節分!豆まきの作法や子供にどや顔するための10の豆知識

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

2月の行事と言えば、「 節分 」ですよね。

『鬼は外、福は内』と豆をまいて、無病息災を願います。

鬼のお面をかぶって鬼役をがんばるお父さんも多いことでしょう。

この昔から伝わる節分の行事ですが、豆1つとっても色々と雑学があります。

たとえば、 どうして年齢より1つ多く豆を食べるの?

豆のまき方も正しい方法があって、ほとんどの方が間違えた巻き方をしていそうです。ぜひ、確認してみてくださいね。

といったことで、恒例となっています『 面白い雑学ブログ2月編は節分 』に関しての豆知識をお伝えします。

今回はぜひ子供に正しい知識を教えてあげて、どや顔をしてください^^

更新:2017-02-26

 

節分の豆知識

 

えッ!?節分は1年に4回!?

2月3日だけじゃなかったの( ゚Д゚)

現在、節分といえば2月3日ですが、 実は節分は1年に4回あります。

というのも、節分とは季節の分け目のこと。四季という通り、1年には4つの季節がありますから、節分も4回ありますよ。

それぞれの節分は、 立春 立夏 立秋 立冬 、このうち立春が2月3日の節分です。

では、なぜ2月3日の立春だけ、こんなに特別扱いされるのか。不思議だと思いませんか?

それは 立春は旧暦のお正月だから!

そのため、日本では昔から節分の中でも、特に立春を特別な節分として扱うようになったのです。

 

節分の豆知識【豆編】

 

【1】どうして節分の豆は年齢より1つ多く食べるのでしょう?

節分・豆まき

節分には鬼を追い払うために「豆まき」をします。厄除けの力があると言われていますが、豆まきを巻くだけでなく豆も食べますよね。

自分の年齢より1つ足して豆を食べると良いとされていますが、なぜか知っていますか?

実は昔の旧暦では、節分は大晦日でした。つまり翌日は正月の立春だったのです。

そこで、 新しい年がどうか幸せでありますように」と1つ豆を足して願ったのです。


スポンサードリンク

 

【2】豆まきの正しい方法を知っていますか?

まず部屋の窓は全部あらかじめ開けておきます。そして、親が一部屋ずつ豆を巻きます。

その後に子供は追い払った鬼が窓から入ってこないように、すぐに窓を閉めます。

豆の巻き方も正しい方法がありますよ!

ただ、「鬼は外、福は内」と言えば良いわけではありません。

野球のキャッチボールをするように、上から豆を巻くのはタブーです。

豆を掴んだ手のひらを上にして、種を巻くように豆を巻くのが正しい方法です。この機会に覚えておいてくださいね。

ぜひ、今年の節分の豆まきはご家族そろってこの方法でやって厄払いをしましょう^^

ちなみにですが、毎年テレビで有名な神社に芸能人が呼ばれて豆を巻いていますが、あの豆まきは間違いですよ^^;

遠くへ投げようと上から強くその年の年男が投げていますが、貧乏神がつくと言われる投げ方と言われています。

 

【3】この機会に本来の豆まきの作法を押さえましょう!

節分の豆まきというと、鬼に扮したお父さんに向けて豆を投げつける、というのが一般的なイメージですが、これは現代風にアレンジされた豆まきのやり方。

本来、鬼は目に見えるものではないので、鬼役は必要ありません。

子供が喜ぶからお父さんが鬼のお面を被っているだけなのですね。

管理人は、おじいちゃんに向けて「鬼は外~」とやっていました。大人になった今は分かります。豆ってけっこう痛い……

おじいちゃん、思いっきり投げつけてごめんね(;_;)

昔ながらの豆まきの方法はこちら。

 

  1. 奥の部屋から順番に、鬼門の方角の窓を開け、窓に向かって「鬼は外!」と豆をまく。
  2. 窓を閉めて、今度は部屋の中に向かって「福は内!」
  3. 全ての部屋を終えたら、最後に玄関を開け外に向かって「鬼は外!」

地域によって色々な豆まきの方法があるので、お住いの豆まきの方法を調べてみてください。

 

【4】豆まきは豆ではなく、ピーナッツでも良いの?

豆は前日までに神棚にお供えするのが、正式な方法です。

節分の当日の夕方までに、豆を煎って、夜になると窓を全部開けて豆をまいて行きます。

豆を巻くのは魔除けの信仰からですが、「豆」と「魔目(まめ)」の語呂合わせです。

つまり、魔の目を鬼の目に繋げているのです。

また、鬼を滅ぼすことから、「魔滅(まめ)」に通じると言われています。

最近は大豆よりもピーナッツを利用されるご家庭も多いようですが、豆には変わりはないので良しとされています。

その場合は、年の数より1つ多い目にやはり食べるのでしょうか?管理人の場合は鼻血が出てしまいそうです^^;


スポンサードリンク

 

【5】大豆ではなく落花生をまく!?

節分の豆まきといえば大豆が一般的ですが、地域によっては落花生をまくそうです。

北海道や東北、信越などの一部の地域が落花生派!

共通点は、雪がよく降る地域ですね。

落花生をまくのは、床に落ちても殻がついているから衛生的!というのと、もう一つ、雪の上で発見しやすいからだそうです。

うん?ということは、外で豆まきをするのか、それとも窓や玄関から巻いた落花生を拾うということ?

でも、床に落ちても~の理由はよく分かりますね。

管理人、子供の頃は床に落ちた大豆を平気で食べていましたが、大人になった今は少し抵抗があります。

近所の保育園でも、最近は裸の大豆ではなく、小袋に入った大豆をまいています。大豆ではなく殻を剥いて食べる落花生、これはいいアイデアですね。

 

節分の豆知識【鬼編】

 

【1】どうして鬼は虎のパンツを履いているの?

子供は大人が想像もしないことに気がつきますし、質問をしてきますよね。

お父さん、お母さん、「鬼はどうして虎のパンツを履いているの?」

子供に正しく教えることが出来ますか?

適当なことを言っては、将来のあなたのお孫さんまで伝わっていきますよ。

まず、「鬼は外、福は内」と言うかから説明していきましょう。

鬼のパンツ

昔は今と違って、病気や災害や食糧がなくなる飢饉が数多くありました。つまり災難が多かったのですが、それらをまとめて「鬼」と言っていました。

鬼(災難)は家の中に入ってきて欲しくないですよね。

だから、『鬼は外』なんですよ。

鬼がいるのは鬼門の方角で北東です。

北東は昔は「丑寅」と言ってました。

その場所にいる鬼はウシのような角があって「トラ柄のパンツを履いている」とされていたのです。

嘘のようなお話ですが、このように伝えられています。

 

【2】ところで、鬼のパンツは良いパンツなんでしょうか?

これは想像ですが、「鬼のパンツはいいパンツ、つよいぞ×2♪」とあるので、まず良いパンツなんでしょう。

その後、「トラの毛皮でできている、つよいぞ×2♪」と続くので、毛皮ですから強いことは間違いなさそうです。しかもトラですからね。強そうです。

さらに、5年はいても、10年はいてもと続くので、かなり丈夫であると思われますね。

ただ、皮のパンツですから、手入れが大変ですし色落ちもすることから、洗濯はできないですね。

そんなことからか、替え歌で「鬼のパンツは強いけどくさいぞ〜♪」ってのがあるのでしょう^^

上手に子供にわかりやすく伝えて下さいね^^


スポンサードリンク

 

節分の豆知識【恵方巻き編】

 

【1】恵方巻きを食べてどうして無病息災の祈願なの?

年々、恵方巻きを節分に食べる風習が全国に広まってますね。

恵方巻きを食べる風習は昔は全国ではありませんでした。

ブームを作ったのはコンビニエンスストアー大手のセブン-イレブンです。

恵方巻きは、太巻きのことですが節分にその年の幸運とされる方向に向かって丸かじりすると「無病息災の祈願」になると言われています。

歳徳神がいる方角が恵方と言われています。

ちなみに毎年恵方は変わります。

今年の恵方は!恵方巻きの方角10年分一覧などの記事をご覧ください。

 

【2】節分に鰯の頭!?鬼が逃げるって本当?

最近では恵方巻軍の勢いがすさまじいですが、管理人が子供の頃は恵方巻なんて習慣は管理人が住んでいる地域には全くなく、鰯の頭を門に飾るという方がメジャーでした。

最近では、あまり見かけません。

昔から、節分には焼いた鰯の頭(胴体は切り離して)を柊にさして、門や玄関に飾っていました。

これは、鬼が鰯の匂いが嫌いだから。鬼が逃げていくというわけです。

そういえば、吸血鬼はニンニクが苦手です。

強い匂いは魔除けになるのですね。

ただ、反対に鬼は鰯の匂いが大好きという説もあります。

ということは、鰯の頭を飾ると鬼がやってきてしまうということ( ゚Д゚)?

この説によると、鰯の匂いで鬼をおびき寄せ、のこのこやってきたところを鬼の目を狙って柊の棘をぶすりと……という、少し物騒な鬼退治です。

管理人、鬼と戦う勇気はないので、できれば近くの鬼は鰯嫌いの鬼がいいなと思います。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

今回は節分の雑学にスポットを当ててご紹介しました。

何気なく毎年行ってきた、節分の行事ですが豆まきの方法にも正しい方法があったんですね。

今年も鬼はお父さん方が多いと思いますが、子供には一生の思い出になる行事です。

正しい由縁を伝えながら一緒に節分を楽しみましょう。そして、無病息災を願いましょう。

最後に豆つながりでいえば、15代将軍徳川慶喜は黒豆を1日100粒食べることを日課にしていたそうです。

100粒はすごいですね。

徳川慶喜は生涯で21人の子どもをもうけ、さらに平均寿命50年の時代に77歳の長寿をまっとうしました。

この、子だくさんと長寿は黒豆のおかげかも!?

黒豆には、レシチンという脳の記憶物質の材料となる成分が含まれているため、徳川慶喜は毎日黒豆を食べることで脳の老化を防ぐことができたのではといわれています。

節分に黒豆はぴんときませんが、我が家では節分の頃になってもお節の黒豆が残っていることですし、黒豆で節分もいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ