いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

オイルドレザーブーツの手入れ!クリームで独特な雰囲気に?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


オシャレは足元からと言いますが、ブランド物の洋服を着込んでも靴がファッションにあってなかったり、お手入れがされていないと、靴は見る人は見ていますよ。

ブーツの手入れ!

秋冬のお洒落な必須アイテムと言えば「ブーツ!」と言う方も多いことでしょう。

ところで、ブーツのお手入れは出来てますか?

シューズケースに眠っているブーツを取り出して、秋冬のファッションに磨きをかけましょう!

今回は、雨にも強く耐久性にも優れているオイルドレザーのブーツのお手入れ方法にスポットを当ててサクッとご紹介します。

 

「オイルドレザー」ってどんな物?

皮を加工して革にした物を、動物油でなめした製品です。

特徴はオイルによる撥水効果により、水に強く、それによっての劣化が少ない事です。

しっとりとした感触(かなりオイリーなので、服等に触れるとオイルが付きます)、独特の雰囲気がある光沢、綺麗な色むらに味のある粗い表面が人気の特徴です。

  • オイルドレザーブーツの特徴
  • 牛のヌメ革にオイルド加工
  • 素朴な風合い
  • しっとりした肌触り
  • 雨に強い
  • 傷は指で擦るとほとんど消せる
  • 使い込むほど風合いと光沢が増す

手入れの仕方によって、オリジナリティーが出せるので、オイルドレザー製品は人気でこだわり派の大人の趣味ですね。

ただ、手入れをしないとオイリーなので、ホコリや汚れがつきやすいです。

 

素材がオイルドレザーなので、手入れが難しい?

オイルドレザーの手入れはそんなに難しくありませんが、放置しっ放しは良くありません。

革なので、ヒビも入って来て、見た目がみすぼらしくなります。

手入れを入れて劣化する方が、味が有ってカッコ良くなりますよ。

スポンサードリンク

  • それでは、オイルドレザーの靴のお手入れの仕方を紹介します。
  1. ブラッシングで靴の表面のホコリやゴミ、泥等を落とします
  2. クリーナーで靴の汚れを落とす
  3. ミンクオイルを全体的に塗る
  4. (ムラが出ないように少しずつ塗って行きましょう)

    楽天広告

    ※ミンクオイルはスポンジを使用すると満遍なく塗りやすくなりますよ。

  5. ブラシ、クロス等で溜まりになっている所を取り除いてください。
  6. そのまま乾燥させれば完了です。

また、防水スプレーをかける作業を最後に入れても良いですよ~

 

シューズケースに「乳化性クリーム」が有るんだけど、使える?

乳化性クリームも使えますよ。

ただし、ミンクオイル等に比べると、オイルの抜けが悪いと思います。

性能はオイルの方が上でしょう。

でもその分、オイルに比べて鋭い光沢が出たりします。

  • 独特の雰囲気を出すのはクリームでしょう。

色付きや無色のクリームなど、製品によって沢山種類が有ります。

もし、ブーツの手入れを怠っていたために、乾燥がひどくなった場合には、ミンクオイルよりも、乳化性のクリームの方が水分が多いので、よいかもせれません。

オリジナルのかっこいいブーツに仕上げるのはあなたの腕次第です。

愉しみながら頑張ってください!

 

オイルドレザーブーツを購入したらすぐに履いてはいけません!?

お気に入りのオイルドレザーブーツを手に入れたら、すぐに履いて出かけてはいけませんよ。

えっ!?

オイルドレザーのブーツはお店で購入されると思いますが、販売されているブーツのほとんどは輸入されたものが多いです。

動物脂でなめし、オイルによってしっとり肌触り感が特徴のオイルドレザーブーツも製造後少なくとも数週間は経過しています。

そして、すぐに売れれば良いですが、購入者の手元に届くまでに箱詰めされた状態で眠っていた可能性もあります。

しかも、余程オイルドレザーブーツに拘りのあるお店でなければ、定期的に箱からブーツを出して、オイルを入れているとは考えにくいです。

つまり、そういった状態を考えると、お気に入りのオイルドレザーブーツを購入したら、ブラッシングをしてオイルを入れてあげるのが良いと思いますよ。

特に、縫い目やベロの部分などオイルを塗ることで、保湿や防水性の効果が増すことが期待できます。

  • オイルドレザーブーツを手に入れたらオイルを塗りましょう!!

ステッチにもオイルを塗り込めば、強度が増すとも言われていますので、すぐに履いて出かけたい気持ちを抑えて、購入後のお手入れをぜひおススメします。

オイルがブーツに浸透する半日から1日の辛抱と一手間がその後の、あなたのブーツライフをより楽しいものにしてくれることは間違いないでしょう。

そうすれば、あなたの足に馴染んだブーツに仕上がっていきます^^

 

管理人(ザッ君)より

オイルドレザーは、手入れのし過ぎも良くありません。

普段でしたら、雨にぬれた時ぐらいで良いでしょう。

元々、3~5年は手入れ無しでも使える素材です。

価格の素材によっては、乾燥ですぐにヒビが入ってしまう事もあります。

その素材の特徴を見て、手入れの入れ方を変えてくださいね。

長年きちんと手入れしていくと、どんどん味が出てきます。

光沢をマッド風にしたり、ピカピカにしたり、個人の愉しめる面白みがあります。

この秋冬、ちょっとした大人の趣味を、存分に愉しんでくださいね!

スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ