「老後は都会を離れて田舎暮らしを楽しみたい」という方は多いのでは? 管理人もそう願う1人です。

下調べのとっかかりとして、まずは国内移住ランキングを見てみましょう。

実家は都会まで電車にのれば一時間あれば出れる場所なので、田舎育ちではないのですが、田んぼや山も近くにある自然豊かな場所で育ちました。

現在は、都会に住んでいますが、実家にいくとカエルの鳴き声など聞くと落ち着きます。そんな幼少時代だったので都会はどちらかと言うと苦手ですね。

ここでは、国内移住ランキングと人気都道府県の人気のヒミツについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

楽園の移住先

  • 気候よし、家賃や物価も安く、おいしいものもたくさん!

そんな田舎暮らしができたら最高ですよね。

しかし、夢いっぱいで移住した先で「こんなはずではなかった……」なんて思いをする方が多いようです。出来ることなら、そのような目にありたくないですよね。

移住で失敗しないためには、下調べも大事で必要ですからね。一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

ランキング5位5位は岡山県

2015年移住希望地域ランキングによると、人気移住先の5位は「岡山県」です。

岡山県の人気のヒミツを3つあげます。

  1. 天災(大雨や台風、地震など)が少ない。
  2. 温暖な気候:晴れの国おかやまと言われています。

  3. 空港、鉄道、高速道路網が整備されており、交通アクセスがよい。

管理人の父親は中国地方なので、岡山県にも親戚がいます。

岡山県、とってもよいところですね。

なんといっても平野が広い!

管理人の父方の田舎は山ばかりの場所ですが、岡山県に行くと、いつも開放的な気持ちになります。

ランキング4位4位は静岡県

4位の「静岡県」は、気候や首都圏へのアクセスのよさが人気のヒミツですね。

  1. 温暖で日照時間が長い。
  2. 暖房費が安い:灯油や電気代、いつ値上がりするか分かりません。暖房費はいらないに越したことはありませんよね。

  3. 首都圏、関西圏へのアクセスがよい
  4. ちょうど東京と大阪の真ん中です。田舎暮らしとはいえ、山奥に引っ込んで暮らすわけではないのですから、都会とのアクセスは大切なポイントです。

スポンサードリンク

ランキング3位3位は島根県

3位は「島根県」です。

気候や自然条件は厳しいですが、それがまた魅力の一つですね。

  1. 30~40代のファミリー層に人気
  2. 若い方なら、少々雪が降っても大丈夫ですよね。

  3. 地域をあげての移住促進活動
  4. 「くらしまねっと」という地元の求人情報や子育て、医療などの情報を集めたサイトが人気。
    移住に必要な情報を手に入れることができます。

島根県の豊かな自然で子育てしたいという移住者が多いようですね。

また、島根県といえば、出雲大社に松江城、さらに世界遺産の石見銀も!

歴史に興味ある方にもおすすめです。

ランキング2位2位は山梨県

2位の「山梨県」は東京までのアクセスのよさが人気のヒミツです。

  1. 東京まで特急列車1本(90分)
  2. リニアモーターカーの駅が建設されるかも!?
  3. リニアモーターカーの駅ができれば、ますます東京へのアクセスがよくなりますね。

  4. 富士山や南アルプスがあり、自然が豊か
  5. やまなし暮らし支援センターが移住を手助け

定年退職組にはもちろん、ファミリー層にも人気の移住先です。

都会暮らしと田舎暮らしのいいとこどりができる移住先ですね。

> さくらんぼ狩り山梨の時期!おすすめ人気農園ランキング

ランキング1位1位は長野県

移住希望地域ランキング、堂々の1位に輝いたのは「長野県」。

長野県といえば、昔から都会に暮らす方の人気リゾート地です。

「現役中はGWや夏休みのほんの数日しか滞在できないけれど、退職したら長野県で毎日田舎暮らしを楽しむのだ!」という方は多いのでは?

長野県の移住先として、人気のヒミツは?
人気の秘密

  1. 自然の宝庫。
  2. 田舎暮らしをしたい!という方がイメージする田舎暮らしをすることができる。
  3. 福祉・医療が充実
  4. 何しろ長野県は長寿日本一の県です。

    また、長野県は都会からの移住者がとても多いです。

移住の先輩がいるということもまた、移住のハードルを下げているのでしょう。

「田舎のコミュニティに入るのは難しいのでは?」という心配も、移住者同士なら不要です。

まとめ

以上が、国内移住ランキングと人気都道府県の人気のヒミツについてでした。

各都道府県、それぞれに魅力がありますね。

上記を見て分かるのは、移住先を選ぶときの大切なポイントが、「自然の豊かさ」と「都会へのアクセスのよさ」の2点だということ。

さて、管理人は移住するなら何処が良いかなぁと考えた時に、1位の長野県はないですね。

どうしても、学生時代のラグビーの過酷な練習しか思い出せないのです。あと、スノボーで骨折しちゃったことなど・・・

長野県の方、本当にすみません。長野県は本当に良いところです。ただの個人的なトラウマですのでお気を悪くなさらないようにm(__)m

で、管理人はランキングに反して、四国の高知県か、兵庫県の淡路島が良いかなぁ。

上記以外の都道府県への移住を希望している方も、この2つのポイントについて特に検討してみてください。

また、定年退職後に移住する予定の方、病院などの医療面もしっかりチェックしましょう。

「まだまだ元気」なつもりでも、いつお世話になるか分かりません。

憧れの移住先で長く暮らし続けるためには、病院は欠かせないポイントですよ。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^