あなたはiPhone派?それともGALAXY派?

管理人はAppleが大好きなんですよ。だからもちろんiPhoneです。

こちらのブログの記事もMacBook Airで書いています。そして、iPad miniをDuet Displayというアプリで「デュアルディスプレイ」にしています。

何のこっちゃ−?って方はこちらの動画を観てもらうとわかります。

カフェしながらMacBook Airを使っている方は多いけど、iPad miniをデュアルディスプレイにして作業している方は滅多といませんね。人がどう見てるのかはさて置き、自己満足です。

初代iPadも持っていますが、重いんですよ。

管理人のMacBook Airは13インチなので、1.35 kg。これにiPad。

初代iPadは680g、初代iPad miniは308gなので、この重さの違いは大きいです。そして、iPad miniの画面の大きさはカフェしながらのデュアルディスプレイに絶妙のバランスなんですよ。

こんな感じでブログ記事を毎日作っています。

デュアルディスプレイ

さて、iPhoneですが。。。

個人的に、iPhone6になって、画面が大きくなり、確かに画面は見やすいですが、ケースをつけないと落下する危険性が増しました。

 スマホ画面の傷は歯磨き粉で修復できる? 修理はもう嫌だ!

どうもiPhoneのサイズが手にしっくりこなくて微妙なんです。やっぱりiPhone5のサイズが自分の手にはしっくりくるんですよね。

そんな訳で、管理人がAppleが大好きと言うことを知っていただいた所で、今回はiPhoneについて!Appleに関しては思い入れが強いため、個人的な意見が多くなりましたことご了承ください。

スポンサードリンク

待ってました!iPhone SEが登場!!

実は、iPhone6画面が大きいだけあって、情報量も多くて、メールの文字打ちもやりやすいです。

これだけ、画面の情報量は違いますからね。

iPhoneの比較画面

でも、手が小さく指の短い管理人には、iPhone6は大きすぎるのです。つまり文字は打ちやすいが、片手打ちができない。。。

しかも、薄いのは良いのですが、丸みが帯びた為にケースを付けないと落としそうで怖くて怖くて。

iPhone6 plusに関してはiPad miniがあるので検討する対象にもなりません。ご利用している方には申し訳ないですが、iPhoneは一応電話ですので。

そんな感じなので、iPhone5にサイズダウンを真剣に悩んでいたんです。

そしたら、Apple、3月22日にiPhone5と同サイズの新型の『iPhone SE』を発表したではありませんか!!

つまり、あの4インチディスプレイです。バンカーリングを付けてまた、片手操作が出来るのです。

楽天広告

しかも、16GBモデルなら価格も5万2800円、64GBモデルでも6万4800円とiPhone 6s Plusなら64GBは約2倍の11万800円ですからね。お得です。

で、iPhone6はもう嫌だと思っても、iPhone5にサイズダウン出来なかった1番の原因がスペックの問題です。

 スマホの電池が寿命か減りが速い!復活させて長持ちは可能?

CPUがやっぱりiPhone5では厳しいですからね。

それがですよ、iPhone SEはiPhone6と同じA9チップが搭載されています。正確にはiPhone6より高性能になっているとのことです。もう即買です。

3D Touch!?そんなの必要ない!

動画撮影もほぼ使わないし、保存はクラウドを利用しているので16GBでも大丈夫です。でも、やっぱり64GBが欲しいかな。

iPhoneはiPhone5の4インチが一番良いですね。

iphonの歴代サイズを比較してみた!

iphon 1st Gne(画面サイズ 3.5インチ)

iPhone

始めてiphonが世界で発売されました!

2007年、故スティーブ・ジョブズは言いました。

「AppleはiPhoneで携帯電話を再定義する」

でも、日本では通信方法が違っていた為、発売はされませんでしたね。

噂だけが飛び交っていた状態です。

当時は、想像だけでしたが、凄い携帯電話だと思ってましたね。まさに、スティーブ・ジョブズの宣言通り携帯電話の使い方は代わりました。

iphon3G(画面サイズ 3.5インチ)

これが日本で初めに発売されたものです。

発売当時は、購入する方達で長蛇の列でしたね。

何日も前から並ぶツワモノも居たようです。

管理人も欲しかったですが、手に入れる事はできませんでした。。。

後継機のiPhone3GSデビューです。

iphon4(画面サイズ 3.5インチ)

画面の大きさは変わりませんが、画像の解像度が4倍にもなって、飛躍的に綺麗くなりましたね。

初めて画面を見たときは、目が追いつかないほど画像が綺麗かった事を思い出します。

ちょっと、気分が悪くなるほどでした。。。

スポンサードリンク

iphon5(画面サイズ 4インチ)

ここで画面が少し大きくなりました。

ネットの表示も読みやすくなりましたね。

歴代で一番人気が高かったかもしれません。

管理人の手のサイズでは、一番しっくりくるサイズです。今でも愛用している方は多いと思います。

このサイズでiPhone6と同スペックにしたのが、iPhone SEです。

iphon6(画面サイズ 4.7インチ、Plus 5.5インチ)

ここでも画面は、大幅に大きくなりました。

以前が好評だったので、大きくしたのでしょう。

特にPlusは大画面!

「ipadやPCはもう要らない」とも言われるぐらいでしたね。

初代から8年経ちますが、画面の大きさは13.5倍にもなっています。

高機能もどんどん導入されて、もはや携帯電話では無いですよね。

この先どうなって行くのでしょうか?

iPhone6やっぱり、使い難くなってきた!

画面が大きいのは良いのですが、使いずらさが出てきました。

管理人も検討していた1人なんですが、サイズダウンをする方も結構いました。

次の3つの原因が多い様ですね。

  • 片手で操作出来無い

従来のiphonは、手の平に乗る位でしたので、片手操作が出来ました。

電車などで手すりを持ちながら、片手でメールをしている方を良く見ましたね。

でも、大きくなりと、どうしても両手でしないと持て無いのです。

これは不便ですよね。

  • 可愛いケースが無い

特にPlus用は非常に少ないです。

Iphon5までがやっぱり多かったですね。

これも、おしゃれが出来無いので、サイズダウンの原因。

  • ポケットに入らない

画面が大きくなっていると言う事は、全体的に大きくなって重くなっています。

これではポケットにも入らないし、首からぶら下げるのも負担がありますね。

本来の携帯電話の持ち運びの良さが、無くなっているのです。

無理にポケットに入れると、薄くなっているので、割れてしまう事故も多発した様ですね。

手帳型のケースを付ける方が多くなりましたね。

管理人はわざわざパカっと開けるのが嫌なんですよね。

 スマホで小指の変形はデマじゃない?治す対策いらず1番は?

まとめ

iPhoneが出るまでは、携帯電話はどんどん小さくなって行った時代が有りました。

「ツーフィンガー」と呼ばれるほどの物も有りましたね。

今では画面を見やすくする為に大きくなっています。

でも、使いにくくなるので、サイズダウンする方が増えているようです。

そこで、iPhone SEの登場。

今までの新しいiPhoneは、4,5,6と数字が増えていく形で進化してきました。

そのため、数字の冠のついていない「SE」シリーズは将来無くなるのではないかといった噂もありますが、4インチを求めている方は多いので、「SE」の冠はわかりませんが、4インチのサイズは大丈夫だと信じています。

改めて、4インチの需要が多いことにAppleも気づいたはずです。

さて、次に出るiphon7はどんな進化を遂げているか楽しみですね。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^