ほくろやシミを消す!違いを判断する3つの見分け方はコレだ

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

ほくろやシミを消す!

ほくろもシミも20代を境に増えますよね。

顔の目立つところにできると、鏡を覗くたびに落ち込んでしまうというかたも多いのではないでしょうか。

どうして、よりによってこんな目立つ場所にほくろやシミができるの・・・

ところでこの「ほくろ」と「シミ」、両者の違いをご存じですか?

顔にできた黒い点を見て、「これはほくろだ」「これはシミだ」と何気なく言ってしまいますが、実はほくろとシミには明確な違いがあります。

そこで、今回はほくろとシミの3つの見分け方と消し方についてご紹介します。

漫画だったら、シミやそばかすがあるのは愛嬌があって可愛いのですが、生身の人になると話は別です。

また、ほくろはチャームポイントの1つにもなりますが、場所によっては気になるものです。

特に、ほくろは癌になる可能性もあるなんてことも言われるので、気にするなと言う方が無理がありますよね。

更新:2017-03-20

 

ほくろは濃く、シミは薄い?

まず1つ目は色の違いからほくろとシミは区別します。

一般的に、ほくろは黒色で色が濃く、シミは茶色で色も薄いです。

この色の違いは、両者の成り立ちによります。

  • シミはメラニン色素が沈着してできたもの!

メラニン色素はメラノサイトにより生成され、通常は新陳代謝によって排出されます。

しかし、加齢や疲労などで新陳代謝のペースが落ちてしまうと、生成されたメラニン色素が皮膚に残ってしまいます。これがシミです。

  • 一方、ほくろ。こちらはメラノサイトが集まったものです!

メラノサイトが集まってできたほくろでは、紫外線を浴びることにより、各メラノサイトからどんどんメラニン色素が生成されます。

そのため、メラニン色素が沈着しただけのシミよりもほくろの方が濃い色になってしまうのです。

 

ほくろとシミの決定的な違い!

ほくろとはメラノサイトの集合体です。メラノサイトが集まりすぎると、盛り上がったり表面がざらざらなほくろができます。

これがほくろとシミの見分け方2つ目です。

  • 盛り上がるほくろ
  • 表面がざらざらのほくろ
  • シミには盛り上がったり表面がざらざらなものはありません。
  • 毛が生えるほくろ

嫌ですね、ほくろには毛が生えることがあります。

これもまたシミとほくろの違いです。


スポンサードリンク

 

ほくろとシミの形の違いは?

最後の3つ目は、大きさや形の違いについてご紹介します。

  • ほくろは針の先ほどから直径数センチまで様々な大きさがあります。

また、皮膚とほくろの境がはっきりしているのもほくろの特徴、境がはっきりしていないほくろは皮膚がんの可能性があるので注意が必要です。

  • 一方、シミ。シミにも様々な大きさがあります。

たとえば、肝斑。これは妊娠・出産後の女性に多く見られるシミで、頬の高い部分にモヤッと広がります。

皮膚との境ははっきりせず、一見すると、くすみのようにも見えます。

ほくろの大きさは様々!シミはモヤッと広がることも!?

また、こめかみにあらわれる老人性色素班は直径数センチほどの大きさになります。

しかし、これらのシミはほくろのようにはっきりとは見えません。

時間が経つうちに色が濃くなったりサイズが大きくなることはありますが、それでもほくろほど濃い色にはなりません。

また、肝斑や老人性色素班はあらわれる場所が決まっており、ほくろのように好き勝手な場所にあらわれることはありません。

つまり、頬やこめかみにできるのはシミそれ以外にできた大きな色素沈着はほくろということです。

ほくろとシミを厳密に言うと!

 

ほくろは先天的なもので、シミは紫外線や、加齢、肝機能障害などが原因で後天的なものになります。

つまり、シミは大人になってからできるののと言えるでしょう。

 

ほくろとシミの消し方は?

ほくろやシミの消し方ですが、3つの方法をご紹介します。

 

まず1つ目は、視覚的に消えたように見せる!

まずは女性であればメイクのテクニックでぼかして、消えたように見せることができますよ。

エアブラシをつかって、動画の女性のように上手に消していきます。

1・2・3と約3秒で消えていくなんてス・ゴ・イですね。

 

2つ目は、ほくろやシミの存在自体を消してしまう!

ほくろとシミ、両者には上記のような違いがありますが、消し方は一緒です。

小さいものはレーザーによって消すことができます。

サイズが大きくレーザーで消すことができないものは、切除します。

どの程度の大きさまでレーザーで消すことができるかについては、ほくろやシミ、また、各病院によって違いますので、まずは皮膚科や美容整形外科を受診してください。

 

3つ目は今より目立たなくして行く消し方です!

病院へ行くのは億劫だし、女性じゃないからメイクが出来ない!

そんな自宅で消す方法を探している方に朗報です。

アメリカで開発された「カソーダ」と言われる商品を塗ると、ほくろやシミが消えていくとまずまずの評判ですね。

楽天広告
casoda 30g カソーダ 30g ひまし油 重曹 肌ケアナチュラル オーガニック スキン…

ひまし油と重曹が原料なんですが、アルカリ性である重曹が皮膚を少しずつ溶かしてくれるのです。

溶けた皮膚は腐食してかさぶたになってほくろやシミが取れるのです(゚д゚)!

わかりやすいイメージだと、転んだ後にかさぶたになりますよね。その後、かさぶたは取れます。そして、その部分には新しい皮膚が再生して綺麗になりますよね。

その原理と一緒です。

カソーダの使い方は、ほくろやシミのピンポイントに塗ります。数日経過するとかさぶたとなり、取れた後に皮膚が再生することで綺麗になります。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

いかがでしたでしょうか?ほくろとシミの見分け方についてでしたご紹介しましたが、あなたの気になる黒い点はほくろでしたか?それともシミでしたか?

上記の通り、ほくろとシミは成り立ちの違いから、色の濃淡や質感、大きさに違いがあります。

なので、両者を見分けるときには上記のポイントに注目してください。

また、ほくろやシミができる主な要因は紫外線の浴び過ぎです。

紫外線がメラノサイトを刺激することで、メラニン色素が生成されます。

なので、「これ以上、ほくろやシミができるのは嫌!」という方、紫外線対策を徹底しましょう。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ