検便が出ない時の当日の対処方法一覧!便秘の人へ

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

検便が出ない

人間ドックなどの検便、便秘の方だと「その日に出るだろうか?」と、人間ドックの結果よりもお腹の調子の方が心配になりますよね。

管理人も便秘がちなので検便の日が近づくとドキドキしてしまいます。

で、気にし過ぎや緊張がまた便意を遠ざけるという悪循環に……

ということで、 今回は検便で苦労している便秘の方のために、健康診断の当日に役立つ対処方法一覧をまとめてみます。

検便前の方にはもちろん、普段の便秘対策にもおすすめの対処法です。

ぜひお試しあれ^^

 

① 食事を摂って胃腸を刺激

便意を催すのに一番大切なことは、「食べること」です。

食事を摂ることで、胃腸は刺激され運動を始めます。

食べ物が入ってくる胃は消化のために動き始め、胃から消化物が送られてくる腸は受け入れ準備を始めます。

  • 受け入れ準備の一つが在庫処分!

新しいものを受け入れるためには、古いものをまずは処分しなければいけません。

食事を摂ることで、腸にたまっていた便の排泄が促されます。

三食きちんと摂っていない、ダイエット中などで食事量が少ないと排泄が促されないので、便秘になってしまいます。

検便前には、一日三食、十分な量の食事を摂ってください。

さらに食事では、 食物繊維と油分を意識して摂取 すると、より便秘を改善することができます。

 

② 水分を摂って便を作る

便は固形ですが、実は便の60~70%は水分です。

意外ですよね。食べかすや体内の老廃物などの固形物は便の30%しか占めていないのです。

なので、水分が不足すると、便を大きくすることができません。

固く小さな便は排泄も促されないので便秘になってしまいます。

便秘の方、あるいはコロコロと小さな便しか出ないという方、 水分を意識して摂取 しましょう。

  • 特に朝、起き抜けにコップ一杯の水を飲むとよいですよ。

水分は水や白湯がおすすめ!!

コーヒーやお茶など利尿作用のある飲み物は×です。

体内の水分が尿に持って行かれてしまうので、便秘がちになってしまいます。

オリーブオイルで便秘解消!1番効果ある飲み方はいつ飲むか

 

③ 運動をして腸を刺激

朝、通勤で歩くととたんに便意を催すということがありますよね。

これは体を動かすと腸が刺激され、腸の蠕動運動が始まったからです。

蠕動運動とは腸内の便や便の材料を前へ前へ押し進める動きのこと。

  • 便秘がちの方は、腸の蠕動運動が弱まっている・蠕動運動の時間が短くなっています。

体を動かして腸のスイッチをONにしましょう。


スポンサードリンク

 

④ お腹をマッサージして腸を刺激

腸を刺激するのには、運動以外ではお腹のマッサージが効果的です。

おへそ周りを手のひらで時計回りに円を描くようにさすってみてください。

外部からの刺激で腸が運動を始めます。

  • お腹のマッサージは起床時や、朝食後のリラックス時間に行うのがおすすめ!

毎日の習慣にしてください。

 

⑤ マグネシウムで腸を刺激

マグネシウムには腸を刺激する効果があります。

便秘がちの方、マグネシウムを意識して摂取しましょう。

効果的なのは「にがり」です。

豆腐を作るときに使うあれです。

にがりは、その名前の通り苦みが強いので、そのまま飲むのは大変です。

コップ1杯の水に1滴2滴垂らして、摂取 してください。

にがりはスーパーでも売られています。ぜひお試しあれ。

豆乳ヨーグルトとホットヨーグルト ダイエット効果はどっち

 

⑥ 最終手段、下剤!

秘解消の最終手段は下剤です。

下剤を飲むと、たいていの便秘は解消できます。

日常的に下剤のお世話になっている方も多いのでは?

ただ、 検便前に下剤を使用するときは注意が必要!

下剤の成分が検査結果に影響を与えることがあるからです。

下剤を使用するときには、念のため、病院や検査機関に下剤を飲むことを伝えてください。

下剤の効果的な使い方は、下剤で排便の癖をつけることです。

一度下剤で便秘を解消できたら、その後は少しずつ下剤の量を減らしていきます。

  • 最終目標は下剤を使わなくても定期的に排便できるようになること!

ただ、この方法は検便直前に始めたのでは間に合いません。

来年の人間ドックに向けて、便秘を解消する方法として試してみてください。

バリウムが下剤で出ない?効き目の時間はどのくらい?

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、検便のための便秘の対処法一覧でした。

【関連記事】

検便前の便秘解消の参考にしてください。

上記の方法は一つずつ試す必要はありません。

①~⑤は同時進行でOK、自分ができそうな方法は全てチャレンジしてみてください。

また、 便秘を解消するためには、「トイレの時間」を作ることも大切です。

朝はばたばたするためなかなか、ゆっくりトイレにこもることができませんが、トイレにこもる時間を作らなければ便秘を解消することはできません。

検便の前には、10分でよいので早起きして、トイレにこもる時間を作ってください。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ