唇の荒れの原因は胃腸がヤバイ!一体どうなってしまうの!?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

唇の荒れる症状ですが、寒さや乾燥だけの原因と思ったら大間違いですよ!

寒くなると唇が乾燥して、カサカサになったり、割れて血が出たりと、唇が荒れて来る方も多いでしょう。

実は、色々な病気等の信号が出ているということを知っていますか?

上唇の状態で胃、下唇の状態で腸と胃腸や内蔵の調子を見ることが出来ます。

つまり、胃腸や内蔵の調子が悪いと、唇に反映されて「ヤバイよ」と信号が出るようになっているのです。

では、今回は唇の荒れが出す信号にはどういったものがあるのか?放置しておくと一体どうなってしまうのか?見ていきましょう。

 

唇ってなぜあるの?

唇がぷっくり外に出ているのは人間だけって知っていますか?

唇の荒れ

猿もチンパンジーも唇は口の中にあって外には出ていません。そして唇があるのは哺乳類だけで他の動物にはないのです。

では、なぜ人間の唇は外に出ているのでしょう。

神様のみが知る所ではありますが、人間だけが唇が外に出ているのは、性的な魅力をアピールするためのようですね。

キスマークの付け方-コツで大事なのは綺麗な女性によると?

 

唇が荒れるのはこの癖も原因?

唇が荒れる原因ですが、元々皮脂膜が薄い所でも有りますので、水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい所だからです。

また、唇のターンオーバーも4日程度です。

でも、ただそれだけで荒れやすいという考えは間違っていますよ。

唇が余計荒れる原因として、「唇が乾燥してるから舐める」という方もいますが、この癖が原因の1つなんです。

唾液が乾く時に、唇の水分も一緒に取ってしまうからです。

リップクリームを付ける癖に変えた方が良いですね。

ただ、外部的な改善だけでは根本の原因は解消されていません。

唇は胃腸と繋がっているので、症状が出やすい所でも有るのです。

つまり、胃腸や内臓の調子が悪いと、唇に反映されて「信号」が出てくるようになるのです。

 

唇が出す信号はコレ


スポンサードリンク

 

綺麗な唇にする3つの方法

魅力的な唇になりたいですよね。ましてやカサカサの唇は嫌なものです。

どうすれば、綺麗は唇になれるのでしょう?

  • 水分補給
  • 1日1.5~2Lの水分を補給しましょう。

    体内の水分を一杯にして、唇の乾燥を防ぎましょうね。

  • ビタミンB2
  • ビタミンB2は、唇の粘膜を強くしてくれる作用があります。

    干し海苔、いくら、レバーなどの食品を摂り入れた食事をしてくださいね。

    また、ビタミンCと一緒に摂取すれば、効果は上がりますよ。

  • 唇パック
  • ワセリン、ハチミツを1:1で合わせた物を、唇に塗ってラップし、5~10分程置いてください。

    これを週2回程やり続けると、唇が綺麗なプルプルになります。

    簡単なケアなので、荒れが酷い方は試してみてくださいね。

 

唇が荒れると一体どうなってしまうの!?

唇が荒れる原因や、唇が出す信号をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

唇はとってもデリケートな部分ですが、カサカサな状態だと、、、。

  • 「老けて見られてしまう」傾向にあります。

女性であれば肉厚のあるぷっくり唇は憧れの1つですよね。

  1. 石原さとみ

  2. 武井壮

  3. 井川遥

女性が憧れる唇ランキングですが、唇を舐める癖があると、荒れて理想の唇は手に入らないですよ。

 たらこ唇を治す方法は、メイクが魅力的な芸能人を真似ること!

上下の唇を合わせて、「ブー」と言いながら振動させると唇の血行が良くなってピンク色の唇を取り戻せるらしいのでやってみてはいかがでしょう^^

 

管理人(ザッ君)より

今まで唇の状態を詳しく見なかった方は、これを機会に鏡で良く見て下さい。

隠された病気も有りますので、酷い方は病院で診て貰いましょう。

対応法や改善法も、ほとんど私生活や習慣によって誰でも出来ます。気をつける所を見つけて、上手く改善して行ってください。

そして、健康で綺麗なプルプル唇を保ってくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ