小学生の子供と夏休みの過ごし方!期間中楽しむ6つの方法!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

夏休みの過ごし方!子供たちからすると、待ちに待った夏休みですが、親からすると、約40日間もある夏休みは長いですよね^^;

小学校に行かず、家に子供がずっといてると、リズムが狂って大変^^;って、お母さんも多いのではないでしょうか?

共働きの親とすると、小学生子供約40日間も家にいてるので、心配が絶えませんよね^^;

子供の頃を振り返ると、夏休みの期間中に、身体も考え方も凄く成長して、新学期を迎えるお友達がいましたよね。

振り返るとあっという間の40日間ですが、夏休みの過ごし方を有意義な時間にすれば、子供の成長は無限大です。

夏休みは、日頃、子供につきっきりは出来ないので、短期間集中で、旅行やお出かけを計画しているご家庭も多いと思います。

今回は、子供と夏休み家族で出かけて、楽しむための『6つの方法』をお伝えします。

小学生の子供の場合は、授乳時期やおむつ替えが必要な頃と比べると、だいぶお出かけも楽になりましたよね。

あなたも、振り返ると子供の成長を実感出来るのではないですか?

管理人の場合は、授乳時期や小学生に上がるまでの方が楽だったと感じています^^

とりあえず、遊ばせたら、満足して寝てくれるので^^;

お母さんに言わせると、休日に都合よく出かけるだけだから、日頃の苦労がわかっていない!だって…

小学生になると、底なしの体力で、活発に遊びまわるので、疲れさせて寝させる方法が通用しにくくなって、親の体力的な問題も出てきます^^;

という訳で、小学生の子供と夏休みを楽しむには、『備えあれば憂いなし!』です。

万全な計画を立てて、夏休みの期間中、親子ともども楽しみましょう^^

 

No.1 子供の負担になるスケジュール立てていませんか?

共働きをしているから、日頃は子供に留守番の我慢をさせていたり、休日も遊んであげれる時間があまり取れない^^;

だから、お父さん・お母さんのやっと取れた、夏休みくらいは、いっぱい遊んであげて、いろいろ体験をさせてあげたいという気持ち、管理人もよ〜くわかりますよ。

子供には、夏休みならではの、定番ですが、海水浴山登りハイキング、大自然でキャンプをして、川遊びも体験させてあげたいし、夜は花火もしないと…

ちょっと待ってウゥ〜ン…欲張ってスケージュールが、パンパンってことはないですか?

サラリーマンのお父さん方も、夏休みの旅行などの計画に、お出かけマップを片手に、通勤ラッシュで情報収集に余念がないですよね^^;

ちょっと、待って!!

『ちょちょちょっと待て、お父さん🎶』

  • 欲張りスケジュールはNGですよ。


親があわてて行動する程のスケジュールは、子供にとっては、かなりハードはスケジュールです。

もしかしたら、体調を崩してしまうこともありますし、長時間のバスや電車の移動は、負担がかかります。

子供が小学校の低学年なら、特に、昼寝の時間に移動や帰りの電車などの移動時間に当てると良いですよ^^

 

No.2 夏の日差しは強い!日焼けを心配しないためには?

夏の日差しは、本当に強いですよね。

大人ももちろんですが、昔と違って、子供にも日焼け止めを塗ることをおすすめします!

ただ、日焼け止めを塗るにしても、1度塗ってるから大丈夫と安心するのはNGですよ。

  • 日焼け止めは、塗り直ししないと、効果がダウンします。


日焼け止めは、1度塗りだと、時間の経過とともに、効果が下がりますので、こまめに塗り直すことを忘れないで下さいね。

管理人が幼少の頃は、サンオイルを塗ってもらって、日焼けを思いっきりして、ベロベロめくれる皮に充実感を感じていたものですが、今は紫外線も気になりますので、小学生の子供にも日焼け止めと、UV効果のある長袖シャツがあるとBESTです。

日焼けしすぎて、火傷だけでなく、熱が出ることもありますからね。

 

No.3 コスト削減で、無料で、小学生の子供と夏休みを楽しむ過ごし方

何も、子供と夏休みの思い出つくりや、良い体験をさせるのに、遠出が絶対いい訳ではないですよ。

0円タダ(無料)のスポットは、たいしたことがないと思うのは早合点ですよ。

夏休みの宿題にも役立って、一石二鳥の、動物園や博物館、そして美術館など、ネットで探せば、小学生が楽しめて、なおかつ、タダ(無料)のスポットはたくあんあります。


飲食系の工場見学など行けば、飲み物が充実していますし、浮いた入場料金で、食べ物を贅沢にお金をかける賢い選択も広がりますよ。

管理人が、タダ(無料)で、お出かけする時に利用する、サイトをご紹介しておきますね。

タダ(無料)で楽しめるスポット探し!
検索
いこーよ

ウォーカープラス

どうする.com


スポンサードリンク

 

No.4 小学生の子供を夏休み期間中に感受性を豊かにするには?

小学生の子供は、冒頭でお話させていただいたように、成長は無限大です。

夏休みには、いろいろな体験や経験をさせてあげることが大切になります。

ポイントは、ありふれた日常では味わえないことをさせてあげる^^


レジャー施設もいいですが、緑豊かな大自然で、自然に触れ合うことはとても良いことだと思います。

樹木に触れさせてあげて、香りを嗅いだり、鳥のさえずりや、川のせせらぎの音など、自然には、視覚聴覚触覚嗅覚など、五感を刺激させる環境がたっぷりありますからね。

感覚を研ぎ澄ます、訓練にもなっておすすめですが、仕事が忙しくてという方も多いかもしれませんね。

  • 管理人の体験談ですが、そういう場合は、おじいちゃんやおばあちゃんにお願いするのも1つですよ。


遠方に祖父母がお住みの場合は、子供だけで、電車や新幹線で旅をさせます。

テレビで人気の「はじめてのおつかい」じゃないですが、親はドキドキですが、確実に子供は成長して帰ってきます。


    子供を連れてってもらう場所を、おじいちゃん、おばあちゃんは大変ですが、リクエストしました。

  • 動物園で夏休み限定の飼育体験


その他に、おじいちゃんが、競馬が好きなので、馬を見に行って大変喜んでいました^^;

 

No.5 熱中症対策はしっかりしましょう!

夏は何もしてなくても暑いのですが、子供はもちろん、大人もですが、長時間気温の高い場所にいると怖いのが熱中症です。

    【熱中症はなぜ怖い】
    熱中症

  • 頭痛の原因になります
  • 痙攣を起こすこともあります
  • 意識障害を起こす危険性があります


帽子をかぶらせるのはもちろんですが、こまめな休憩が大事ですよ。

場所によっては、混雑で、1時間近く並ぶこともあるのが、夏休み期間中です。

水分補給はしっかり行って、くれぐれも熱中症対策には、最善の注意をして下さい。

 

No.6 乗り物酔いする子供と快適に過ごす方法!

小学生の子供の場合は、成長過程にあるので、乗り物酔いになりやすく、気分が悪くなりがちです。

車酔い乗り物酔いの原因は、乗り物の急な加速や減速で、耳の三半規管が刺激されることでおきます。

乗り物酔いを経験したことがある方はわかると思いますが、『楽しい旅行どころではありません』よね。

乗り物酔いをすると、楽しいお出かけも、最悪な気分になるので、子供のそのような気分を味合わせないためにも、快適に過ごせるようにしてあげましょう。

  1. 体を締め付けない、ゆったり楽な服装にしてあげる
  2. 食事は、食べ過ぎや空腹は避けて、適度な量に気をつける
  3. 窓をあけて、新鮮な空気が入るように換気をする
  4. 車の場合は助手席に乗せて、船やバスならなるべく前方に乗せるようにする
  5. 乗り物でゲームなどはさせずに、前方の地平線の景色を見せるようにする
  6. 飴などをなめさせる


以上などを、気をつけることで、乗り物酔いになりにくいと言われていますので、試してみてください^^

さて、夏といえばこちらも子供たちは大好きですよね。

【関連記事】
ニジイロクワガタの寿命は長い?成虫なら足の兆候で分かる!

 

管理人(ザッ君)より

小学生にとって夏休みは、いろいろな経験をさせるチャンスです。

『夏休み期間中楽しむ6つの方法』が参考になれば、とても嬉しいです。

あと、小学生の宿題では、自由研究が定番のようにあると思いますので、お子さんと一緒に作成すると、よい経験にもなりますし、思い出になると思いますよ。

では、では、『面白い雑学』では、他にもいろいろな記事があります。

お時間があれば、楽しんでいって下さいm(__)m

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ