いぼ痔の治し方は自力で押しこむ!?市販薬坐剤軟膏併用は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

椅子に座って作業をしていたら、お尻に違和感を感じたり、体勢を変えても痛い!!

残念ながらその症状は「いぼ痔」ではないでしょうか?

デスクワークの仕事の方はいぼ痔対策や予防策としてドーナツ型のクッションを使っている人も多いのではないでしょうか?

管理人が初めてお尻に違和感を感じたのは、高校生の頃でしたね。椅子に座ると痛いので、自転車では立ちこぎをしてました。

今回はいぼ痔の治し方をご紹介しますが、『いぼ痔は自力で押しこむべき』なんでしょうかね。

それとも『市販薬坐剤軟膏?』はたまた『併用した方が良いのか!』なんてことをお伝えしますので参考にしてみてください。

更新:2017-03-15

 

ザッ君 いぼ痔とは?きれ痔ってのもあるね・・・

肛門に出来るイボ状の腫れ物がいぼ痔ですね!

ここには毛細血管が集まっている所であり、その中の静脈叢がうっ血していぼ痔になります。

また、歯状線を境に、内部に出来るものを内痔核外部に出来るものを外痔核と言います。

どちらにしても、ちょっと恥ずかしい場所に出来るのが痔の嫌な所ですね^^;

ところで、きれ痔と言うのもありますよね。

痔は一言で片付けることは出来ません!

痔には色々なタイプがあって、「とにかく激痛」から「血が出る」場合もありますし、逆に血は出ないけど、違和感が満載な痔なんてのもあります。

  • あなたの痔はどのタイプ?
  • いぼ痔・・・腫れ物がで出来るタイプ
  • きれ痔・・・皮膚が切れて血が出るタイプ
  • 痔ろう・・・トンネルが肛門の膿に出来るタイプ

いぼ痔

痔は大きく分けると上記の3種類なんですが、えっ!?管理人はですね、キャァ−恥ずかしいので内緒^^

中年男性が痔になるイメージをお持ちかもしれませんが、実は若い人も痔はたくさんいます。

男女の差もなくて、女性の場合は便秘や出産が原因で痔になることも多いようです。

痔ろうはちょっとヤバイ病気なので、病院へ行ってくださいねm(__)m

それでは、今回のテーマはいぼ痔の治し方ですので、早速いぼ痔についてお話をすすめます。

いぼ痔は2つの症状があります。

 

ザッ君 内痔核

原因は排便の負荷によって出来ることが多いです。

ようするに、気張りすぎですね^^;

  • 内痔核の症状の特徴としては「痛みが無い」ことです。

この辺りは知覚神経が通っていないため、痛みを感じません。

でも、出血は有るので、排便した時に真っ赤な血を見て気づく方がほとんどです。

もしくは、吹いたトイレットペーパーに血がついて気づくなんてこともありますが、どうして吹いた後を見てしまうのでしょうかね^^;

進行していぼ痔が大きくなって行くと、肛門からはみ出てきて痛みや炎症が発症します。

小さい内に早めの治療をしましょう。

 

ザッ君 外痔核

こちらも排便の負荷が大きな原因です。

えっ!?どちらも気張りすぎなの・・・ですが、違いは以下です。

  • 症状の特徴は「痛みが有る」「触れる」です。

知覚神経が通っている所に出来るので、腫れが大きくなると痛みはかなり有ります。

また、出血も有り、進行していぼ痔が大きくなると炎症が起きて血栓も出来ます。

これはすごい痛いです!

あっ!バレた・・・

出血も激しいですから、早めに治療を受けましょう。

 

ザッ君 いぼ痔が出来る原因は?

上記でご紹介してしまいましたが、いぼ痔のできる原因の1つは気張り過ぎです。

 

排便の負荷

便秘などで力を入れて排便すると、硬くなった便によって傷がついてしまします。

また下痢でも肛門に圧力がかかると、毛細血管のうっ血の原因になるのです。

 

力をあまり入れずに排便しましょう。

力まず排便のポイントは、「1分で排便」だそうです。

 

排便は生理現象なので、便意がある時に出せばよく、1分以上力んででなければ次の便意の時に出すのが良いそうです。

何しろ人は一生に約3万回も排便するそうで、おしりに負担をかけないのが一番とのこと。ちょっとした雑学でした。


スポンサードリンク

 

座りすぎ

ドライバーやデスクワークの方に多く見られます。

座りっぱなしでいると、肛門に負荷がかかって痔を発症させるのです。

柔らかいクッションや適度なストレッチなどをして予防してください。

 

血行不良による冷え

寒い季節だけではなく、夏でもガンガンにクーラーをかけたりすると冷え性になります。

また、お酒の飲み過ぎや、喫煙により血行不良になって体が冷えます。

 

ザッ君 いぼ痔の治し方!

痔をそのままにして置くと、擦れたりして痛みや出血が起きます。

  • 自力で押し込む!

外痔核向けですが、可能であれば肛門の中に押し込んでください。

 

その間に市販薬坐剤軟膏の薬などと併用して治して行きましょう。

 

ただし、やり過ぎると患部の炎症を悪化させたり、爪で傷をつけてしまう事が有ります。

また押しこむことで対処できるのは、初期の段階のいぼ痔です。無理をしない程度にやって見てくださいね。

大きくなっている痔は特に注意が必要です。

  • 市販薬坐剤軟膏

こちらは内痔核向けの治し方です。

座薬を入れるので、いぼ痔の所にとどまって治してくれます。

有名な薬品は「ボラギノールA座剤」ですね。

ステロイドを配合しているものも有りますので、症状に合わせて使ってください。

  • 血行を良くする

うっ血している状態なので、血行を良くする事が大事です。

お風呂やシャワー、カイロ、マッサージなどをしましょう。

また、血液の流れを良くするために食生活の改善も必要です。

根野菜など、ビタミンCやミネラルが豊富にある食材を食べてください。

また、タバコやアルコールも控えてくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

以上がいぼ痔の治し方ですが、一番良いのは病院で治療を受けることです。

でも、恥ずかしい場所なので、なかなか行く勇気が出ないですね。。。

小さいいぼ痔であれば、薬や食事などで自力で治す事が出来ます。

それでも進行が進む様でしたら、早めに病院に行きましょう。

そこまで行くと、どの道行くことになるのですから。。。

早く治して、健康なお尻を維持してくださいね。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ