鼻の穴を小さくする方法!整形しない5つの対処法の効果は?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

鼻の穴を小さくする方法

鼻の穴が大きいと悩んでいる方、「整形して鼻の穴を小さくしたい」とまで思い詰めている方、朗報です!整形なしで鼻の穴を小さくする方法がありますよ。

ところで、鼻の穴が大きいと悩んでいるようでしょうが、鼻の穴の性格で見ると決して悪いことはないんですよ。

むしろ、話が上手で陽気な性格。さらに金運にも恵まれていると言われていますが、それでも鼻の穴を小さくしたいですか?

小さくしたいですよね^^;

鼻の穴は年齢とともに大きくなっていくものです。

あと習慣でも鼻の穴の形は変わっていくと言われています。

たとえば、鼻ほじり。鼻の穴に鼻炎でテッシュを絶えず詰めていたら鼻の穴の形が変わったといった話もありますからね。

つまり、鼻の穴の形は変えようと思えば変えれると言うことです。

ここでは、整形なしで鼻の穴を小さくする5つの対処法をご紹介します。

更新:2017-03-11

 

No.1 冷水できゅっと引き締める、冷水法

まず1つ目は、冷たい水を鼻にかける冷水法をご紹介します。

冷水を鼻にかけることで、鼻の血管が収縮、その結果鼻全体がきゅっと引き締まり、鼻の穴が小さくなります。

やり方は簡単!!

 

  • コップ一杯分の氷水を鼻、特に小鼻にかけるだけです。

鼻の穴に水が入って辛いという方は、冷やしたタオルでも代用可ですよ。

濡らしたタオルを冷凍庫で冷やしましょう。

そのタオルで鼻を冷やします。

この冷水法、効果は大きいのですが、注意が必要ですので覚えておいて下さい。

 

やりすぎると血行不良を起こします。

 

なので、やりすぎは禁物、氷水を使用する方は、1日2回コップ1杯分の氷水で行いましょう。

タオルを使う方は、2、3分を目安に鼻を冷やしてください。

こちらも1日2回、朝の洗顔時と夜の入浴前か入浴後に行います。

 

No.2 鼻の筋肉を鍛える、片鼻呼吸法

鼻の筋肉を鍛えることで、鼻が引き締まり鼻の穴を小さくすることができます。

やり方はこう。

まず片方の小鼻を指で横からおさえて片方の鼻の穴をふさぎましょう。

その状態で、開いている方の鼻から息を吸い、口から吐きます。

ことさら強く息を吸う必要はありません。

普段通りの力加減で息を吸ったり吐いたりします。

 

  • 片方10分ずつ、計20分行ってください。

最後に、上記の冷水法で鼻を冷やすと、よりいっそう効果が大きくなります。

 

No.3 鼻を挟んで穴を小さくする、ノーズクリップ

ノーズクリップで鼻の穴を小さくすることができます。

ノーズクリップは小鼻を挟むのではなく、軟骨のある鼻の上部分を挟みましょう。

軟骨は力を加えることで形が変わりやすいので、ノーズクリップでも整形並みの効果がありますよ。

ノーズクリップをつけた後は、冷水で引き締めましょう。


スポンサードリンク

 

No.4 マッサージで小鼻を引き締める、鼻マッサージ

小鼻の広がりをおさえることで、鼻の穴を小さくすることができます。

鼻マッサージのやり方はこうです。

まず、両手の人差し指を伸ばし、指先を左右の小鼻に当てましょう。

そのまま、小鼻を軽く押しながら、指先でくるくると円を描きマッサージをします。

小鼻から頬にかけてもくるくるとマッサージしましょう。

最後に、頬から鼻筋に向かって指先を移動させながら、マッサージをして完了です。

 

  • 1回5分、1日数回行いましょう。

休憩時間や隙間時間、気づいたときに行うとよいですよ。

 

No.5 口呼吸をやめて、鼻呼吸へ

口呼吸をしていると、鼻の筋肉が衰え、鼻全体が間延びした印象になります。

鼻の穴も大きくなります。

口呼吸をしている方は鼻呼吸をするように意識しましょう。

鼻づまりの方、鼻うがいで鼻づまりを解消できますよ。

鼻うがいには鼻の奥の炎症を抑える効果もあるので、鼻孔内の腫れや炎症により鼻の穴が広がっている場合には、鼻うがいを続けることで鼻の穴が小さくなります。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、整形なしで鼻の穴を小さくする5つの対処法でした。

上記の対処法は、毎日行うのがポイントです。

ただし、いずれもやりすぎは禁物です。

痛みを感じるほど鼻を強くおさえたり、ノーズクリップの痕が赤く腫れるほど長い時間鼻を挟んではいけません。

腫れや炎症で、かえって鼻の穴が大きくなってしまいますよ。気を付けましょう。

また、鼻は非常にデリケートなパーツです。

鼻につける冷水やタオルは清潔なものを使用しましょう。

手で鼻を触るときは、事前に手を洗い雑菌や埃が鼻の穴に入らないようにしてください。

メイクで鼻の見え方は変えれますが、穴の形は変えれませんからね。

コンプレックスを感じているなら、無理せずにご紹介した方法で自力で小さくしていけるかもしれません。

即効性はありませんが、毎日続けることで理想の鼻の穴の形を手に入れてください。

検討を祈ります^^


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ