いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

子供が目の下にクマ!原因は病気ってこともあるの?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


「あれ?うちの子供が、目の下に青いクマが出来始めたみたいだ?寝不足かな?
イヤイヤ、ちゃんとしっかり寝さしてるし。。。まさか、病気ってことはないよね^^;」

大人であれば、「昨日徹夜でゲームちゃったよ」と寝不足が原因で、目の下にクマができたり、パソコンのし過ぎで目が疲れて、出来るということはよくありますよね。

子供も一緒なのかな?

ちゃんと睡眠はとってるし、目も酷使させていないハズなのに、どうして目の下がクマみたいになってるの?心配ですよね^^;

「う・・・ん?とりあえず、もっと寝かせよう」

ちょっと待ってください!どんだけ寝かせるのですか?

睡眠不足かもと判断するのは早いですよ。

確かに寝不足も有りますが、原因はそれだけでは有りませんよ。

 

じゃぁ、子供が目の下にクマの原因は何?

もしかしたら、眼輪筋がきちんと動いていないからクマが出来ているかもしれません。

筋肉は収縮等を繰り返すと、筋肉内にある静脈血を静脈側へ押し出します。

  • 眼輪筋の筋肉がうまく動かないと、血行不良になるのです。

血行不良は、赤ちゃんでもなりますから、子供の目の下のクマの原因の可能性は十分に考えられます。

症状は、初めは赤っぽいですが、そのうちに青くなり、やがて焦げ茶になって、最後は黒くなります。

 

何で目の下の色が濃くなっていくの?

血行不良から、毛細血管の血液がにじみ出る様になり、「内出血」の様な打撲のアザになっています。

つまり、ヘモグロビンの色素が少しずつ皮膚表面に移動し、皮膚の色素沈着が起きているのです。

えっ!?色素沈着!(◎_◎;)

症状の改善には、にじみ出る元を解決しなければいけません。

いくら皮膚表面の色素沈着を治しても、元から湧いてくるものを止めないと治りません。

 

子供が目の下にクマを治す方法はあるの?

もちろん有りますよ!

  • ドライアイの治療法でも有名な、「眼輪筋の筋トレ」です。


スポンサードリンク

  • 5つの眼輪筋のトレーニングの方法をお教えします!
  1. まず、顔を天井に向けます。
  2. そのままの状態で、目だけ真下を見てください。
    そして、ゆっくり10回まばたきをします。
    最後に、あごを引いて、目だけ真上を見て、ゆっくり10回まばたきしてください。

  3. まず、人差し指で目尻を軽く外側に引っ張ります。
  4. そして、目をぎゅっと閉じます。
    ポイントは、外側にひっぱった指が、内側に引き戻される感覚があれば、筋肉に正しく負荷がかかっている証拠ですよ^^

  5. まず、人差し指で目尻のやや上を押さえます。
  6. そのまま外上方にひっぱった状態で、目をぎゅっと閉じます。
    次に、人差し指で目尻のやや下を押さえます。
    また、そのままの状態で目をぎゅっと閉じます。
    それぞれ5秒、左右交互に3回ほど行ってくださいね。

  7. まず、鏡を見ながら、10秒ほどまぶしい目つきをしてください。
  8. こんな目つきです→(>_<)

    普通の状態より、下まぶたが2~3mm上がっているのを確認しましょう。

  9. まず、そのまま、上まぶたの中心のあたりを引き上げるようにしてください。
  10. 眉毛の下で押さえます。
    この状態で目を閉じてください。
    上まぶたが固定されていますので、目を上手く閉じられません。
    それで、下まぶたが目を閉じようとし、普通よりも上に上がっていることがわかりますね。

  • 眼輪筋の動きの悪さから、動画にも説明がありますが、最後まで閉じない「まばたき」によって、ドライアイになります。

実は「ドライアイ」自体も、この眼輪筋の筋力の低下からなっています。

また、「アレルギー性結膜炎」と症状が似ていますが、アレルギーではありません。

間違った治療法をしないようにしましょう。

子供の内から治しておかないと、「治らないドライアイ」になってしまいます。

この「眼輪筋の筋トレ」は、短期間では効果は有りません。

時間をかけて、ゆっくり治して行きましょう。

 

管理人(ザッ君)より

なぜ、発達盛りの子供達にこの様な「筋力の低下」が生まれるのか?

普通に考えたら有り得ない事ですが、現在でも多くの患者さんがいます。

この子供達は、「全身の筋力の未発達・発育不全」です。

その症状に、「猫背」「口呼吸」「噛む力の弱さ」などが共通点であります。

私生活から正していかないと、どんどん悪い結果が出てきます。

早めに気がついたなら、早めに「正しい生活」にさせてあげてください。

目の下にクマが出来ていても、何も良い事がありませんからね^^;

スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ