いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

尿の色が濃い!原因はストレス疲れ?肝臓の病気だけはイヤ!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


更新:2016-12-02

「うわぁ!いつもと違って尿の色が濃い!!疲れてるのかな?何かの病気かな!?」

朝、いつもの様に起きておしっこをすると、色が濃いなぁと思うことがありませんか?

いつもと色が違いすぎて「明日、生きてるかな・・・?」とまでは思いませんが、尿の色がちょっとでも違うと気になるものです。

尿の色で考えられる症状は色いろとあるのですが、良く言われるのがストレス疲れや肝臓の病気ですよね。

という訳で、尿の色で考えられる色別の症状をお伝えします。

 

尿の色を観察していますか?

観察

人間は1日に6回から7回ほど尿を出すのですが、その時によっぽど色がおかしくなければ気にすることはないと思います。

でもね、尿の色を観察した方が良いか、悪いかと言えば、チェックしておいた方が良いみたいです。

しかも、 尿の色で色いろな病気の可能性がわかる ようです。

だとしたら、尿の色で考えられる症状を知らないより、知っていおいた方が早めに対処出来ますよね。

  • 特に、微熱が続いている時は尿の色をチェック!

毎日じゃなくてもいいので、最低限、咳も出ることもないし、風邪でもないのに微熱が続く時は、意識して尿の色の観察をしてみてください。

と言っても、健康な尿の色が何色かわからないと基準が不明確ですよね^^;

尿の出来る仕組み!

尿は腎臓で作られます。腎臓が血液をろ過、血液の中から不要な物質を取り除き、水分と一緒に尿として体外に排出するのです。

尿の色は何色ですか? と聞かれれば、「黄色」と答えると思います。

その通りで、通常は黄色が健康的な尿の状態なのですが、黄色でも濃い黄色と薄い黄色がありますよね。

健康的な尿の色は、ズバリ、淡黄色で透明色です!

大人であれば、尿の色を白い使い捨ての紙コップで見ることが出来ると思います。

でも、子供の場合は楽しみがないとやらないですよね^^;

そんな時に子供が喜んで、尿の観察に率先してやってしまう方法がコチラの動画で紹介されていました^^

健康な人の尿は薄い~濃い黄色です。

黄色の濃淡は、尿として排出できる水分の量によって決まります。

体内の水分が不足気味のとき、 たとえば寝起きの尿では色が濃くなります。

反対に、 多量の水分を摂取した後 の尿の色は薄くなります。


スポンサードリンク

 

えっ!?尿に、そんなに沢山色があるの?

尿は黄色以外にもウソ!?と思うでしょうが、紫色や緑色の尿が出ることがあるみたい^^;

尿の色別に、その色が出る原因と、考えられる症状を見てみましょう。

淡黄色で透明色
健康的な正常の色です。
この色から外れている場合は身体に何かあると思って良いでしょう。
濃い黄色
色の正体は、肝臓から分泌されている、食べ物を消化する胆汁に含まれている「ビリルビン」です。

濃くなる理由として、次の二つが考えられます。

  1. 栄養ドリンクやサプリメントに含まれている「ビタミンB2」を沢山摂った。
  2. 激しい運動の後や、朝一の尿は濃縮されているので、濃くなりやすい。

また、身体がだるい場合は、脱水症状も考えられます。

オレンジ色
尿がオレンジになる原因で1番考えられるのは、ビタミンCや人参などに含まれているカロチンの影響が多いです。

尿路感染症の方に配られる鎮痛剤のピリジウムの影響でオレンジの尿になることもあります。

濃い黄色と似た原因も考えられますが、、毎日続く様でしたら「胆石症」などの病気の可能性もあるので、早めに病院に行ってください。

茶色
尿が茶色になる原因は、大黄という成分が多く含まれているからです。
ちなみにですが、大黄はそら豆やアロエに多く含まれています。
水分補給をしても正常な色に戻らない場合は、病気の可能性があります。

血が混ざってる様な色であれば、賢臓の病気が高いので注意が必要です。

また、肝臓病(肝炎)の黄疸でも茶色になる事もあります。

楽天広告

赤色やピンク色
前立腺肥大膀胱がん慢性鉛中毒の可能性があります。
その他にも腎臓、前立腺の腫瘍、炎症、膀胱炎、尿道炎など放置してはいけない病気も考えられるますので、赤みが入った色は薄い濃い関係なく、すぐに病院に行ってください。

上記以外にも、尿に血が混ざる血尿では尿の色はピンク~赤~褐色になり、腎不全、尿路結石も疑われます。

また、激しい運動や事故によって筋肉が傷つくと赤い尿が出ます(ミオグロビン尿)。

腎炎や発作性夜間ヘモグロビン尿症、発作性寒冷ヘモグロビン尿症では、血液中のヘモグロビンが尿に混ざり、赤い尿が出ます。

痔や生理、おりものによって血尿が出ることもあります。

緑色
飲む薬によってや、染料で緑色になる場合があります。
普通の食生活では絶対に緑になりませんので、薬や染料を飲んでいなくて尿が緑になったら、その正体は、緑膿菌(緑色の色素を作る菌)によって膀胱炎を起こしている可能性が考えられます。
すぐに病院へ行ってください。

緑色の尿を初めて見たら、「明日生きて無いだろうなぁ・・・」と思うぐらいのインパクトがありますよね。

ただ、飲む薬や、染料でも尿は緑色になる可能性があります。

たとえばアイルランドの祝祭日ではあらゆる物を緑色に染める「セント パトリックス デー」というお祝いがありますがその後は尿が緑色になります。

紫色
ポルフィリン症と言う病気の場合、紫色の尿になることがあるようです。
腎臓に大きなダメージを与えて赤血球をつくるのに必要なヘモグロビンが作れなくなります。

紫色の尿なんかが出るのかと驚きですが、ポルフィリン症は、国によったら超難病に指定されているところもあるそうなので、注意が必要です。


スポンサードリンク

水色
家族からの遺伝のケースが多いようですが、高カルシウム血症の可能性が考えられます。
赤ちゃんのおむつが青くなる「青いおむつ症候群」とも言われます。
また、薬品のメチレンによって青い尿になることもあるようです。
白色
乳白色や牛乳のような色の尿ですが、これは膀胱炎や尿路細菌感染、乳び尿の可能性が高いです。
乳び尿はフィラリアという寄生虫によって起こることが多いです。

一時的に尿の色が濃くなったり薄くなっても気にする必要はありません。

尿の色が濃い状態、薄い状態が長く続くときには、腎臓や肝臓の機能低下、むくみなどの病気の可能性があります。

 

肝臓病はどんな自覚症状があるか?

肝臓は「 位沈黙の臓器 」と言われ、自覚症状の出にくい内臓です。

自覚症状が出たときには時すでに遅し! ということも珍しくありません。

肝臓病の自覚症状をご紹介します。少しでも心当たりがある方はすぐに、手遅れになる前に病院を受診してください。 肝臓は一度ダメージを受けると回復しません。

 

①中程度の肝臓病

  • 体がだるい、倦怠感、疲れやすい
  • 食欲不振
  • 脂っこいものが食べられない
  • 微熱が続く
  • 軽い運動で息切れ
  • 体がかゆい
  • こむら返りが頻繁に起こる
  • お酒が飲めない、飲みたくない

初期の肝臓病では自覚症状はありません。なので、 上記のような自覚症状が出たときには、もうかなり悪化している と考えてください。

特に、あんなに好きだったお酒が飲めない、飲みたくないというときは異常事態ですよね。すぐに病院に行きましょう。

 

②重度の肝臓病(脂肪肝、肝硬変、肝炎、肝がん、肝不全)

  • 黄疸 (白目が黄色くなる、全身に黄疸が出る)
  • 手の甲が赤い
  • 首、背中、肩に赤いクモの巣状の斑点
  • お腹やみぞおちが腫れる
  • 出血しやすく、血が止まらない
  • 尿が濃い黄色
  • 男性では乳房がふくらむ

このような自覚症状が出たときにはもう、お酒を控える程度ではどうにもなりません。早期に治療を開始してください。


スポンサードリンク

 

肝機能の状態を調べる方法

自分で肝臓の状態を調べるときには、上記の自覚症状が出ていないかをチェックしてみてください。

黄疸や皮膚の赤みは目で見て分かるのでチェックしやすいでしょう。

食欲不振や微熱は、肝臓以外の疾患でも起こるので見極めは難しいです。

お酒が飲めない、酔いが抜けないなど、肝臓の働きが弱くなっていないかでチェックするとよいです。

ただ、腹を切って開いてみなければ、自分の目で自分の肝臓を確かめることはできません。

肝機能の状態を調べるためには人間ドックや健康診断などを利用して、病院できちんと検査してもらいましょう。

血液検査でも肝機能の状態を調べることはできます。

血液検査を受けたら、「 AST(GOT) 」「 ALT(GPT) 」「 γ-GTP 」の数値をチェックしてみてください。

基準値から外れていたら、精密検査を受けるのをおすすめします。

 

肝臓の慢性疲労を解消するコツ!

肝臓の慢性疲労を解消するコツはこちら!

休肝日

  • 週に2回の休肝日をもうけて、 肝臓を休める
  • サプリメントを飲みすぎない 、肝機能が落ちている方はサプリメントは飲まない
  • (サプリメントの解毒も肝臓の仕事です)

  • 適度な運動をする(脂肪肝の予防)、ただし 激しい運動は控える こと
  • 必須 アミノ酸をしっかりとる
  • (肝臓の再生にはタンパク質が欠かせません)

  • ビタミン類、特に 水溶性ビタミン(VB、VC)を毎日摂取 すること(お酒の解毒にはビタミンが欠かせません)、ただし脂溶性ビタミンの過剰摂取は肝臓の負担になるので、サプリメントでの脂溶性ビタミン摂取は控えること
  • 鉄分はとりすぎないこと
  • 食後10~15分は横になって動かない
  • (肝臓に血液を集中させるため)

 

血尿が混じった色になる原因は?

「ストレス」だと友達に言われてのですが、本当ですか?

確かにストレスが原因で、臓器の働きが鈍り、血尿の原因になることはあります。

ただ、ゆっくりと時間がかかって血尿になる場合が多いです。

突発的に血尿になった場合は、感染症等の病気も考えられます。

どちらにしても重症なので、早めに病院で診てもらってくださいね。

血尿の原因?注意したい3つの病気は!?

 

管理人(ザッ君)より

ザッ君

尿の色にこんなにたくさん種類があるとは(゚д゚)!

尿の色のチェックが大事なのはご理解頂けましたか?

色で健康状態が良くわかります。

尿の色が濃い、褐色や白色の尿が出るときには、正常の色で無い場合、何かの病気の可能性が高いので、自己判断せずに病院に行って診てもらって下さいね。

そして診てもらって治ったら、健康な色の尿が出るように自己管理をしっかりしましょうね!

肝臓は、病気が進行してもなかなか自覚症状が出ない臓器です。

自覚症状が出た時にはすでにとても危険な状態になっていると思ってください。

肝臓は一度ダメージを受けると、回復しない臓器なので、普段から肝臓を痛めすぎない・労わってあげることが大切です。

お酒の飲みすぎやサプリメントの飲みすぎはやめましょう。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ