しろねこ夫婦しろねこ夫婦

ファスナーの直し方についてご紹介します!

鞄や洋服についているファスナー、突然片方だけ外れたり、動かなくなったり、布を噛んでしまい、壊れてにっちもさっちもいかなくなることがありますよね。

こんなときに、 力ずくでファスナーの開け閉めをしていませんか?

そんなことすると、さらにファスナーがズレて被害拡大で最悪ですよ。

本体である鞄や洋服に穴が開くなどの悲劇が起こります。

なので、何の見通しもなく力ずくでファスナーをどうこうしようとするのは間違い!!

ファスナーを動かすには、ちょっとしたコツがあるのです。

スポンサードリンク

ファスナーが動かない時の対処法

ナナナナ

そんなときは、来た道を戻りましょう!

何の前触れもなく突然ファスナーのスライダー(手で持って動かす部分)が、動かなくなることありますよね。

道半ばでズレて止まってしまったスライダー、こんなときは力ずくで引っ張るのではなく、元きた方向へスライダーを戻してみましょう。

どうやっても前には進まなかったスライダーでも、自分が来た道には案外素直に動いてくれるものです。

「潤滑油」を使ってみる

少しスライダーを戻したところで、引っかかったズレた場所に潤滑油を一滴垂らします。

自転車の修理などで使う潤滑剤を使うことができます。

特に布製は危険!

ただ潤滑剤が洋服や鞄の本体(生地)に付着するとなかなか落ちません。

手先が不器用な方はやめておいた方がよいです。

 

潤滑油は工業用のそれでなくてもかまいませんよ。

サラダ油や化粧用オイル、ワセリンなどを使ってください。

指の腹で潤滑油をなじませてから再度チャレンジ!

ゆっくりスライダーを進めてみてくださいね。

「鉛筆」を使ってみる

鉛筆の芯には油分が含まれています。

ファスナーのエレメントに鉛筆の芯をこすりつけることで、スライダーの滑りがよくなります。

生地をかんでしまったときや、外れたスライダーを装着しなおすとき、スライダーが通る部分に鉛筆の芯をこすりつけてみてください。

コタロウコタロウ

ギターのナットも鉛筆の芯を塗ると、弦の滑りがよくなるからね。

2Bの鉛筆をいつも持ち歩いてます。

ナナナナ

ハイハイ…。

そんなこと、どうでもいいです。

雑学博士雑学博士

ローソクをスライダーに塗るのもいいですよ。

やり方は、歯ブラシでローソクの油分をつけて、スライダー部分を歯ブラシでシャカシャカと擦ります。

潤滑剤が不足したファスナーにオススメです。

コタロウコタロウ

ファスナーは直したいけれど汚したくない!

「リップクリーム」を使ってみる

ファスナーが直っても、洋服や鞄の本体が鉛筆の芯や潤滑剤で汚れてしまったら、結局外に着て行ったり持ち歩くことはできません。

ナナナナ

ファスナーは直したいけれどファスナーがついている本体は汚したくないというときにおすすめなのが リップクリームです。

リップクリームをエレメントやスライダーに塗ることで、スライダーの滑りがよくなります。

口紅や色付きのリップクリームではなく、無色のリップクリームを使用してください。

口紅は油分が多いので、潤滑剤と同様、本体についたら落ちません。

また、リップクリームはさっぱりタイプよりも保湿力の高いものの方がファスナーの滑りをよくしてくれますが、保湿力が高いということは油分が多いということです。

無色とはいえ、本体についたときシミができないとは限らないので、保湿力の高いリップクリームを使用するときは本体につかないように注意しましょう。

洋服の裏地など目立たない箇所にリップクリームをつけてみて、シミがつかないことを確認してからファスナー修理に使用すると安心です。

ワセリンもおすすめ

リップクリームのかわりにワセリンもおすすめです。

ワセリンはテクスチャーが固いので、手のひらなどで温めてからファスナーに薄く塗りましょう。

 

グロスなどのリキッドはファスナーの修理には不向き、滑りはよくなりません。

垂れてシミになることもあるので、リキッドグロスや乳液、美容オイルなどのリキッドタイプの保湿液は使用しないでください。

スポンサードリンク

ファスナーが布を噛んでしまったら?

ファスナーのスライダーが布を噛んでしまったら閉まらなくて焦りますよね。

焦って闇雲に布を引っ張ると、びりっと破れてしまいます。

大事な鞄や洋服に穴が開いてしまうので、これは禁物です。

スライダーが布を噛んでしまったら、ファスナーと「水平」方向に噛んだ布を引っ張り出してみましょう。

このとき、布を引きちぎるような力は必要ありません。

布をぴんと張るくらいの力加減で十分です。

そうしたうえで息を止め、スライダーを「スッ」と動かしてみます。

このときはのろのろと動かすよりもスッと一気に動かす方が、スライダーが噛んだ布の上を滑ってくれます。

デニムなどかたい生地を噛んでしまったときには、細いマイナスドライバーや三角定規の先端を生地とスライダーの間に噛ませましょう。

そうして、マイナスドライバーの先端でスライダーを少し押し上げるようにしながら、スライダーを動かしてみます。

ファスナーの片方が外れてしまったときには?

両輪揃ってファスナーはファスナーの役割を果たします。

しかし、スライダーから片方が外れてしまうこともありますよね。

このときには、二つの解決策があります。

ドライバーを使う

一つ目の付け方は、スライダーの噛む部分をマイナスドライバーで広げてから、無理やり外れたファスナーを噛ませる方法です。

この方法を行うときには、ドライヤーでスライダーを軽く温めておくと作業しやすくなります。

ただし、やりすぎは禁物、噛む部分を広げすぎたらファスナーをきちんと噛むことができなくなります。

加減には注意してくださいね。

ペンチを使う

  • 最終手段は分解!ペンチを用意してください。

上記の方法で直せないときの最終手段です。

それは、 ファスナーの止め金具を外すことです。

止め金具とは、スライダーのゴールについている、スライダーを落とさないためのストッパーのことです。

止め金具がついているのは左右のどちらかなのでこの直し方は、止め金具がついている方が外れてしまったときの直し方になります。

  1. 止め金具をペンチなどで外し、スライダーを端に戻します。
  2. 止め金具を外したファスナーはもう片方と同じようにスライダーに通すことができるので、普段通りのやり方でファスナーを噛ませてください。
  3. このとき止め金具を嵌め直しやすいように、止め金具が元々ついていないファスナーはスライダーから外しておきましょう。
    (鞄など外すことができない場合はそのままでかまいません)。

  4. 最後に止め金具をペンチで嵌め直します。

鞄など縫製の仕方次第では、止め金具を外せないことがあります。

このときは、まずは縫製をほどきましょう。止め金具を剥き出しにしてから、上記の方法を実行してみてください。

ファスナーが直ったら、縫製し直します。

ファスナーを修理に出すといくらかかる?

  • ファスナーのうちスライダーだけを交換する場合の目安は1か所2000円です。

スライダーとは手で持ってジーっと動かす金具のことです。

ファスナー自体を取り替えるときには、縫製料+ファスナー代がかかります。

縫製料とは技術料のこと、洋服や布製鞄のファスナーの取り替えであれば1か所1000円前後~、靴や革製の鞄などでは2000円~、取り替えが難しければ難しいほど縫製料は上がります。

ファスナー代もファスナーによって異なりますが、ごく一般的なファスナーであれば1cm150円前後です。

目安ですが、パーカーのファスナーを取り替えるときは、縫製料+ファスナー代で4000円程度です。

ファスナー、チャック、ジッパーの違いは何?

しろねこ夫婦しろねこ夫婦

『面白い雑学』ということで、最後にファスナー・チャック・ジッパーの違いです。

ファスナーとチャック、ジッパー、呼び方は色々ありますが、3つとも同じものを指しています。

いや、ファスナーだけは少し違うかな・・・。

そのあたりのことについてご紹介します。

ファスナーについて

まず、 ファスナーという呼び方ですが、英語では「fastener」、これは留め具のことで、日本人が「ファスナー」というときに思い浮かべるあれ以外も含んでいます。

たとえば、ボルトやネジもファスナー、さらにボタンやフックもファスナーです。

ジーっとしめるファスナーを最初に作ったのはアメリカのホイットコム・ジャドソン氏、元々は靴ひもを結ぶ不便さを解消するために開発したものだそうです。

ジャドソン氏、自分が開発したものの名前を考えるのが面倒だったんでしょうね、特別な名前を作らずに「ファスナー(留め具)」と呼びました。

ジッパーについて

ジッパーという名前を作ったのはアメリカのメーカー、これはファスナーをしめるときの擬音をあらわす「zip」が由来です。

ちなみにzipであらわされる音は弾丸の飛ぶ音や布を裂く音だそう、耳で聞くと「ビュっ」とか「シュっ」という音かな、ファスナーをしめる音と布を裂く音が似ていますかね?どうでしょう。

ファスナーを「チャック」と言うのは日本だけです。

チャックについて

チャックという名前は尾道の会社がファスナーを「巾着」をもじって「チャック印」と名付けて販売したことがはじまり!

1927年のことです。そこから日本では「チャック」という呼び方が浸透したそうです。そういえば、昭和世代は「チャック」といいますね。

コタロウコタロウ

子どもの頃は「口にチャックして」だとか、「チャックをしめなさい」と言って、よく怒られたものです。

まとめ

以上が、ファスナーの直し方についてでした。

ファスナーが壊れてしまったときは、まずその原因を探りましょう。

  • 布を噛んでしまったのか、それともさび付いて動かないのか?

そのうえで、原因に合った直し方・付け方を実践してくださいね。

最後に、ファスナーが壊れると面倒くさいです。

まずは壊さないようにすることも大事ですね。

  • 開け閉めが早過ぎることはないですか?

力任せに一気に開け閉めすると、スピードについていけず、壊れることが多いの早すぎず遅すぎずのスピードにしましょう。

  • 洗濯の時にファスナーを開けたままではありませんか?

洗濯するときはファスナーを締めて洗濯してくださいね。

そして、裏返して洗濯をすることです。

ファスナーを直すときはリップクリームが一番おすすめです。

ナナナナ

ファスナーをわたしは「ファスナー」というのですが、最近は何と呼ぶことが多いのでしょう。

「ジーパン」と言っていたら「最近はジーパンとは呼ばないんだよ」と親戚の若い子に言われたことがありまして(;´・ω・)、物の呼び方にも流行があることを痛感する今日この頃です。

ぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^