手の甲に湿疹?ブツブツがでる原因で知っとくべき5つのこと

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

手の甲に湿疹ができたとき、「 とりあえず軟膏を塗っておこう 」で済ませていませんか?

そのためブツブツが思ったより治らなくて悩むといった悪循環・・・・・・

手の甲の湿疹にはいくつか原因があり、原因に合わせて対処しなければ、湿疹はひどくなるばかりですよ。

最悪、あかぎれができたり手の皮膚が厚くなってしまうことも!!

そこで今回ここでは、手の甲にブツブツ湿疹ができる原因と知っておいて損はしない対処法などをご紹介します。

 

そもそも湿疹って何?

湿疹はブツブツが出来る状態のことだろう、何を今更? 」

その通りです! 湿疹 とは、皮膚の炎症により生じる赤みやかゆみ、ぶつぶつ(水疱)のことです。

皮膚が炎症を起こすと皮膚の下の毛細血管が拡張し、 かゆみ神経 を刺激します。

これによりかゆみが生じます。

初期の湿疹では、紅班(赤み)が主な症状ですが、湿疹が慢性化すると皮膚が厚くなり硬化ます。すると皮膚表面はザラザラになります。

あかぎれびらん ができることもあります。

 

手の甲の湿疹 ① 慢性湿疹

では手の甲の湿疹の原因についてご紹介します。

更新:2017-04-13

一つ目は「 慢性湿疹 」。

手の甲の湿疹で最も多いのがこれです。美容師さんやお花屋さんにとっては職業病、家事や水仕事をする方でも悩んでいる方は多いです。

慢性湿疹は水の刺激、洗剤やお湯による手の乾燥が原因の湿疹です。

慢性湿疹は指先のさかむけから始まり、悪化すると、 赤みかゆみ皮膚がカサカサひび割れ皮膚の硬化色素沈着 などの症状が出ます。

慢性湿疹の主な対処を知っておきましょう。

  • 水仕事をするときは手袋をつける。
  • 水仕事はお湯ではなく冷水、またはぬるま湯で。
  • 水仕事後はワセリンなどで保湿。

また、次に書きますが、手の甲の湿疹では症状によって 乾燥型湿潤型 の二つのタイプに分かれます。

 

手の甲の湿疹 ② 乾燥型

乾燥型の湿疹は、皮膚の潤いがなくなり 皮膚が硬く乾燥するタイプ の湿疹です。

火傷したようなヒリヒリとしたかゆみが出ることがあり、掻き毟りたい衝動に駆られます。掻き毟ると、流血します。

乾燥型の湿疹を治すためには、 保湿が重要 です。ワセリンを使ってしっかり保湿しましょう。


スポンサードリンク

 

手の甲の湿疹 ③ 湿潤型

湿潤型は湿疹によって、 皮膚に水ぶくれができるタイプ の湿疹です。

湿潤型の湿疹で炎症がひどいときには、ステロイド軟膏が必要です。

ステロイド軟膏で一気に治しましょう。

ステロイド軟膏は皮膚科で処方してもらいます。

 

ステロイド軟膏には強さの違いで5段階に分かれています。

湿疹の薬

ステロイドはよく効きますが、部位によっては強さを調整しないと期待している結果がでません。また、間違えた使い方や長期間利用すると副作用も気になるところです。

医師に相談して適切な薬を使用してくだしいね。

最強レベル・Ⅰ群・・・ジムラール軟膏デルモベート軟膏など

ちょっと強い・Ⅱ群・・・リンデロンDP軟膏アンテベートなど

強い・Ⅲ群・・・プロパデルム軟膏ボアラ軟膏など

普通・Ⅳ群・・・レダコート軟膏ケナログ軟膏など

弱い・Ⅴ群・・・オイラックスHクリームエキザルベ軟膏など

 

手の甲の湿疹 ④ アレルギー性皮膚接触炎

アレルギー性皮膚接触炎は、 アレルギー源との接触 が原因の湿疹です。

アレルギー源は金属や化粧品、植物、日光など様々です。

特定の何かに触れると手が赤く腫れあがるという方は、アレルギー性皮膚接触炎の可能性が高いです。

皮膚科を受診しアレルギー源を特定してもらいましょう。アレルギー源が分かったら、今後は意識してアレルギー源を避けます。

 

手の甲の湿疹 ⑤ 手白癬

白癬とは 水虫 のこと。

手が水虫に感染すると、湿疹に似た症状が出ます。手白癬を手の湿疹だと勘違いをして一生懸命保湿ケアを行うと・・・・・・

水虫は湿った環境が大好き!どんどん水虫が増殖します。

手白癬と手の湿疹の見分けるときには、症状がどこに出ているかを確認してください。

両手が赤く なっていれば 手の湿疹片手だけ赤く なっているときには 手白癬 の可能性が高いです。皮膚科を受診しましょう。

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、手の湿疹の原因についてでした。

上記の通り、手の湿疹は原因によって対処法が異なります。

できれば、一度は皮膚科を受診し、あなたの手の湿疹の原因を調べてみてください。乾燥が原因と思いきや、実は水虫だったということもありますよ。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ