寒い季節になると、車のフロントガラスが凍ることがありますよね。

スノボーやスキーを滑りにゲレンデに行って、帰ろうとしたらバリバリにフロントガラスが凍ることは良くあることです。

そんな状態の時はどうすればよいか?

それは、お湯が一番でしょう!って管理人は先程まで何の疑いもなく思っていました。もしその状態に遭遇すればお湯をかけていたと思います。

ところが、(゚д゚)!

車のフロントガラスが凍ったときにお湯は厳禁だったようです。

今回は、寒い時期や極寒の場所で凍ってしまう車のフロントガラスの対策についてお伝えしたいことがありますので、確認してみてください。

スポンサードリンク

凍った車のフロントガラスの対策は?

寝坊をした時に限って、朝ガレージの車を見たら、フロントガラスがバリバリに凍ってるんですよね。

ワイパーなんて動かしたら、フロントガラスに傷が入りますよね。エンジンをかけてフロントガラスを温めてもなかなかとけてくれません。。。

そんなことをしていたら、会社に遅刻してしまいます。

管理人はそんな状態の時、即効にお湯を沸かして凍ったフロントガラスにザバッとお湯をかけます。そしてワイパーをキュッキュっと動かせば一気に取れます。

  • えっ!?凍ったガラスにお湯をかけると危険?

パッと思い浮かぶのが「お湯」でしょう。

勢い良くお湯をかけると・・・

「ビシッと割れてしまった」ってことに、なりかねないようです。

車のガラスは、割れても飛び散らない様に、何重かになっている構造をしているのはご存知だと思います。

コチラの動画がフロントガラスがどのように飛び散らずに割れるかよくわかると思います。それにしても音でフロントガラスって割れるんですね。これが飛び散っていたら・・・