鼻うがいの危険性?イソジンの前にこれだけは絶対読んどけ!

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

鼻うがいの危険性?

ちょっと前に流行った「鼻うがい」ですが、挑戦したことありますか?

アレルギー持ちでスギやヒノキだけでなく、イネ科や雑草にも反応してしまう管理人は1年中、鼻のケアに悩んでいます。

花粉症がひどいなら「鼻の粘膜を焼く」と効果があるとか、ないとか?費用も7000円〜8000円程らしくススメられているのですが、鼻の粘膜を焼くといった手術に踏み出すにはもう少し考えます^^;

そういったことで、鼻うがいをやっているのですが、やったことない方は鼻に水をいれるなんて怖いですよね。

しかも、鼻うがいは効果があるという人と、効果がないと言われる方、さらに危険性もあると言う方までいます。

今回は、鼻うがいの危険性や正しいやり方を中心にお伝えしていこうと思います。

更新:2017-03-15

 

鼻うがいとは?

鼻うがい」とは、言葉のとおり普通に鼻をかむだけでは出ない、鼻汁を鼻うがいによって洗い流す事です。

アレルギー花粉症にも良く効き風邪、インフルエンザの予防や防止にもなることから、お医者さんもすすめているポピュラーな治療法です。

テレビでも花粉症の本番シーズンが到来すると、よく特集で紹介されているのでご覧になられたことが、あなたもあるのではないでしょうか。

実はちょっと前に流行ってたので、管理人も鼻うがいをやっていました。

鼻にお湯を入れるのですから、初めは怖かったです。

だって、鼻に水を入れると言えば、思い出すのがプールやお風呂です。あのツーンとした痛みは出来れば経験したくないですからね。

慣れるまでは鼻の奥が痛くて大変でしたが、痛くならないコツがあるんですね。

これが、鼻うがいですが、やってみますか?

鼻うがいの正しい方法がちゃんとあるので、後ほどご紹介します。

鼻を単純に洗えば良いんだろ!と思うのは大きな間違いですよ。

何しろ米国では、鼻うがいで死亡事故も発生して危険性を指摘していますからね!

 

これは危険!鼻うがいのNGなやり方!

鼻うがいはやり方やコツを知らないと、上記でご紹介したように鼻の奥がツーンとして痛い思いをするだけですから、まずは、危険な間違った鼻うがいの行為をご紹介します。

  • 水道水を使って鼻うがい!これは絶対にNGだよ!

殺菌されていない水道水には、細菌やアメーバが繁殖しているのを知っていますか?

普通に飲む分には、胃液で死滅しますので、問題はありませんので、安心してくださいね。

でも、鼻の中に水道水を入れると、細菌やアメーバーは死滅しないで、神経を介して脳に感染するのです。

 

米国では、原発性アメーバ性髄膜脳炎で死亡する事故もありました。

 

使用するは、冷たい水ではなくぬるま湯です。だからと言って給湯器でお湯を沸かしては駄目です。

必ず一度沸騰させたお湯を使ってくださいね。

  • 鼻うがいの最中に唾を飲むこともNGだ!

鼻うがいをしていると、自然と唾を飲みたくなるのですが、これはやってはいけません。

食塩水が耳に回って中耳炎になる可能性があるからです。

鼻うがいが終わるまで、とにかく我慢しましょう。

  • 鼻うがいが終わった後に鼻をかむのもNGだ!

鼻に水分を入れることで鼻をかみたくなると思いますが、これも止めて下さい。

鼻の中に残った食塩水が耳に回って、これも中耳炎になる元と言われています。

頭を下げて左右に傾けながら出して、面倒くさいですがティッシュで拭き取りましょう。

  • 1日に何回も鼻うがいをすることはNGだ!

気持ちよくなって、1日に何回もしたくなる方もいるようです。

1日一回が目安です。

風邪の予防になるからと言って、うがいみたいに何回もすると、鼻の奥の粘膜の免疫成分まで流してしまいます。

粘膜機能の低下から、炎症や余計に風邪をひきやすくするので、回数は守ってくださいね。


スポンサードリンク

NGな鼻うがいの行為はおさえれましたよね。

危険な鼻うがいをすることで、アレルギーや風邪などの予防や改善を目指しているのに、違った病気になっていたら本末転倒ですからね。

 

鼻うがいの正しい方法

  1. 10~15分ほど沸騰させて冷ました、殺菌出来た「ぬるま湯」(200ccぐらい)を作る
  2. 使い捨ての紙コップに、2g以下の塩(天然塩)とぬるま湯を入れる
  3. 片方の鼻を押さえて、コップを傾けながら吸い込む
  4. 鼻または口からぬるま湯を出す
  5. これを交互にする
  6. 終わった後は、お辞儀するように頭を下げて左右に傾けると、残っているぬるま湯が鼻から出てくるので、ティッシュなどで拭き取る
  • 実はぬるま湯にお塩を入れることが、鼻がツーンと痛くならないポイントなんです。

試しに、お塩を入れずに鼻うがいをしたら、あのプールで体験した激痛が走りました^^;

最初のうちは吸い込む量は少しずつで良いですよ。

慣れてくれればズルズルと吸いながら、口から出せれる様になりますよ。

楽天広告

 

イソジンの方が良く効くのでは?

塩よりイソジンの方が良くないでしょうか?

確かにイソジンは消毒効果があります。

だからと言ってイソジンを使うのは良くありません。

イソジンのようなヨード系のうがい薬は、強力な殺菌作用があります。

鼻の奥の粘膜には強すぎるので、粘膜組織を痛めたりして炎症が起きてしまいます。

水道水よりも粘膜を傷つけるので、絶対に止めてください。

悪化させる可能性も有りますので、元も甲もありませんよ。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ
以上が鼻うがいの正しいやり方と危険性でした。

鼻うがいは正しい方法と回数を守れば、効果は抜群に有ります。

でも、なかなか出来無い方も多いので、お医者さんは推奨派と否定派の真っ二つに割れているようですね。

管理人は鼻うがいをおすすめします。

やるかやらないかは、アナタ次第です。

言えるのは逆効果にならない様に、正しく鼻うがいをしましょう。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ