春は眠いしだるいのはなぜ?4つの対策で眠気も吹き飛ぶ理由

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

あぁー眠い、眠いZZZzzz(_ _ )

春はなぜ、こんなにも眠いし、だるいのでしょう?

新しい季節を迎えて、心を入れ替えて気分一新がんばろうと誓った人も多いと思います。

ところが、「春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)」と昔からことわざがありますが、とにかく春は眠い季節なんです。

陽気に包まれて、心地よくうとうと。。。

一般的に春は眠くなる傾向にはありますが、ひどすぎる眠気はちょっと問題があるようです。

えっ!?また、また病気の可能性があるの(゚д゚)!

今回は、「春は眠いしだるい」原因にスポットを当てて、シャキッとするために4つの対策をお伝えします。

更新:2017-02-26

 

ザッ君 なぜ春は眠い?だるい原因は?

 

自律神経の乱れ

春は、日や朝晩気温の変化が激しいので、身体の体温調整や代謝を行なっている、自律神経が乱れて眠くなったり、身体がだるくなったりします。

さらに環境の変化に身体がついていけなくなると、ストレスも溜まって悪循環を起こしますね。

これは自然の流れなので、身体が慣れるまで待つしかありません。

また、自律神経の働きを整える対策も必要となります。後ほど対策をお伝えしますので、参考にしてみてくださいねm(__)m

 

肝臓の疲れ

春になると、肝臓が活発に働きだします。また、冬の間に溜まった老廃物の消毒など、大変忙しいのです。

現代人は、老廃物の排出が下手になっていますからね。

これで、春は肝臓はヘトヘトです。

肝臓が疲れると、目に現れるんですよ。

目がしょぼしょぼして昼間に睡魔が襲ってきたり、夜は熟睡出来ないで睡眠不足になったりと、これも悪循環を起こしますね。

これは、肝臓を労わる対策が必要となります。ハイ、こちらも対策でお伝えしますので参考にしてくださいねm(__)m

春に眠くなったりだるい原因を総括すると・・・

  • 温暖差で体がストレスを感じている
  • 低血圧の影響が出ている
  • メラトニン分泌が冬パターンをひきずって眠気を誘発している

このように、寒い季節からポカポカ温かい季節に移っていく間に、あなたの身体がついていってないことの原因が多いようですね。

それでは、この眠気やだるさを吹き飛ばす対策を見ていきましょう^^


スポンサードリンク

 

ザッ君 眠気もだるさも吹き飛ぶ4つの対策

 

【1】生活リズムを正す!

春は眠いしだるい!

身体がだるかったりして、なかなかリズムを戻すのが大変でしょうが、ここは一踏ん張りと頑張ってやってください。

食事や寝たり起きたりする時間も、出来るだけ決めるようにしてください。

ダラダラとしてしまうと、自律神経の働きが悪いままです。

 

朝はきちんと起きて、思いっきり太陽の光を浴びましょう!

 

人の身体は体内時計というものがあります。細胞1つ1つが24時間の時を刻んでいます。

実は1日は24時間ですが、体内時計は24.5時間なんです。

このズレを調整するのが朝の太陽の光です。日光を浴びることで体内時計のズレをリセットしてくれます。

つまり、朝の太陽の光を浴びないとドンドンずれて行きますよ。

 

【2】運動をする!

朝起きてストレッチやウォーキングなど、軽く身体を動かす事によって、自律神経の働きを整える効果が有ります。

夜も湯船に浸かって身体を温め、熟睡出来る環境を作ってから寝ましょう。

また、寝る前の軽いストレッチも効果は有りますよ。

だるい身体がシャキッとするので、気分もリフレッシュされます。

ただ、運動をやり過ぎて疲れが出ない様にだけ、気を付けてくださいね^^;

 

【3】リラックスする!

どうしてもだるさからイライラしてしまいますが、交感神経を落ち着かせる為にもリラックスは必要です。

話したい相手を見つけて楽しい時間を作ったり、趣味に没頭してリラックスタイムを作ってください。

気持ちもリフレッシュされると、交感神経も落ち着いてきて、自律神経も整います。

ストレスの元にもなりますので、自分に合ったリラックスタイムを見つけてくださいね。

★寝る前は1日中でもっともリラックスできる時間帯です。快眠を得る為には就寝前のお風呂の入浴の仕方が大切になります。

熱い42℃ お風呂の温度 ぬるい38℃
10分以内 入浴時間 30分
食欲の抑制 効果 不眠症・ストレス・食欲不振の解消
活動的 気分 リラックス
急に上昇 血圧 ゆっくり低下
活発 脈拍 ゆるやか
交感神経が動く 自律神経 副交感神経が働く

管理人のリラックスにはコレです。

【作業用BGM・勉強用BGM】リラックスピアノ曲集 1時間~Relaxing piano music~

 

【4】食事!

朝に卵を食べると、肝臓の働きを良くしてくれます。

また、朝起きれない方には濃い目の緑茶、イライラが多い方はウコン茶を飲むのも良いようですね。

楽天広告

さらに、普段の食事に酸っぱい物を食べる事も、肝臓には良いです。

梅干、ヨーグルト、レモン、グレープフルーツなどが有ります。

料理に上手く取り入れて、肝臓の働きを手助けしてやってくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

春先の眠い時期は、誰でもキツイですよね。

身体もだるいので、仕事や勉強に集中出来ません。

季節の変わり目は体調を崩しがちです。

特に春や秋に体調を崩すひとが多いのは、身体の切り替えがスムーズにいけてないからです。

日頃からウォーキングやハイキングなどの運動をしたり、体を鍛えることも効果的です。

交感神経を刺激してシャキッとした体にするには、肉や塩やコーヒーを多い目に摂るのも良いでしょう。

今回の対策を参考に、身体をシャキッとさせてください。

そして、気持ちの良い春をおくってくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ