コレ知恵熱?大人で39度!症状は頭痛も、だと治し方は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

頭を使いすぎると、頭痛がしたり、頭の芯が熱くなってぼんやりしてきたり……

そのうち本当に熱まで出てきちゃった!! ということ、ありませんか?

知恵熱

安静にしながら、「 自分の頭、どれだけ処理能力が低いんだよ^^; 」と呆れてしまうなんてことも……

アッ、これは管理人の話です。

 

頭を使いすぎた後の発熱や頭痛は「 知恵熱 」だといわれることが多いようです。

 

しかし、本当に頭を使いすぎることが原因で39度も高熱が出るなんてことはあるのでしょうか?

といった疑問が湧きましたので、今回ここでは、 大人の知恵熱について まとめてみます。

そして、熱が出ていることには変わりないので、治し方ですよね。その辺りもご紹介^^

更新:2017-05-21

 

そもそも知恵熱って?

アッ、こんなに頭を使ったら「 明日は確実に知恵熱が出る 」と言ったり、頑張りすぎてる同僚が休んだりすると・・・・・・

昨日、あいつに似合わず頑張ってたから、知恵熱出だんじゃねぇ 」なんてことを管理人はよく言ってますね。

で、調べてみた結果をいきなりですが、、、。

  • 本来、大人には知恵熱はありません!!

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

あなたは知っていましたか? 大人には知恵熱という症状はないそうです^^;

というのも、知恵熱とは「 生後半年~1年の乳幼児の原因不明の発熱 」のことを指しているからです。

つまり、「 知恵のつく頃に発熱すること 」を 知恵熱 というのですね。

ところが、最近では「知恵熱」という言葉が一人歩きして、その響きから「 知恵を絞ると熱が出る 」という意味で使われることが多くなりました。

 

では、実際に知恵を絞ると熱が出るのでしょうか?

これは、皆さん、実体験があるでしょう。

テスト前、仕事の繁忙期など、風邪インフルエンザではない原因不明の発熱や頭痛に襲われたなんて経験。

一度や二度はありますよね。

このような、風邪やインフルエンザが原因でない、一見原因不明に見える発熱のことをさして「 知恵熱 」と呼ばれています。

 

正式には「心因性発熱」や「ストレス性高体温症」といいます。

 

んッ!? 結局、大人が風邪ではない原因不明の発熱が出たら、知恵熱じゃん。

といった訳で、こちらの動画の問題やったら、知恵熱出そうになりました^^;

 

心因性発熱の原因や症状は?

上にも書きました通り、 心因性発熱の原因 は風邪やインフルエンザではありません。

読んで字の如く、「」に原因がある発熱です。

心労は過度の緊張、ストレスにより発熱します。

そんな心因性発熱の主な症状はこちら。

発熱

  • 体温上昇、発熱
  • 39度を超す高熱が出ることも。

  • 倦怠感
  • 集中力の低下
  • イライラ
  • 頭痛
  • 食欲不振

また、心因性発熱には、37度のような微熱が続く「 慢性 」タイプと、緊張やストレスが大きくなったときだけ高熱が出る「 急性 」タイプの 2つ があります。

慢性+急性タイプ (微熱が続き、時々高熱が出る)の方もいます。


スポンサードリンク

 

心因性発熱、熱を下げるには?

 

心因性発熱の場合、病院を受診しても「異常なし」「原因不明」と診断されることが多いです。

 

これが「知恵熱」とよばれる所以ですね。

また、ウイルス性の発熱ではないので解熱剤は効きません。

なので、心因性発熱のときには、とにかく「横になって安静にしておく」ことが大切です。

 

心因性発熱、改善するためには?

心因性発熱の場合、正しい診断を受けることが難しいです。

内科に行ったのでは「異常なし」で片付けられることが多いので、原因不明の発熱が続く方、 心療内科か精神科 を受診してみてください。

心因性発熱を改善するためには、日々の生活から過度な緊張やストレスを取り除き、心労がかからないようにすることが大切です。

  • 仕事や家事のストレスを軽減する。
  • 規則正しい生活をする ・・・規則正しい生活を送ることで、自律神経を整えることができます。
  • 十分な睡眠を取る ・・・1日6時間以上の睡眠を目指しましょう。
  • カウンセリングを受ける ・・・心理的不安の除去に効果があります。
  • 薬物療法 ・・・医師の指導の元、行うことになります。

 

このような方法で心因性発熱の改善を目指しましょう。

カウンセリングや薬物療法については、医師と相談しながら進めていってくださいね。

自分の判断で、睡眠薬や睡眠導入剤、鎮静剤などを常用することは危険なのでやめましょう。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、大人の知恵熱「心因性発熱」についてでした。

上記の通り、私たちは心労やストレスで発熱することがあります。

このときは、解熱剤は効かないので、熱が下がるまではとにかく安静にしておきましょう。

突発的な心因性発熱についてはそれほど心配する必要はありません。

時々、(見た目には)原因がないのに熱が出てしまうということは人間、誰しもあるものです。

ニキビのようなものと考えましょう。

しかし、原因不明の発熱が続く場合には、心身にストレスがかかりすぎている可能性が高いです。

心労やストレスの軽減につとめてください。

自分でストレスを軽減・解消ができないというときには、医師やカウンセラーなど専門家の力を借りるのがおすすめです。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ