お世話になった方や上司、取引先、親戚に、 日頃の感謝の気持ちを込めて贈るお中元。

しかし、どんなに素敵なものを贈っても、マナーがなっていなければ相手に感謝の気持ちを届けることはできませんよね。

最近ではデパートやお店から贈る方が多いでしょう。のしや包装紙、挨拶状のマナーはデパートやお店がきちんとやってくれます。

「だったら、マナーで気にしなければいけないことはないね」……

いえいえ、そんなことはありません。

  • 一番大切なお中元を贈るときのマナーが残っています。

それは「お中元を贈る時期」。

包装紙やのしはデパート任せにできても、お中元を贈る時期だけはあなたが決めなければいけません。

ここでは、お中元のマナー、特に贈る時期についてご紹介します。

お中元を贈る時期には地域差がありますよ。ぜひ、参考にしてください。

お中元は元々は中国から伝わったお祝い行事です。

  • 1月15日・・・上元
  • 7月15日・・・中元
  • 10月15日・・・下元

この3つの時期に中国ではお祝いをしていましたが、日本に伝わったのはなぜか「中元」だけでした。

なぜなんでしょう?

そして、わざわざ暑い夏にお中元を贈るのでしょうかね。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期、どうして地域によって違うの?

まずは、お中元を贈る時期はどのように決まっているかについてお話します。

新しい年はお正月から始まり、大晦日で終わります。

では、1年の真ん中、上半期と下半期を分ける折り返しはいつでしょうか?

1年には12、月があるのですからちょうど真ん中にあたる6月?

しかし、6月ではしっくりきませんよね。梅雨真っ只中では仕切り直しするにも、気合が入りません。

日本では、1年の折り返し地点は「お盆」です。

お盆には、お正月と同じように親戚が集まります。墓参りにも行きます。

時期もちょうど夏休み、「折り返し地点」としてこれほどしっくりくるイベントはありません。

【関連記事】
お盆 お盆の雑学 お供えにきゅうりとなす?ホオズキって何?

お中元のイメージ画像

お盆が上半期の終わり、下半期の始まりだとすれば、年末にお歳暮を届けるように、お盆前にもお世話になった方に何か届けた方がよいですね。

そう、これが「お中元」です。

お中元とは上半期分の「ありがとう」を込めた贈り物なのです。無事に過ごせましたという感謝の気持ちをお世話になった方に伝えるのです。

この風習がはじまったのは江戸時代と言われています。

中国から伝わった中元の季節は日本ではお盆の季節だったのです。

なので、お中元を贈る時期は「お盆の前」です。
お盆を過ぎてはいけません。

年が明けてからお歳暮を贈らないのと同じです。

では、「お中元を贈る時期はお盆の前」、贈る時期がこれほど明確に決まっているのに、どうして地域差があるのを知っていますか?

それは、お盆の時期が地域によって違うからです。

  • 7月15日に盆行事を行う地方:東北・関東・北陸
  • 8月15日に盆行事を行う地方:北海道・東海・関西・中国・四国・九州

上記の通り盆行事の時期については、日本は大きく2つに分かれます。

7月組の地方では、盆前の「7月初め~7月15日」にお中元を贈らなければいけません。

8月組の地方では、盆前の「8月初め~8月15日」にお中元を贈らなければいけません。

地域別のお中元の贈る時期

地域別にお中元を贈る時期をまとめておきますね。

チェックのイメージ画像

  • 北海道:7月下旬~8月15日
  • 関東、東北、北陸:7月1日~7月15日
  • 関西、中国、四国:7月15日~8月15日
  • 九州:8月1日~8月15日

関西を中心に、8月組では7月組に合わせてお中元の時期が年々、早まっています。

デパートのお中元商戦の時期が早まっていることも原因の一つのようです。

スポンサードリンク

いつ贈ればよいのか分からない、そんなときには?

ポイントイメージ画像

上記のお中元の時期はあくまで基本、実際はこれほどシンプルには割り切れません。

たとえば、「関西に単身赴任しているけれど自宅は関東」という上司、さていつ贈りましょう?

このように、お中元を贈る時期に悩んでいる方、上の表をよく見てみてください。

何かに気付きませんか?

そう、どの地域でも「7月15日」が入っていますよね。

これがあなたの悩みを解決するポイントです。

贈る時期に悩んだら「 7月15日、ベストは7月15日より少し前 」 に贈りましょう。

日本では、遅れるのは絶対NGですが、早くなるのは(年賀状を除いて)OKです。

お中元を贈る時期を逃した!!そんなときの対処法

地域によるお中元時期の違いを知らなかった、あるいはうっかりお中元を贈る時期を逃してしまった!!

そんなときの対処法をご紹介します。

お盆前にお中元を届けることができなかったときには、のしを「お中元」から「暑中御見舞」などにかえましょう。
時期は逃したけれど中身はお中元だからといって、お盆を過ぎてから「お中元」ののしをつけた贈り物を贈ってはいけません。

のしの書き方は以下の通りです。

  • お盆過ぎ~立秋前:目上の方には「暑中御伺」、目下には「暑中御見舞」
  • 立秋過ぎ:目上の方には「残暑御伺」、目下には「残暑御見舞」
  • お中元を忘れても、のしを変えて贈れば、万事解決です。

    まとめ

    以上が、お中元のマナー、特にお中元を贈る時期についてでした。

    上記の通り、地域によってお中元を贈る時期は違います。

    相手方の住所を見て、贈るタイミングをはかってください。特に、関西など8月組の地域にお住いの方、うっかり7月組のお中元の時期を逃してしまいがちです。

    気を付けましょうね。

    判断に迷うとき、何度もデパートに足を運ぶのは面倒だから一度に全部贈ってしまいたいというときには、7月15日を目安にするとよいですよ。

    春の雑学

    春の雑学

    梅雨

    梅雨の雑学

    七夕

    七夕の雑学

    8月 お盆の雑学

    夏の雑学

    ハロウィン(秋の雑学)

    秋の雑学

    雪だるま(冬の雑学)

    冬の雑学

    ↓ ↓ ↓

    バーナー

    スポンサードリンク

    The following two tabs change content below.
    「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^

    コメントを残す