ぎっくり腰になったらどうする?仕事を休むなんてイヤだ!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

急性腰痛と言って、通称、ぎっくり腰!

イタタタタ!

一度発症してしまうと、歩くことも動くこともままならず、日常生活に支障をきたします。

本当に激痛で、腰を動かしたくても動かないし、動かすと息ができないほど激痛の時もあります。

ところが、体の痛みって、周りの人には理解してもらいにくいですよね。

  • ぎっくり腰の痛みは経験者にしかわからない!

それで『仕事を休みます』と言ったらあの怖い上司はどんな顔をするのか、おっかなびっくりです^^;

❖(参考)ぎっくり腰の労災認定

今回は、「ぎっくり腰になったらどうする?」と題して、お話しますが、先に言っときます。

ぎっくり腰になったら、できるだけ仕事は休むべきですよ。

 

ザッ君 ぎっくり腰になったら仕事は休む?

ぎっくり腰の痛みは、ハンパ無く激痛です。

私生活も出来無いぐらいなので、仕事なんて行ける状態ではありませんよね。

かと言って仕事を休むなんてイヤだ!!

諦めてください^^;

  • 体が資本です。無理すると後遺症がでる可能性もあります。

会社に寄っては、休暇が取れますが、取れない場合は上司に相談してくださいね。

痛み止めを打って行かれる方もいますが、悪化させる可能性が有るので、止めて置いた方が良いです。

薬や注射は確かにぎっくり腰のような急性の腰痛には効果があります。

長期間に渡って薬を飲み続けたりすると「副作用」も心配ですので、あくまで一時的な対処療法として利用することをおすすめします。

ぎっくり腰になったらどうする?

さて、ぎっくり腰になると最低2日間は動けないので、会社も理解してくれると思います。

出来れば最低1週間、理想は2週間です。

でも中には、これだけ休めば周りの方の負担が多くなり、イヤミを言われるかも知れません。

腰も痛いのに、余分なストレスを抱える可能性も有ります。

普段から周りの方と仲良くしておいて、上手く乗り切る状況を作って置く事も大事ですよ。

❖ 尿の色が濃い!原因はストレス疲れ?肝臓の病気だけはイヤ!

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰は突然とやってきます。

とにかく激痛の状態では頭はパニックになって何もできません。

予備知識を持っていると、とっさの対応ができるので知っておいて損はないですよね。

はじめてぎっくり腰を経験した方は、いったいいつまでこの痛みが続くのか不安になりますよね。

一生その痛みが続くわけではないので、安心してくださいね。

かと言って、「いたいのいたいのとんでけー」と言ってもすぐに痛みは飛んでいきません^^;

ぎっくり腰が治るまで、どのような症状の経過をするか次は見ていきましょう。


スポンサードリンク

 

ザッ君 ぎっくり腰が治るまでの時系列

  • 初日~3日「激痛期」
  • ほぼ、自力で何も出来無いぐらい痛い期間です。

    トイレや寝返りすら苦痛になるほど、私生活に支障が出ます。

    この3日間ぐらいは、安静が一番ですね。

    この3日間は、仕事なんて絶対に出来無いでしょう。痛すぎて通勤も無理だと思います。

    会社も、状況が分っていると思いますので、3日間ぐらいは休めると思いますよ。

  • 4日~6日「緩和期」
  • 早い方で3日から痛みが和らぎます。

    普通であれば、5日も経てば大分動けるでしょう。

    でも、まだまだ私生活に支障は有ります。

  • 要望として、仕事は最低1週間は休みが欲しい所ですね。

でも、なかなか休めない・・・。

そんな方は、コルセットをして歩けるようでしたら、タクシーやゆっくり通勤してください。

楽天広告

また、自宅で出来る仕事があれば、変えてもらうのも良いでしょう。

決して無理はいけないので、出来る範囲を上司に伝えて相談してくださいね。

  • 1週間後〜(油断禁物期)

1週間ほど時間が経過すれば、ほぼ痛みは取れているでしょう。

もう、コルセットも要らないかもしれません。

でも、痛みは完全に取れていないので、注意は必要です。

  • 仕事も気をつけながらすれば、問題なく出来ると思います。

ただ、早く治したいのであれば、まだ休んでる方が良いです。

また仕事場に出ても、簡単な仕事にしてもらう様に相談してみてください。

  • 10日移行〜(リハビリ期)
  • 10日以降は、ストレッチ等のリハビリなどをしましょう。

ずっと動かないのも、筋肉が固まる為、早く治す事が出来ません。

ゆっくりで良いので、自分のペースでやって行ってくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

ぎっくり腰は早ければ1週間ほどで治ります。

酷い方は、3~6ヶ月もかかります。

急に来る激痛なので、仕事も急に出来なくなります。

そして、周りの方にも迷惑がかかってしまいますね。

これは会社の方とも、コミニュケーションを上手く取る事で、雰囲気は緩和されるでしょう。

早めに病院に行って、出来るだけ早く治す事も大事です。

予防も含めて、急なぎっくり腰を乗り切ってくださいね。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ