七五三 母親の服装でコサージュはマナー的に?20代はコレ!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

七五三と言えば、子供が主役のハレの日!

可愛い子供達が着飾って、記念に残る素敵な日です。

男の子は急に男らしく見えたり、女の子も急に女性らしさを出してくれます。

親として子供の成長を感じることは、こんな嬉しいことはありません。

そんな子供が主役のハレの日に、母親はどんな格好をしたら良いのでしょう?

そして、子供達の着物を選んだ後は、親の服装で悩まされますよね。

どこまで派手にしてい良いのか、または地味過ぎてもいけないのか?

一生に一度残る大切な記念写真もありますので、本当に悩まされます^^;

では、その悩みを解決するために、20代の母親の方向けに、マナーや着こなし方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

初めに言っておこう。七五三の母親の服装でこれはNGです!

母親は、出かけるときはいつも以上に綺麗でいたいと思うものです。

また、子供もいつも以上に綺麗にしているお母さんを見て、男の子は嬉しいし、女の子は憧れる存在になります。

ところで、子供のハレの日の七五三で、それも親としても初めての経験だったら、何ヶ月も前からご自分の服装を悩んだりする方も多いようですね。

管理人の奥さんも、子供に着せるもの以上に、自分の服装を「どっちが主役だ?」と思うくらい雑誌を見たり、両親に聞いたり、近所の先輩ママにたずねたりしていました。

残念ながら、父親はこういった時は後回しなんですよね(●`ε´●)

  • 七五三の母親の服装は基本は自由です。

普段着の親御さんもいらっしゃいます。

でもね、これは七五三では着てはいけないという、NGの服装もあります。

この機会に、恥を欠かないためにも一応押さえておきましょう。

 

七五三行く場所が「神社」という事を忘れないで下さい。

七五三で、神社にお参りに行くのは、神様に「子供が健康に成長しますように」とお願い事をするためですから、それに相応しい格好が基本です。

でも、ポイントさえ押さえておけば大丈夫ですよ。

次の3つがNG格好なので、これは止めて置きましょう。

七五三の母親のNGな服装3つはコレだ!

  1. キラキラと光物が多い装飾品や服装
  2. 装飾品は「パール」などのちょっと落ち着いた感じが良いです。
    服装もフリフリ、キラキラ、ゴスロリ、コスプレ、きゃりーぱみゅぱみゅさん等みたいな格好は絶対に駄目です。
    (これから出て来るんだろうなぁ^^;)

  3. 露出度の多い服装
  4. 七五三の季節は寒いのに、がんばって肌を出した服装を選ぶ方もいます。
    でも、肩が出るキャミやカットソーなど肌の露出度が高いのは駄目ですよ。
    スカートも膝が出てはいけません。
    ミニスカートなんて絶対に駄目ですよ。
    選んだ服が良いのか解らない場合は、親御さんか、神社に聞いて見てくださいね。

  5. ジーンズやサンダルで行く
  6. 普段着でも構いませんが、ジーンズにサンダル、そしてミュール等は止めておきましょう。
    ジーンズは今では普段着ですが、本来作業着ですよ。
    神前に出る格好に相応しくありませんね。

 ブーツで足が痛い!太く見えるのが嫌で^^;対策はコレだ!

 

ちょっと気になったんだけど『コサージュ』は良いの?

七五三にコサージュって発想自体が、ちょっと前では、まず、いませんでした^^;

えっ!?どうしてって。。。^^;

  • コサージュは「入学式か?結婚式か?」と的を外している感じになって浮いてしまいます。

念のために、管理人の母親に「七五三にコサージュをつけたら変なの?」と聞いてみたら、「もしかして、コサージュなんてつけていくつもりなの?」とちょっと嫁姑問題に発展しそうな空気感を感じました。

つまり、年配の方はそんな風にマナーを気にしますので、注意してくださいね。

でも、今では七五三等に付けても、そんなに派手に見えないコサージュもありますね。

服装が地味すぎると思った方は、こういうのを選んでみても問題はないと思います。

ところで、七五三のお参り行かれる方は、11月15日ですか?

スポンサードリンク

七五三のお参りはなぜ11月15日なのか知っていますか?

覚えておいて損はないと思いますので、ちょっと雑学です。

11月15日は、旧暦で鬼が出歩かない日の『鬼宿日(きしゅくにち)』と言われて、どんなことをするにしても吉日だったのです。

そして、11月というと稲の収獲が終わるので、神様に感謝するとともに、子供の成長を願って、満月の15日に氏神様にお参りをして祈ったのがはじまりと言われています。

明治時代に新暦に改暦されてもこの風習は続いて現在にいたりますが、最近は11月中の土日祝日に七五三のお参りに神社へ行かれる家族も増えました。

これはこれで、全然問題はありません^^

【関連記事】
七五三 お金を封筒に包んで神社へ!書き方についての豆知識

 

親の服装は子供より格下で合わすこと!

さて、話を戻しまして、七五三は子供が主役です。

親はその次です。

ですから、服装は子供より派手になってはいけません。

もう一度、言っておきますね。

子供が主役で、あなたが主役ではなく脇役ですよ^^

さて、母親の服装で悩むのが、「着物」「洋服」か迷うかもしれませんが、どちらでも大丈夫です。

  • 着物であれば、格式は一つ落として着てください。

色留袖色無地紋付がいいと思います。

帯も二重太鼓お太鼓にしてくださいね。

  • 洋服であれば、正装まで行く必要はありません。

スーツ、ワンピースなどで大丈夫です。

⇒ 七五三、母親のワンピースにおすすめな髪型は?

色はグレーやベージュでフォーマルな感じにしてみてくださいね。

最近の20代の母親は、七五三だけでなく、入学式や卒業式、結婚式などにも対応できるスーツ派の母親が増えていて、特にワンピースが人気です。

また、「セレモニースーツ」という色んな場所で着れる服装も有りますので、迷ったらこちらにしてみて下さいね。

ただ、母親がスーツなのに、父親はカジュアルとか、両親の格にバラつきがあるのはNGですので注意しましょう。

七五三の服装の格を抑えたところで、もう1つ大事なポイントをお伝えします。

動きやすい服装 にしましょう。

子供に着物を着せている場合、特に動きやすい服装にしておかないと大変です。たとえば、突然トイレに行きたいと言い出すかもしれません。汚れないように子供より素早く動いて対処しないといけません。

また、子供は予期せぬ動きをしますからね^^;

動きやすい服装も意識していきましょう^^

【関連記事】
七五三 父親の服装はこのネクタイの色が今年は流行るかも?

 

管理人(ザッ君)より

七五三の家族写真は一生残ります。

また、親戚や友人にも見せる機会も多くなるでしょう。

恥をかかない様に、マナーやルールを守った格式のある素敵な食事会や記念写真を作ってくださいね。

そして、七五三の母親の服装のポイントは、お子さんを引き立てつつも、着回しができる服装選びです。

七五三だけでなく、入学式や卒業式、結婚式なども想定した素材や服装を選ぶと良いと思います。

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ