮膚炎を発症する ことがあります。

毛虫の毒は彼らの全身を毛に含まれているのですが(毒刺毛)、あの毛は髪の毛やペットの毛と同じように、抜けます。

抜けた毛が空中に飛散、それが私たちの皮膚に当たると、 皮膚がアレルギー反応 を起こし炎症します。

 

毛虫に皮膚が触れたときの対処法

では、ケース別で毛虫皮膚炎の応急処置についてご紹介します。

  • まずは毛虫に直接触れてしまったとき。

患部には毛虫の毛がついています。

なので患部を触れると、毛が皮膚の内側に入ったり、患部以外に毛がついてしまったりと被害が拡大します。

 

毛虫に直接触れてしまったときは、ガムテープを用意してください。

 

患部にガムテープを貼り、ベリッとめくります。

これで患部から毛虫の毛を取り除くことができます。

その後は、患部をよく水洗いし、消毒しておきましょう。

 

衣服に毛虫が触れたときの対処法

服の上に毛虫がついたとき、皮膚に毛虫がついていなくても、毛虫皮膚炎が発症することがあります。

 

毛虫がついた衣服はすぐに脱ぎましょう。

 

念のため、毛虫がついた衣服の下の皮膚(Tシャツの袖についたときには袖の下の腕)はガムテープでベリベリとしておきましょう。

着ていた衣服は全て脱ぎ(下着も含め)、 50℃以上のお湯 で洗濯します。

毛虫の毒は熱に弱いので、 50℃以上のお湯に浸けることで毒性を消す ことができます。


スポンサードリンク

 

ピクニックの後、毛虫皮膚炎が出たときには?

毛虫に触れた記憶はないけれど・・・・・・

自宅に帰ったら皮膚が赤くなり始めた、かゆみや痛みがでてきたというときの対処法をご紹介します。

まず、患部は掻いてはいけません。毛虫の毛がついている可能性があります。

赤く炎症した範囲のうち、特に症状がひどい部分はガムテープで処置、その後水洗いします。

  • 我慢できないかゆみや痛みは「冷やして」対処してください。

保冷剤や氷嚢を患部に当てます。

 

応急処置後はすぐに病院へ

上記の応急処置の後は、すぐに病院へ行きましょう。

皮膚科 ですよ。

毛虫皮膚炎の治療法は主に二つ。

 

  • 患部にはステロイド剤の外用薬
  • アレルギー症状をおさえる内服薬

この二つの薬が処方されます。

毛虫皮膚炎の完治には、早い方で1週間、遅い方で2~3ヶ月かかります。

 

毛虫の被害は4月~10月に集中

毛虫とは、ガの幼虫のことです。

ガの種類によって幼虫の活動時期は異なります。

  • 毛虫皮膚炎の起こす主な毛虫の活動時期と生息域はこちら。

 

  • イラガ類の幼虫 ・・・7~10月。サクラ、ウメ、カキ、ケヤキ、カエデの木。
  • ドクガ類の幼虫 :4~6月。8~10月。ツバキ、サザンカの木。

春から秋、上記の木の下を通ったり、木に触れるときには毛虫にご注意ください。

【その他の虫の関連記事】

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、毛虫で皮膚が炎症したときの対処法や治療法についてでした。

上記の通り、毛虫皮膚炎は毛虫に触れていなくても発症します。

毛虫の時期、キャンプやバーベキュー、あるいは公園に行くときは、なるべく肌を露出しないようにしましょう。

蚊やハチ除けに有効な虫除けスプレーも毛虫には無効です。

何せ、毛がふわふわと飛散するだけですから。

なので、 唯一の予防策は肌を露出しないことです。

長袖長ズボンで行きましょう。

毛虫皮膚炎は市販薬では対処できません。

必ず皮膚科を受診しましょう。

毛虫皮膚炎だと確信できなくても、皮膚に赤いブツブツが広がったり尋常でないかゆみ・痛みに襲われたときには、皮膚に何らかの異常が起きています。

病院へ行きましょう。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ