洋服の油汚れの落とし方!洗剤は?わかりやすい洗濯方法

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

家庭の水洗い洗濯では落としにくい汚れといえば油汚れ!

お気に入りの洋服に、料理や化粧品などの油汚れがついたらがっかり^^;

一日悲しい気持ちになってしまいますよね。

管理人はとくに大好物のスパゲティーやラーメンを食べると洋服に飛ぶんですよね。

といって、普段着をいちいちクリーニングに持ってはいけないし……

そんな方に朗報!

家庭でもきれいに油汚れを落とす方法があります。

今回は洋服の油汚れの落とし方として洗濯方法をわかりやすくご紹介します。

それでは、洋服についた油汚れの落とし方スタートです。

更新:2017-02-26

 

油汚れは時間が勝負!

洋服に油汚れがつくと、時間の経過とともに、油が繊維の奥へと染み込んでいきます。

応急処置です。時間が勝負ですよ!

一度、繊維に染み付いたしまった油を落とすことはとっても難しい。なので、油が繊維に染み込まないうちに対処しちゃいましょう。

油汚れといえば、カレー鍋でさえも、もろともしない頼もしいあいつですね。

  • 油汚れを落とすなら「台所用洗剤」です。

洋服に油汚れがついたら、すぐに台所へ猛ダッシュです。台所用洗剤はどこだぁーーー

油汚れの箇所に台所用洗剤を垂らし手で揉んでください。

その後、洗剤を軽く流し、洗濯機で洗濯しましょう。

 

油汚れはお湯で落とす!

油汚れは酸性なので、洋服についた油汚れは弱アルカリ性の洗濯洗剤で中和しながら洗い落とします。

洗濯洗剤は弱アルカリ性を選びましょう。

  • 油汚れは、冷水よりもお湯で洗う方が落ちやすいです。

なので、油汚れがついた洋服を洗濯機で洗うときには、洗濯槽にお湯を入れましょう。といっても、洗濯槽には耐用温度があるので、それよりも熱いお湯は入れないでくださいね。

洗濯槽の耐用温度は、大体50度前後ですね。

ただし、機種により耐用温度は違うので説明書でよく確認しましょう。

弱アルカリ性の洗濯洗剤とは「アタック」や「トップ」なので、一般的な洗濯用洗剤です。

「エマール」や「アクロン」などのおしゃれ着用洗剤は中性洗剤なので、油汚れには向きませんよ。

洗濯洗剤は弱アルカリ性を選びましょう。


スポンサードリンク

 

頑固な油汚れは予洗いで対処!

台所用洗剤を使った落とし方では落ちない頑固な油汚れには予洗いで対応しましょう。

  • 70度のお湯に浸けておきましょう。

洋服の油汚れ

まず70~80度のお湯に弱アルカリ性洗剤を溶かして洋服を浸けます。

この温度のお湯は洗濯槽を傷めてしまうので、浸けおきにはバケツやたらいを使ってください。

お湯を時々攪拌したり洋服を揉み洗いしながら30分、お湯で油汚れが十分浮いてきたところで、洋服を洗濯機に投入!

 

お湯で油汚れが十分浮き出ているので、予洗いなしで洗うよりも格段に油汚れが落ちやすくなっていますよ。

この落とし方では、油汚れがお湯で浮いているうちに洗濯機にかけてしまわなければ意味がありません。

予洗いと洗濯機を回すタイミングが大切、予洗い後はすぐに洗濯機にかけてくださいね。

◆ 洗濯物が臭い!タオルが原因ならお湯と洗剤の取り方で消す!

 

酸素系漂白剤もおすすめ!

油汚れには酸素系漂白剤も効果的です。

酸素系漂白剤は40度以上のお湯で活発に酸素を発生させます。この酸素が洋服の油汚れを浮かし、落としやすくしてくれるのです。

なので、酸素系漂白剤を使用するときは、40度以上のお湯で洗うようにしてくださいね。

 

乾燥機を使うときの注意点は?

さらに、油汚れを落とした後の洋服を乾燥機にかけるときの注意点を一つ。

乾燥機に入れる前に、油汚れがちゃんと落ちていることをしっかり確認してください。

乾燥機の熱は油汚れを洋服に定着させてしまいます。

つまり、乾燥機にかけた後の油汚れは、二度と落ちないということ。

気をつけてくださいね。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

いかがでしたか?以上が、洋服の油汚れの落とし方についてでした。

油汚れは時間が経つと落ちなくなってしまいます。

なので、油汚れがついたらその都度きれいに落とすことが大切ですね。

ご紹介した方法で油汚れを上手に対処してくださいね。

作業着の機械オイルには専用の洗剤を使用するのがおすすめです。

作業着以外でも、頑固な油汚れには効果てきめんですよ。

ただ、洗濯の仕上がりがガサガサになってしまうので、おしゃれ着には使わないでくださいね。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ