目の周りが赤い!で、痒い!季節別に原因と対策をまとめた。

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

目の周りが赤いと恥ずかしいですよね。赤パンダなんて言われることがあります。

花粉症の季節になると特に目の周りが真っ赤かになって、目をショボショボ痒そうにしている方が多いです。

パンダって可愛いですが、本人にとっては辛い辛い症状なんです。

花粉症の季節でなくても、目の周りが赤く痒くなることありますよね。

今回は、季節別に目の周りが赤くなる原因と対処を調査しました。

「目は口ほどに物を言う」とも言われます。女性の方なら特に目の周りの瞳は大事なポイントですからね。参考にしてみてください。

更新:2017-02-26

 

【春】目の周りが赤い!痒い原因は?

春に目の周りが赤くなって痒くなるのは、多くの原因が「花粉」と「乾燥」です。

目が血走って涙が出る状態でしたら、花粉によるアレルギーの可能性が高いですね。

花粉症と言えば、2月〜4月はスギ花粉やヒノキ花粉が有名ですね。ちなみに、この花粉は樹木の花粉です。

花粉症の症状は、とっても痒いですよね。管理人はその気持ちが良くわかります。目をシャワーで直接洗いたくなります。

目が痒い

また、4月の始めの頃でしたら、まだまだ空気は乾燥しています。

目の周りは皮膚が薄いので、水分不足から敏感になり、痒みや赤くなったりもします。

アレルギーと合わさると、痒みは酷くなる一方です。

5月や6月には植物の花粉、カモガヤ花粉で目の周りが赤くなって痒いと悩む方が多いです。

  • 春の目の痒み対策は保湿や保水です。

さらに肌を大事にしながら、スキンケアも大事ですよ。普段からの手入れはマメにしておく方がいいですね。

花粉対策は、酷いようでしたら病院の薬で抑えましょう。軽い場合は、季節が過ぎたら治まるので、市販の薬やケアだけで十分いけますよ。

 

花粉症の薬の種類

花粉症の薬には、「内服薬」と「点鼻薬」と「点眼薬」の3つあります。

読んで字のごとくなんですが、内服薬はカプセル剤や粉薬といった飲み薬ですね。

それぞれ症状に合わせて使うのが大事なポイントです。

その中でも、次の部類に分かれています。

 

抗ヒスタミン薬

「第1世代」と呼ばれる薬です。

昔からある薬で、症状が出てからも即効効果は十分有りますが、眠気等の副作用も出ます。

今でも、効果は1番有りますので、鼻水、目のかゆみなどが酷い場合は、こちらを使ってくださいね。

 

抗アレルギー薬

「第2世代」と呼ばれる薬です。

第1世代よりも、効果は少ないですが、副作用はグッと減って、シーズン中はいつでも飲み続けれる所がメリットです。

軽い症状であれば、こちらの方が良いでしょう。

 

ステロイド

主に点眼、点鼻薬に使われています。

内服薬よりも強力な効果が有るので、目や鼻の炎症が酷い方はこちらを使ってください。

ただ、副作用も一番有り、ずっと使い続ける事は止めておいてくださいね。

 

花粉症 薬のランキングBEST5

  1. ジルテック

    効きの強さは一番有ります。

    寝る前に一回飲めば、1日中効いているので、持続性も一番です。

    その副作用として、眠気も一番有るのがちょっと難点。

    仕事や車等の運転には支障が出ますので、休日家でじっとしている時意外は使い難い薬ですね

  2. アレグラ

    花粉症の薬と言ったら、超定番のアレグラ有名ですよね。

    抗ヒスタミン薬なので、眠気などの副作用もほとんど有りません。なので、多くの医師も服用しています。

    病院で処方される成分と同じ「アレグラFX」が市販薬で手に入ります。

    第一類医薬品なので、薬剤師がいない薬局やドラックストアでは販売してもらえませんので注意してくださいね。

    アレグラは予防薬ですが、目の痒みや、鼻詰まり、鼻水と幅広く効果を発揮するので症状が現れてからでも十分効き目があります。

    仕事も全く問題無く出来る所が良いですよね。

    楽天広告

  3. パブロン鼻炎カプセルS

    第2世代ではダントツ人気のある薬です。

    効果も一番ありますが、眠気が結構有ります。

    第1世代に近い副作用ですね。

    これで効かなかったら、病院の処方薬と言うぐらい良い薬ですよ。

  4. ザイザル

    持続性も効果も抜群に有ります。

    もちろん、その分眠気の副作用は多く出ます。

    主に鼻炎に良く効くので、鼻水等が酷い場合はコレを使ってくださいね。

  5. アレジオン

    効果も副作用も中間的にある薬です。

    少し症状がある場合や、副作用を減らしたい方にはお奨めです。

    「第2世代」のアレグラと効果も似ているので、人気は高いですね。

    セコイ話ですが、アレグラは1日2錠、アレジオンは1日1錠なので、こちらの方がお得では?

 

【夏】目の周りが赤い!痒い原因は?

夏はじっとしているだけで、老廃物や皮脂等も混ざった汗が出てしまいます。

これが毛穴に詰まったりして、雑菌を繁殖させて痒み等が出るのです。

また、日焼けで皮膚が弱くなったり、多湿や高温が原因でどんどん症状が悪化します。

夏が嫌いな方はこれが有るからかもしれませんね。


スポンサードリンク

  • 夏の目の痒み対策は汗をマメに拭いたりして、清潔を保ってください。

洗顔も、他の季節よりは多い目でも構いません。

でも、力は入れ過ぎると、皮膚を傷つけるので、優しくしましょう。

日焼け対策もきちんとして、肌に刺激を与えないようすれば大丈夫ですよ。

 

【秋】目の周りが赤い!痒い原因は?

秋は気温的にも気持ちの良い季節ですね。

でも、肌のトラブルが最も多い時期でもあるのです。

秋の始めは暑いので、まだ日焼けや汗の対策が必要です。

  • そこに花粉症が合わされば、症状が酷くなってしまいす。

気温も下って来る頃には、血行不良や肌の乾燥も出て来ます。

温度差が激しい時は自律神経も狂って、肌のトラブルは止みません。肌の弱い方は、大嫌いな季節ですね。

 

  • 秋の目の痒み対策は前半は夏と一緒で、花粉症は早めに病院等の薬で抑えます。
  • 後半は冬支度として、乾燥や低温にならない様に、前もってクリーム等で予防してください。

 

早めの対策が一番効果が有りますよ!

 

【冬】目の周りが赤い!痒い原因は?

冬は何よりも乾燥と低温に気をつけてください。

痒みも良く出る季節なので、かくと肌の組織が壊れたり、血行も悪くなるので、どんどん悪化してしまいます。

  • 冬の目の痒み対策は保湿クリームやスキンケアです。

洗顔も刺激が強いので、夏の半分で十分です。肌の潤いを十分に与えて、肌を守ってくださいね!

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

普段からのスキンケアやバランスの摂れた食事で、肌は強くなります。

元々肌が弱い方は、これを強化しないと、いつまで経っても治りません。

あれ肌には血行を良くすることです。肌は内蔵の鏡と言われますからね。

  • インゲン
  • レンコン
  • ヨーグルト
  • ハト麦

これらを意識的に摂取すると良いですよ。

肌が強くなれば、季節が変わっても何も悩まなくて済むのです。

アレルギー等は、薬で抑えるしかありませんので、前もってしっかり飲んだり塗ったりしてくださいね。

身体そのものを強くして、痒みの無い肌を作りましょう!


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ