マイコプラズマ肺炎は薬を飲まなくても治る?魔法の食材とは

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

流行り始めたら止まらない「マイコプラズマ肺炎」です。

「マイコプラズマ」という菌が肺に入って発症しますが、そのまま咳やくしゃみで飛沫感染しますので、集団生活の場では一気に広がります。

だいたい4年周期で秋から冬に大流行するマイコプラズマ肺炎は、厄介な事に、免疫は出来無いので、何度もかかってしまいます。

症状もかかる度に酷くなったりする方もいるので、一度かかったからと言って安心は出来ません。

また、4週間ぐらい潜伏期間もありますの、気が付かない方も多いでしょう。全く厄介な病気ですよね~^^;

そんな「マイコプラズマ肺炎」の症状を調べてみましたので参考にしてみてください。また、病気にならないために免疫力を上げる魔法の力がある12種類の食材をご紹介します。

 

マイコプラズマ肺炎の発症確率!

マイコプラズマ肺炎は、肺炎の中でも症状は軽い方です。症状がほとんど出ない方も居るそうですよ。その分、ほかの病気よりはマシかもしれませんね。

マイコプラズマ肺炎は、感染したら必ず発症するわけではありません。

  • マイコプラズマ肺炎は3~10%が発症確立です。

しかし、マイコプラズマ肺炎にかかっていると気が付かないまま、咳をすると、周りにどんどんと、感染していきます。

あなたは症状が出なかったとしても、うつった方は症状が重く出る可能性があります。そう考えると本当に厄介な病気ですよね。。。

 

マイコプラズマ肺炎の症状のチェック!

一般の症状が「咳」・「くしゃみ」・「発熱」と、風邪に良く似ていて、自己判断で決めてしまうと、風邪と間違えやすくなります。

咳もしつこく長引いたり、熱も39度を超えたり、微熱になったりもします。

人によって症状が変わって来てますので、ただの風邪と間違えられやすいんですよね。

風邪とマイコプラズマ肺炎の違いとしてチェックすべき事は?

「初期症状は乾いた咳、治る頃にはしめった咳」になることです。

これだけです^^;

素人ではちょっと判断が難しいと思いますので、 病院で観て貰った方が確実です。でないと、ただの風邪と区別が本当につきません^^;

「普通の風邪とちょっとちがうなぁ・・・」と感じたら、病院で診てもらいましょう。

RSウィルスは赤ちゃん2歳迄に発症!なぜ大人も感染?症状は?

 

マイコプラズマ肺炎をそのまま放置すると!?

こんな病気になる!!

感染した25%の患者さんが、このような症状を引き起こしています。

  • 皮膚炎
  • 腎炎
  • 関節炎
  • 髄膜炎
  • 脳炎

その他、まだまだありあますよ(゚д゚)!

  • 喘息
  • リウマチ
  • 神経疾患

これはかなり難病の部類に入る病気ですね。


スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎自体は、大病では有りませんが、それが元で引き起こす病気が大病になるのです。

その為、副作用の強い抗生物質をの飲まないといけません。

また、これが効かない場合も多々あります。処方される薬は治すための物では無くて、症状を悪化させない物なので、効く場合はきちんと飲んで二次症状を防ぐ必要があります。

どこまで厄介な病気なんでしょうね。。。

マイコプラズマ肺炎は子供が発症しやすい病気ですが、大人が感染すると重症化する可能性があります。子供と大人の症状の違いはこちらの記事を参考にしてみてください。

→ マイコプラズマ肺炎の症状!熱はないなら大人は仕事に出勤?

→ マイコプラズマ肺炎-幼児や子供に薬は効かない?登園禁止!

 

免疫力を下げない!

マイコプラズマ肺炎から発症する可能性のある病気をたくさん並べましたが、めったに病気にならない方もいますよね。

病気に度々かかる人と、めったにかからない人の違いは何でしょう?

  • 「免疫力」の強さです。

病気菌が体に侵入や感染を阻止するポイントは免疫力を強くすることです。

健康な時というのは、食事・睡眠・運動の3つのバランスが取れている時です。でも暴飲暴食や睡眠不足や運動不足の生活を続けると、バランスが崩れて病気を寄せ付けてしまいます。

免疫力を上げる雑学

50年前の日本人と現在の日本人を比べると、免疫力が下がっているのを知っていますか?

免疫力がある人は、あらゆる病原体と対抗する力がある人です。免疫力を上げる為には、体温を上げて免疫細胞を活性化させれば良いのです。

しかし、50年前の日本人は平熱が36度8分あったのですが、現在はほとんどが35度台で、36度以上は少ないのです。

つまり、現代の日本人は体が冷えているのです。

ではどうやって体温を上げればよいか?

運動をすれば良い!と思う方も多いでしょうが、それよりも先にしなくてはいけないことがあります。

食生活の改善です!!

 

マイコプラズマ肺炎の予防!

マイコプラズマ肺炎に限らず、食生活の改善をすればあらゆる病気の予防になります。

1日3食、しっかり免疫力がアップする食材を取り入れていけば、病気になりにくい体を手に入れることが出来ますよ。

それでは、免疫力を上げる12の魔法の食材をご紹介します。

免疫力を上げる食材

  • トマト
  • 大根
  • キャベツト
  • 人参
  • セロリ
  • 生姜
  • 玉ねぎ
  • 海藻類
  • きのこ類
  • にんにく
  • りんご
  • ゴマ

この12の食材には、「快食」・「快眠」・「快便」・「新陳代謝の活性」・「利尿作用」と免疫力をぐんぐんアップさせるいいことずくめの食材と言われています。

どれもお馴染みの食材ですが、意識して取り入れることで、免疫力があがって、病気になりにくい体になりますので、心がけて摂取して見て下さいね^^

 

管理人(ザッ君)より

マイコプラズマ肺炎は時間はかかりますが、自然治癒でも治ります。

脱水症状にならない様に十分な水分と睡眠を取って安静にしていてください。また、栄養のある食事を取り、薬が効く場合はきちんと飲んでください。

薬が効くと、大分身体も楽になるので、寝やすくもなります。特にしつこい咳は止めたいですからね。

 百日咳の症状!大人がうつると仕事は休むべきか!?

後は飛沫感染しないようにマスク等で防いでください。会社も、おそらく休まないといけないと思いますので、家でゆっくり療養しましょう。

そして、早く元気になって健康な身体を味わってくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ