かかとの痛み!ツボ押しに癒される女性が急増中の謎とは?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

かかとが痛いと、歩く事も辛いですが、良く分らず「とりあえずかかとを揉んどこう」と闇雲に揉んだりしても効果はありませんよ^^;

原因に合わした揉み方やツボを押す事によって改善されます。

女性に多いかかとの痛みや悩みを解消してくれるのが「足ツボマッサージ」と言うことで専門店には、女性客が急増中で人気店は予約待ちだそうです。

きっと悩みも一緒に解消して、癒されるのでしょうね^^

女性客が増えると街のいたるところに足ツボマッサージが増えましたが、日本よりも台湾やバンコクと外国の方が安いので、ツアーパックも人気のようです。

管理人もマッサージへ定期的に行きますが、ポイントを押さえたマッサージ等は本当に気持ち良いですし、親身になってくれるので心も癒やされますからね。

今回は、そんなツボ押しやマッサージを、自分で自宅で簡単に出来る方法をお教えします!

 

足のツボのマッサージは、コツさえ掴めば誰でも出来る!

足の裏は第2の心臓と言われることを、あなたも聞いたことがあると思いますが、女性特有のホルモンに関係するツボも足の裏にあります。

足のツボのマッサージは、コツさえ掴めば誰でも出来るのでやってみてくださいね。

時間にして、5分から10分程度マッサージをしてあげることで、全身マッサージを受けたような爽快感が味わえると言われています。

  • 妊娠中の方は、足ツボをマッサージしてはいけません!?

妊娠中は足ツボのマッサージは良くないと言われることが多いので、マッサージ店や専門の方に相談して行いましょう。

足ツボマッサージ店でも、足ツボは体の全体の状態を良くすると言うことで、妊娠中でも通常通りマッサージするところもありますし、その逆で、刺激が強すぎて悪い影響を与える可能性があるということで、マッサージをお断りするお店もあるようです。

さて、今回は女性特有の悩みに効く足ツボやマッサージの方法をお伝えしますが、今、かかとが痛くて、歩く事も辛いと言う方はもしかしたら、注意が必要です。

  • 「足底筋膜炎」かもしれませんよ。

足底筋膜炎の原因を特定するには、まず①整形外科のある病院で症状を特定して、整骨院や整体またはカイロプラクティックに行くことをオススメします。

特に足底腱膜炎は女性に多い症状ですので、動いた1歩目が痛い場合はコチラの記事で詳しく書いています。

足底腱膜炎の場合、ご自分で足の裏をマッサージすることはNG行為です!

【足底腱膜炎の記事内容】

  • 足底腱膜炎って何?
  • もう、痛いのは嫌だ!どうやったらならないの?治し方は?何でなるの?
  • 足底腱膜炎の治し方は?
  • おっと!これはやってはいけないNG治療

 足のかかとが痛い!骨にヒビが原因?病院は何科にすべき?

 

女性特有の悩みはこのツボで治る!

女性の一番悩みは、「冷え性」で特に、足が冷える方が多いようですね。

約8割近い女性の方が、特に冬の時期になると自分は冷え性だと感じているようです。

冷え性になると約9割強が寝不足を感じるようになります。

  • 無気力になる・・・81%
  • 朝起きられない・・・83%
  • 冷え性の悩みを解決するツボは「至陰(しいん)」です!

場所は足の小指の外側で、爪の根元から1~2mm下で、ぐっと押して痛みが出たら、その場所で間違いありません。

押し方として、両足の小指全部を両手でゆっくり揉みほぐしてください。

そして、5分〜10分ぐらいゆっくりと、人差し指と親指でツボの左右から挟むようにして揉んでください。

痛みがある内は、まだ解消されていませんので、痛みがなくなるまで毎日続けてくださいね。

冷え性対策に、ネックウォーマーやひざ掛けを利用する方が多いのですが、養命酒製造株式会社の調査に面白いデータがあったのでご紹介します。

「抱き枕」になって、寒い夜、就寝前の冷えきった手足も心も温めて欲しいと思う男性タレント(自由回答形式より)

  1. 向井理・・・10.0%

  2. 福山雅治・・・9.2%

  3. 木村拓哉・・・3.5%

  4. 櫻井翔・・・2.0%

  5. 松本潤・・・2.0%

引用:養命酒調べ

楽天広告

 

便秘でイライラする一日を送ってる女性は多いですね。

20代〜30代の女性の約7割は便秘で悩んでいるという結果もあり、お腹がぽっこり出るのも嫌なものですよね。

  • 便秘の悩みを解決するツボは「厲兌(れいだ)」です!

便秘は肌荒れ、くすみを起すので良い事は何もありませんし、その為にイライラも併発する原因になります。

厲兌の場所は、足の人差し指の爪の横で、中指側にあります。

押し方は、人差し指と親指で、15回ほどつまみ上げるように、ツボを左右から押します。

特に痛いところを強めに押すことを、毎日続けていくと、だんだん胃腸の働きが良くなって、便秘が治っていきますよ。


スポンサードリンク

 

女性だけの悩みで言えば、一番は生理痛でしょう。

  • 生理痛の悩みを解決は反射区の「生殖腺」です!

生理痛は痛くて起き上がれなかったり、家から出たくなくなったりしますし、それが原因で体調の悪化も起こります。

生理痛が酷い場合はかかと全体の「生殖腺」と呼ばれる反射区を揉んであげてください。

ツボとは違いますので、広い範囲で揉みほぐしてください。

ほぐし方は、右足なら左手で足首を持って、右手の腹や親指などを使って刺激を与えましょう。

特にかかとが硬くてカサカサしてる場合は、子宮が悪いので念を入れてケアしてあげてくださいね。

ツボなら、湧泉(ゆうせん)と言われる足の裏の真ん中のちょっと上側をキュと押しながらマッサージすることで、自律神経を整えて、生理痛を緩和してくれます。

 

女性の体質上、勝手に脚がむくんできます。

脚のむくみは解消したい悩みと思われる方も多いのではないでしょうか?

履けてたズボンが履けなくなったり、美脚に憧れる女性にはむくみは天敵ですよね。

 理想の太もものサイズはコレ!

  • 脚のむくみを解決するツボは「足心(そくしん)」です!

特にヒールを履き続けると、足はむくみやすいです。

足心のツボ

このむくみを取るには、賢臓の働きを良くして水分を排出するのが一番です。

その働きを良くしてくれるツボが足心と言われるツボですが、場所は足の裏の、人差し指とかかとを結んだ真ん中です。

押し方は、足の甲を親指以外で支え、残った親指の腹で5分ぐらい強弱をつけながら押してください。

痛みは少ないので、気持ちよくマッサージ出来るでしょう。

 

管理人(ザッ君)より

足ツボマッサージ専門店の方にやってもらうのが一番良いですが、自分でも十分出来ます。

良く分らない方は、一度専門店に行ってやってもらい、ツボの場所や押す強さなどを覚えて帰ってきましょう。

プロのマッサージまでは行かないにしても、十分効果は出ますよ!

特にお風呂あがりの体が芯から温まってる時に、ツボをマッサージしてあげると良いとおもいます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ