米びつの虫 コクゾウムシを駆除!にんにくや唐辛子が対策?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

買いだめしておいたお米、いざ食べようとしたら、米びつの中からうじゃうじゃと黒い虫が!なんてことありますよね。

この黒い虫の正体コクゾウムシといいます。

で、虫には可哀想なんですが、どうやったら駆除出来るんだろうってことが気になりますよね。

今回は、コクゾウムシの駆除方法やコクゾウムシの予防対策などをご紹介します。

唐辛子にんにく生わさびがコクゾウムシの予防対策に良いようですよ。参考にして見て下さいね^^

更新:2017-02-26

 

ザッ君 コクゾウムシの生態について?

コクゾウムシ

まずは敵を知ることから始めないと、対処しようがありません。

といった訳で、コクゾウムシの生態ですが、その名の通り、お米が大好きな虫です。

コクゾウムシは、米粒ほどの大きさで、カブトムシに似ていますね。

鼻が長いので、ゾウムシの一種です。

米びつに住みつき、お米を食べながら1年に3~4回産卵します。

虫ですから、1回の産卵で生まれてくる赤ちゃんの数は人間の比ではありません。

つまり、「一度米びつにコクゾウムシが住みつくと、強力な繁殖力で際限なく増殖していく」ということ。

想像するだけで、背筋がぞっとしますね。

コクゾウムシは25度以上で活動が活発になります。

3月下旬~10月下旬頃までは、コクゾウムシがいきいきと活動でき、さらに屋内に米びつを置いている場合はほぼ一年中活動できる可能性もあります。

だから、コクゾウムシ対策は一年中必要だということです。

また、コクゾウムシは無農薬・有機栽培のお米が大好き^^

なので、無農薬米にこだわっている方は細心の注意が必要ですよ。

 

ザッ君 コクゾウムシが発生したら?

米びつにコクゾウムシが発生してしまったときの駆除方法をご紹介します。

  1. まずは米びつのお米を新聞紙やビニールシートの上に広げてください。
  2. するとお米とお米の間から、コクゾウムシが動いているのが目で確認できます。
  3. それを一匹ずつピンセットで取り除きましょう。
  4. コクゾウムシを全て取り除いたら、洗ってきれいにした米びつにお米を戻します。
「老眼だから一匹ずつ駆除するのは無理」という方に朗報!!

 

もっと簡単なコクゾウムシの駆除方法があります。

それは「お米を冷凍すること」です。こうすることで、コクゾウムシは凍死、さらにピンセットでは取り除けないコクゾウムシの卵も駆除することができます。

ただし、この方法ではコクゾウムシの死体がお米の中に残ったままになります^^;

駆除後のお米は冷蔵庫や冷凍庫で保管し早めに食べてしまいましょう。

お米を研ぐときはいつもよりも念入りに研いでくださいね。

新聞紙の上に米を薄く広げて、直射日光を避けて陰干しにする駆除方法もありますね。

1~2時間ほど置けば、虫たちは逃げていってしまいます。

この時、日光に当てるのが幼虫等の死滅も出来ますが、お米の味が落ちてしまいます。

と、言うより「この米は食べれるのか?」と疑問に思うでしょう。

コクゾウムシには毒性はありません。なので、食べてしまっても大丈夫です。

コクゾウムシが発生したからといって、そのお米を捨てる必要はありませんよ。

でも、アレルギーには注意してください。


スポンサードリンク

 

ザッ君 もうコクゾウムシを発生させない!コクゾウムシの予防対策

コクゾウムシの駆除に成功したら、今度は予防対策!ですよね^^

二度とコクゾウムシに悩まされないように、しっかりと予防しておきましょう。

  • コクゾウムシの予防対策に効果的なのは「唐辛子・にんにく・生わさび」です。

これらを米びつの中に入れておきましょう。

唐辛子は生ではなくドライタイプを用意し、米10kgに対して5、6本米びつの中に入れておきます。

にんにくなら乾いたものを1かけ、皮でもよいですよ。

生わさびはおろしたりせず、そのままの状態で米びつに入れてください。

これらの匂いがお米につくのが嫌な方は、お茶パックに入れてから、米びつに入れるのがおすすめです。

また生わさびやにんにくはコクゾウムシを駆除してくれる一方、それ自身が腐り、お米に多大な被害をもたらすことがあります。

米びつに生わさびやにんにくを入れた場合には、米びつは冷蔵庫に入れて保管しましょう。

 

ザッ君 お米は米びつで保存?タッパやペットボトルがおすすめです。

「お米を入れた米びつは冷蔵庫で保管しましょう」というものの、大きくて場所をとる米びつ、なかなか冷蔵庫内でスペースを確保できませんよね。

  • ここで一つご提案!

お米は米びつという固定概念を少し変えてみましょう。

お米の保存にはプラスチック製タッパやペットボトルがおすすめです。

タッパやペットボトルは密閉容器、コクゾウムシの侵入を防ぐことができ、冷蔵庫に入れるのにもちょうどよいサイズ。しかも、お米から水分が蒸発するのを防ぐこともできます。

お米から水分が抜けてしまうと、炊いたとき古米のように芯が残ったようなカラカラの仕上がりになってしまいます。

おいしい新米の状態を保つために、お米から水分が抜けるのをいかに防ぐかが大切なのですが、タッパやペットボトルならそれが簡単にできてしまうのです。

なので、お米はタッパやペットボトルで保存!ぜひ試してみてくださいね。

米びつを清潔にする

 

米びつの蓋や周りの所に、卵が残っている可能性が有ります。

お米を継ぎ足すタイミングで、綺麗に洗って日干しにしてください。

お米の買い過ぎで、1ヶ月以上保管しているようでしたら要注意です。

夏場では2週間、冬場では1ヶ月以内で食べれる量を保管しましょう。

また、買ってきたビニールのまま保管するのは、良くありません。

面倒でも、米びつやタッパに入れて保管してくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、コクゾウムシの駆除方法や予防方法でした。

いくら体に害がないからといって、コクゾウムシが発生したお米を食べるのはあまりいい気はしませんよね。

未然に予防しておくことで、コクゾウムシの発生は防ぐことができるので、上記の予防方法を実践してみてくださいね。

米びつを冷蔵庫に入れられない方は、市販のお米用虫よけを利用してください。

買いすぎや温度に気をつけて、保管してくださいね。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ