スプレー缶の捨て方、中身がある時の穴あけは間違いかも!?

なるほど!

 

こんにちは。管理人の「 ザッ君 」と娘の「 なぞ子 」です。

ブログへお越しくださりありがとうございます。今回ご紹介する内容がお役に立てればうれしいです。

 

スポンサードリンク

 

 

整髪料や塗料などのスプレー缶、使い終わった後きちんと処分できていますか?

毎回、「これで合っているのかな」と思いながらゴミ収集に出しているという方も多いでしょう。

特に、中身の残っているスプレー缶、どう処分してよいやら…

頭の痛い問題ですよね。

『中身がある時の穴あけは間違いかも!?』しれませんよ^^;

このように、スプレー缶を使い終わる度に処分方法に頭を悩ませている方のために、今回はスプレー缶の捨て方をご紹介します。

 

スプレー缶に穴をあけるは間違い!?

今どきのスプレー缶の捨て方はこうですよ。

スプレー缶は穴をあけてから捨てるもの。日本では長い間、これが常識となっていました。

しかし、スプレー缶の穴あけには怪我や火事などの危険が伴います。

最近ではスプレー缶自体が穴をあけずとも処分の過程で爆発しないように改良されています。

なので、

最近ではスプレー缶は必ずしも穴をあけなければならないわけではありません。 

「スプレー缶は穴をあけてから捨てる」という固定概念がある方、一度お住いの自治体の処分方法を確認してみてください。

スプレー缶に穴をあけろと書いていない限り、スプレー缶の残り如何に関わらず穴をあける必要はありませんよ。

 

スプレー缶に穴をあけるときの注意点

スプレー缶の捨て方

自治体の取り決めにより、スプレー缶に穴をあけなければならないときには、専用の道具を用意してください。

金槌やドライバーでは怪我や突然の爆発などの危険があります。

スプレー缶の穴あけは屋外で行いましょう。

やむを得ず屋内で行うときには、窓を開け風通しを確保してくださいね。

そして、周囲にストーブやライターなどの火器がないことを確認してください。

スプレー缶に残っていた可燃性ガスの引火を防ぐためです。

スプレー缶に穴をあけたときプシュッと音がすることがありますよね。

これ、スプレー缶に可燃性ガスが残っている証拠ですよ。

必ず、安全を確認したうえで作業を始めましょう。屋外で作業をするときは、風上に背中を向けて作業してくださいね。

「わざわざ専用の道具を買うのはちょっと」という方へ

 

引っ越しでもしない限り、スプレー缶の穴あけは必要ですよね。

今後、毎回危険と隣り合わせでスプレー缶に穴をあけることを思えば、決して高い買い物ではないはずです。


スポンサードリンク

 

中身の残ったスプレー缶の処理方法

スプレー缶は必ず、使いきってから捨てます。

中身の残ったままゴミに出すと、ゴミを処理する過程で爆発や火災の危険があるからです。とはいっても、使いきれないスプレー缶もありますよね。

ここでは、使いきれなかったスプレー缶の中身の処理方法を2つご紹介します。

 

スプレー缶の中身の処理方法1つ目!

まず1つ目、スプレーを空気中に噴射しましょう。

ガスが出なくなるまで噴射し続けます。

この方法は必ず、屋外で行ってください。周囲に火の気がないことも確認します。

 

スプレー缶の中身の処理方法2つ目!

2つ目の方法は広い庭など気軽にスプレーを噴射できる場所がない方におすすめの方法です。

屋外の狭いスペースでもでき、窓を開けて通気性を確保すれば、屋内でも可能な方法です。

  1. まず、大きめのビニール袋(ゴミ袋など)、ボロ布、新聞紙を用意してください。
  2. 新聞紙は細く千切りくしゃくしゃっと軽くまとめておきます。

    ボロ布と新聞紙をゴミ袋の中に投入、そして、念のためにマスクと軍手をしてください。

  3. 準備ができたら処理開始、ボロ布めがけてスプレー缶を噴射しましょう。
  4. このとき、顔は手元から反らしておきましょう。漏れ出たガスを吸うの防ぐためです。

  5. スプレー缶が空になったら、ゴミ袋の口をしばり、処理完了です。
  6. ゴミ袋は燃えるごみに出してくださいね。

 

中身の残ったスプレー缶、穴をあけても大丈夫?

中身の残ったスプレー缶に穴をあけるのはとても危険な行為です。

上記の通り、中身が残ったスプレー缶に穴をあけると、中から可燃性のガスが漏れ出ます。

近くに火の気があれば爆発・火災が起こるし、火の気はなくともガスを吸い込めば、気分が悪くなってしまいます。

気を付けてくださいね。

スプレー缶に穴をあけるときは、事前に必ず、中身がないことを確認しましょう。

スプレー缶を使いきったと思っていても、ガスがまだ中に残っている場合もあります。

特に、古いスプレー缶ほどその可能性大!

何年も放置してあったスプレー缶を処分するときには、最後にもう一度スプレーを噴射し、できるだけガスを出しきったうえで専用の道具を使って穴をあけてくださいね。

まだ残っていたガスがプシュッと出てくることがあります。

自分の顔にガスや中の液体がかからないように、穴をあける方向に気を付けましょう。

 

ザッ君の画像 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、スプレー缶の捨て方についてでした。

まずは、自治体のスプレー缶の処分方法を確認し、それに従って処分してください。

スプレー缶に穴をあける際には、細心の注意を。

ちょっとした油断が大事故につながります。スプレー缶の中身が残っている場合には、上記の方法で中身を出しきってから処分してくださいね。


スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!