手のひらの水泡!かゆみなしの原因とひどい場合の違い?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

いつから出来ていたのか、出き始めた頃は全く気づかなかったけれど・・・・・・

自分の手のひらをよくよく見ると、プツプツとした水泡ができていることがあります。

かゆくない場合もあれば、あるときには、手のひらを反対の手で掻き毟りたくなるくらいのかゆみに襲われることがありますよね。

そんなときにもよくよく手のひらを見ると、 水泡 ができています。

 

つまり水泡には、かゆみのないものと、かゆみのあるものの、最低2種類があるということ。

 

この2つの 水泡の違い は何なのでしょうか?

原因は? 病名は? 気になりますよね。

ということで、今回ここでは、 手のひらにできる水泡について ご紹介していきます。

更新:2017-06-11

 

手汗が原因

汗泡状湿疹
手のひらに水泡ができて、且つ、水泡にかゆみがない場合、汗泡状湿疹の可能性が高いです。

手のひら

汗泡状湿疹は手汗が原因の水泡、手に汗をかいた状態が長く続いたり、何らかの原因で汗管がふさがれスムーズに汗をかけなくなったときにできます。

最近では長時間、パソコンのキーボードに手のひらをおさえつけていることで、これができる方が増えているそうです。

そういえば、夏にパソコンを触っていると、汗でキーボードと手のひらがぺったりくっついてしまうことがありますよね。

汗泡状湿疹は汗もと湿疹が一緒にできたものとイメージしてください。汗泡状湿疹の特徴はこちらです。

 

  • 夏にできやすい
  • 1~2mmの小さな水泡
  • かゆみなし (でき始めにかゆみを感じることもある)
  • 水泡は厚い角膜に覆われ、破れにくい

汗泡状湿疹は放っておくと、自然と消えます。汗かきの方にできやすいので、手汗をかいたら汗をこまめに拭くようにしてください。

 

ストレスが原因

掌蹠膿泡症
水ぶくれに膿が入っているときには、掌蹠膿泡症です。

掌蹠膿泡症の特徴はこちらです。

 

  • 膿をもった水ぶくれ
  • できた当初は赤みがかっているが、膿みがひどくなるにつれ水ぶくれは緑色を帯び、最終的には茶色のかさぶたになる
  • 水ぶくれが割れると痛い

掌蹠膿泡症の原因は、ストレスや喫煙といわれています。

また、自律神経の乱れや体調不良によっても、掌蹠膿泡症ができることがあります。

掌蹠膿泡症の方は、生活改善に取り組んでみてください。


スポンサードリンク

 

水仕事が原因

主婦湿疹
水仕事が原因の水ぶくれです。

主婦や美容師、調理師などに発症しやすいため、このような名前がついています。

主婦湿疹の特徴はこちらです。

 

  • 水仕事が原因
  • 手のひら全体はかさかさ乾燥している
  • 水ぶくれには非常に強いかゆみがある
  • 弛緩性水泡のため、ふやけたように見え、やぶれやすい

 

特に、「非常に強いかゆみ」が主婦湿疹の特徴です。

 

掻き毟りたくなるほどのかゆみがあるときには、主婦湿疹を疑ってください。

主婦湿疹にはステロイド剤が効果的です。

主婦湿疹の方は早めに皮膚科を受診しましょう。

毎日の生活では、手のひらの保湿ケアが大切です。

水仕事を減らす・お湯ではなく水を使う・水仕事の際にはゴム手袋を利用する・水仕事の後はハンドクリームを塗る、などの方法で手のひらが乾燥しないように気を付けてください。

 

水虫が原因

白癬菌
水虫は足だけに感染するわけではありません。手のひらに感染することもあります。

水虫(白癬菌)に感染すると、

 

  • 水ぶくれができる
  • 皮膚がやぶれる

などの症状の他に、患部にかゆみが出ます。

足などの水虫感染の経験がある方で、手のひらに水泡ができたときには、水虫の可能性が大!皮膚科を受診しましょう。

また、水虫は人にうつります。

タオルの共有を避けるなど、周囲に水虫をうつさないよう気を付けてください。

 

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、手のひらにできる水泡についてでした。

手のひらに水泡ができたけどかゆみは気にならないというときには「汗泡状湿疹」、かゆみがひどいときには「主婦湿疹」をまず疑いましょう。

かゆみはあるけど主婦湿疹でないというときには「掌蹠膿泡症」の可能性があります。

膿がたまっていないか、水泡をよく観察してください。

「水虫経験者」あるいは「水泡の他に皮むけも気になる」というときには、手のひらに水虫が感染しています。

いずれにせよ手のひらの水泡は皮膚科の管轄内!手のひらに水泡ができた、かゆみがおさまらないというときには皮膚科を受診しましょう。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ