家の中にいくつもあるコンセント、身近なもの過ぎて、じっくり見ることなんてそうありませんよね。

プラグを挿すときですら、全然別のところを見ながら手探りで挿している気がします。

タンスの隙間にあるコンセントはなかなか刺さらなくて、イライラすることは良くありますが・・・・・・

いずれにしても、管理人はコンセントの形状が左右で違うことを今まで全く知らずにいました。

  • コンセント、左右で大きさが違うってどういうこと?
  • 普段、コンセントを左右を気にして挿すことなんてないんですけど!?
  • もしかして、他の人は左右確認してコンセント挿していたの?

驚きと「自分は現代人としての常識が足りていなかったのでは?」という戸惑いで、頭がちょっと混乱気味です。

そういった訳でこの混乱を鎮めるべく、ここではコンセントの形状についてまとめてみます。

スポンサードリンク

コンセントの形状は左右大きさ、サイズが違うって本当?

ところで本当にコンセントの形状は左右で違うようです。

  • 日本のコンセントは、左9mm、右7mm、と決まっています。

「我が家のコンセント、右の方が長いよ」という方、それは配線工事のミスですね・・・・・・

いや、マジで配線工事のミス! こういうこともあるそうです。

左右が反対でも、性能や安全性に影響はありません。

コンセントのうち、右には電圧がかかっていて、プラグに電気を流します。

「 ホット」といいます。

左は電気は帰り道です。

ホットに対して、こっちは「コールド」といわれています。

また、大地(アース)に繋がっていることから「アース」と呼ぶこともあります。

左がこのような仕様になっているのは、高圧電流が流れてしまった場合に、電気を大地へ逃がすためです。

洗濯機や冷蔵庫にアース線がついていますよね。あれと同じです。

コンセントの形状が左右で違うのは日本だけ?

海外のコンセント

海外に行く方はよくご存じでしょう。

世界には色々な形のコンセントがあります。

海外旅行のために、わざわざドライヤーを買い直したという方もいるのでは?

3つ穴のコンセントの国では、左右逆にプラグを挿すなんてことはありません。

  • 日本と形が同じコンセントでも、左右の大きさ、サイズが明確に決まっていない。

つまり、どちらがコールドでどちらがアースということが決まっていない、という国も多いです。

この場合、高圧電流が流れると……発火などの事故になります。

日本のようにコンセントの形が国内で決まっている国はとても少ないそうです。

よその国はこのへん、けっこう適当にやっているんでしょうかね・・・・・・

世界のコンセント
ガッテン
世界を見渡せば代表的なコンセントの形状は8種類のようですね。

中国は広いからかわかりませんが、1つの国に8種類のコンセント形状があるようです。

コンセントの形状では統一されている日本で、形状の統一に関しては世界から見ても珍しいのですが、周波数に関しては統一の取れていない珍しい国なんですよ。

東日本が50Hz、西日本が60Hzで、昔は関東から関西に引越しとなると電化製品の買い換えが必要で大変でしたからね。

スポンサードリンク

コンセントを挿すときは左右に気を付けるべき?

コンセントの左右の大きさ、サイズが違うということは、プラグも左右が決まっているの?

プラグの左右を気にしてコンセントに挿さなければいけないの?という疑問がわいてきますよね。

普段、コンセントやプラグの左右に気にしたことのない方は今、「俺のやり方、間違っていた?」とドキドキしているのでは?

ヤバイ

ご安心ください。

一般的な家電では、プラグをコンセントに挿すときに、左右を意識する必要はありません。

これまで通りのやり方で大丈夫ですよ。

AV機器では左右が決まっている場合も

AV機器のプラグではアース側に白い線の目印がついていることがあります。

白い線のある方をアース側(コンセントの左)に挿すと、ノイズがアースに逃げて音質がよくなることがあります。

また、画質もよくなります。

音質や画質にこだわりのある方は、コンセントやプラグの左右に注意してください。

詳しくは各AV機器の説明書で確認してくださいね。

【関連記事】

まとめ

以上が、コンセントの形状についてでした。

まとめると、「コンセントの形状は左右で違う」が、「プラグを挿すときは一部の機器を除いて特に注意する必要なし」ということでした。

あー、安心した。

生まれたときから電気を使っているのに、コンセント一つ正しく使いこなせていないなんて言われたら、ショックを受けるところでした。

とはいえ、これまで何万回とプラグをコンセントに挿してきながら、コンセントの形状の違いに気付いていなかったのは何とも迂闊!

身近なものほどきちんと見ていないものですね。

これからは、身の周りのものにももう少し注意を払わなければ、と思いました。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^