足が痙攣!止まらない原因は病気?ピクピクの対処方法

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

ピクピクと意識に反して痙攣を起こすことありませんか?

管理人も目の下やまぶたがたまに無意識に動くことがあります。人と話している時は辛い症状ですよね。

また、朝方に足が痙攣してつることがあります。とにかく叫ぶほどの激痛でしばらく歩くのも困難ですよね。

幸いしばらくしたら痙攣は止まるのですが、もし止まらない時は病気の可能性もあるのでしょうか?その時の対処方法は?

今回は、意識に反して動くピクピクした痙攣や引きつりについてシェアしてみたいと思います。

更新:2017-02-26

 

足の痙攣とは?

身体の筋肉がいきなり収縮したりして、自分の意思と関係なく勝手に動いている状態、これが『痙攣』ですよね。

勝手に動くと聞くと、怖いようですが、しばらくしたら治るものがほとんどなので、まずは落ち着きましょう。

と言っても、足が強く収縮した状態の、いわゆる「つった状態」はかなりの痛みが出ますから思わず悲鳴を出してしまいます^^;

足の痙攣の原因ですが、過酷な運動による筋肉の疲労が多いですね。

筋肉に命令を送っている、カルシウムやマグネシウムなどのバランスが、疲労などによって崩れて、急に収縮が始まって痙攣が起こるのです。

また、ストレスによって自律神経が乱れて、ピクピクと動く場合もあります。

ストレスを発散させるか、原因を突き止めてなくす様にしましょう。

 

ピクピク痙攣を起こす症状の目安

  1. 軽度・・・ピクピクと痙攣したり引きつりを起こす
  2. 数秒〜長くても十秒程度の痙攣や引きつりで自然に治ることが多いです。

  3. 中度・・・軽度よりも激しいピクピクとした痙攣や引きつりを起こします
  4. 意識に反して無意識に連続的にピクピクや引きつりを起こします。ストレスや運動などで肉体疲労が強い場合に多い症状です。

  5. 重度・・・止めれない激しいピクピクとした痙攣や引きつりを起こします
  6. 意識しても止めれない痙攣や引きつりが時間にして数十分から、ひどいと数時間起こる症状です。

    重度の症状は必ず、何だかの病気の可能性がありますので、『脳神経外科』に行って適切な治療を受けてください。

ピクピクと目や顔に引きつりや痙攣を起こすケースは、うつ病や自律神経失調症の症状の方に多く見られる症状です。この場合も、無理をせずに脳神経外科で必ず検査をしてください。

 

足の痙攣で可能性のある病気

痙攣が止まらない場合は、次の病気が考えられます。

 

てんかん

脳の神経細胞に電気的な興奮が急に発生し、けいれんや硬直などの発作が出ます。

てんかんの原因は先天性のものもありますが、何らかで脳に障害や傷が起きた場合も発症します。

解明はまだまだされてませんが、早めに病院で相談を受けてくださいね。


スポンサードリンク

 

ウィルス性脳炎

ウィルス感染により、脳や脊髄に入り込むことによって発症します。

ウィルス性脳炎の主な病気は「日本脳炎」や「インフルエンザ脳炎」等があります。

普通の風邪に似ていて、高熱、痙攣、嘔吐と現れて行きます。

重症化してしまうと、呼吸困難から死亡の可能性も高まり、脳にダメージを受けてしまうと障害まで出てしまいます。

気が付いたら、早めに病院で治療を受けてくださいね。

 

 

破傷風

傷口から破傷風菌が侵入すると、開口障害や痙攣が発症します。

重症化してしまうと、致命傷にもなりますので、放置は絶対にしないでください。

今では予防ワクチンがあるため患者は減りましたが、発症すると治療が難しいので、早めに病院に行って診て貰ってください。

免疫力が低下すると発症しやすくなるので、バランスの摂れた食事や運動をしておいてくださいね。

 

足が痙攣でつった時の対処方法はコレ!

痙攣によって足がつった場合は、まずは動かないで!!

ゆっくりと、楽な体勢を保つ様にしてください。

ポイントは、筋肉が収縮しているので、痛く無い程度にゆっくりと伸ばすようにしましょう。

だんだん痛みや痙攣がなくなってくるはずです。

その後は、膝の下にクッション等を入れて、膝を少し曲げた状態を保つと再発がしにくくなりますので、もし突然と足がつった時は思い出してみてください。

寝ているときになった場合は、水分不足もありますので、水を一杯飲んでからやってみてくださいね。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

足がつった時の様に筋肉の収縮だけなら安心ですが、病気の可能性もあります。

痙攣が止まらない様でしたら、早めに病院に行って診て貰ってください。

バランスの摂れた食事など、免疫力を高める事も重要です。

ストレス過多を防ぐ食材は、「しその葉」や「しょうが」が良いと言われていますよ。

漢方薬でもよく処方されていて、抗ストレス薬として利用されています。

しそやしょうがの香味成分が脳の血流を良くする効果があります。

しっかりと予防をして、健康な身体を保ってくださいね!


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ