イライラを抑える薬は?市販薬ランキング4選だ!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

イライラ

日々のちょっとしたイライラ、病院に行ったり病名をつけてもらうほどではないけれど、どうにもイライラが収まらないというときってありますよね。

また、仕事の疲れやストレス、家事の忙しさに一時的なうつ状態になることも時にはあります。

甘いものを食べてもカルシウムを補給してもどうにもならないイライラ。言葉でイライラすることもあるし、子育て疲れでイライラ。また、女性は生理前とかイライラする方が多いですよね。

このイライラの原因を市販薬で抑えることができるかもしれませんよ。

そういった訳で、今回は、イライラを抑える市販薬をランキング形式でご紹介します。

 

ザッ君 イライラを抑える市販薬①アロパノール

イライラは神経が高まっている状態のことです。

神経が高ぶることで、落ち着きがなく動き回ったり、集中して物事を考えられない、ふとしたときに絶望的な気持ちに襲われるといったイライラの症状があらわれます。

このイライラの原因となる神経の高まりを鎮める成分が漢方の「抑肝散」です。

そして、抑肝散が配合されている市販薬が「アロパノール」です。

楽天広告

第2類医薬品なので、ドラッグストアで誰でも購入することができます。

また、漢方は生薬、野草などの自然由来の植物から抽出された成分なので、副作用も少なく安心して使うことができますよ。

アロパノールは長期間服用を続けることでの副作用もないので、日常的なイライラやストレスを解消したい方におすすめの市販薬です。

ただアロパノールは1回分7錠、薬に慣れていない方やストレスで胃の調子が悪い方にはちょっと辛い数ですよね。

アロパノールには内服液があります。

1度に7錠の薬を飲む自信のない方は、手軽に服用できる内服液を選んでください。

 

ザッ君 イライラを抑える市販薬②イララック

その名の通り、「イララック」はイライラを抑えるための市販薬です。

楽天広告

アロパノールと同じ第2類医薬品、イライラを抑えると謳うサプリメントに比べると圧倒的な効果があります。

イララックの有効成分は、鎮静作用のあるチャボトケイソウのエキス。

こちらも自然由来の成分なので、安全性には心配はありません。

また、イララックはカプセル錠なので、アロパノールよりは飲みやすいですよ。


スポンサードリンク

 

ザッ君 イライラを抑える市販薬③プレフェミン

毎月生理の度にお気に入りのお皿が天国に旅立ってしまうという方におすすめなのが、生理前生理中のイライラに効果のある市販薬「プレフェミン」です。

楽天広告

プレフェミンは月経前症候群に特化した薬です。なので、生理前生理中のイライラだけでなく、腹痛や腰痛など生理の症状も和らげてくれます。

 

ザッ君 イライラを抑える市販薬④奥田悩神経薬

イライラを抑えて仕事や家事に集中したいという方におすすめなのが、「奥田悩神経薬」です。

脳の疲れや緊張によるイライラを和らげてくれます。

奥田脳神経薬ガイド

緊張による肩こりや腰痛、のぼせ、めまいにも効果がありますよ。会議前や大切な商談前に飲むとよいです。

ただ、こちらの薬にはカフェインが入っているので、人によってはかえって神経が高ぶりすぎてしまうことも。

コーヒーやお茶でカフェインを摂り慣れている方はよいですが、普段カフェインフリーの生活を送っている方は注意してください。

また、「コーヒーで一息をついてからもうひと踏ん張りだ」というように、カフェインには鎮静作用と同時に興奮作用も含まれています。

なので、こちらの薬はイライラを抑えて仕事に集中したいときに服用し、リラックスしたいときや睡眠前には飲まない方がよいです。

夜服用するときは、ベッドに入る4~5時間前に服用するようにしましょう。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、イライラを抑える市販薬についてでした。

上記の薬はいずれもドラッグストアで誰でも購入することができます。

ただ、誰でも購入できるからといって、病院の薬よりも効果が弱い・副作用が出にくいとは限りません。

体質によってはとても強い効果が出ることもあります。

服用の際は、きちんと説明書を読み、服用方法服用量を守ってくださいね。

効き目を感じられないからといって、量は増やすのはとても危険なので絶対にやめましょう。

イライラの原因は職場の仕事の環境だったりすることもあります。

ひどい症状の場合は心療内科へ行くのも手です。また、日頃からサプリメントや食べ物、飲み物で規則正しい生活を心がけるのも大事ですね。

イライラしても良いことは何1つありません。ストレス解消法にはこちらの記事が参考になるかもしれません。ご覧ください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ