レッドブル・エアレース千葉-日本再上陸の見どころ!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

レッドブル・エアレースあらゆるモータスポーツの頂点と言われる、レッドブル・エアレースをご存知ですか?

レッドブル・エアレースは、究極のモータースポーツと言われますが、エンターテメント性も兼ね備えた、エキサイティングな、飛行機によるレースになります。

世界最強のモータースポーツと言われる由縁は、世界最高速の370㎞/hを超え、なんと、コーナリングでは、減速をせずにレースをします。

コーナリングで減速しないことで、、、

 

レース中にパイロットは、10GもGがかかります。


10Gとは、自分の体重の10倍ですよ(゚д゚)!

10Gが人間にかかるとどうなるか、簡単に説明しますね^^

  • 血液が重力で足の下に下がります^^;
  • 脳や目に行く血液が少なくなるので、目が見えなくなります(゚д゚)!
  • 最終的には、意識を失いますエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


そんな10Gもかかる状態で、パイロットはどうやって操縦しているのでしょう?

  • パイロットは脳から血液が下がらないように、下半身の筋肉に力を入れて、血液を収縮させ、特殊な呼吸法で耐えながら、操縦しています。


ここまで、失神と紙一重の状態で、競い合うモータスポーツは、他にはないのではないでしょうか。

⇒ レッドブル・エアレース!事故が心配!テレビ放送は?

1G 車でシートベルトをせずに、急ブレーキを踏むと、体が吹っ飛びますよね。

この時にかかるGが、だいたい1G弱です。
スペースシャトル 3G スペースシャトルを宇宙に打ち上げる時にかかるGが、だいたい3Gと言われています。
F1 4G 地上を走る乗り物の最高峰と言われる、F1 ですが、減速やコーナリングでかかるGは、4Gになります。

エアレースの半分以下ですが、飛行機と違って横方向にGが掛かるので、人間に体には、かなりキツイ状況で、レースをしています。
ジェットコースター 5G 絶叫マシーンのジェットコースターは、過激なものになると、5Gが掛かります。

でも、超短時間なので、人間の体には、Gを感じることは、ほとんどありません。
ジェット機 8G 空中戦では、ジェット機は、8Gを超えると言われています。

命がけで戦う環境は、肉体的にも、精神的にも、プレッシャーは過酷そのものです。
レッドブル・エアレース 10G レース用にチューニングされた機体は、もはや普通の飛行機の、常識を逸脱しています。

レースでは、10Gに到達しますが、10Gを超えた瞬間に失格になります。


スポンサードリンク

 

レッドブル・エアレース千葉2016 開催日はいつ?

全世界が熱狂している、レッドブル・エアレースが、モータースポーツシリーズとして、日本に再上陸します。

昨年は世界NO1のモータスポーツに、トップアーティストのB’zが、オフィシャルサポーターとして、楽曲を提供して、話題になっていますね。

今年もレッドブル・エアレース千葉2016は、盛り上がること間違いなしです!!

レッドブル・エアレース千葉2016
場所:幕張海浜公園(千葉市)
日程:2016年6月4日(土)・5日(日)
競技時間:13:00〜16:00

レッドブル・エアレースは、世界8ヶ所を転戦して、チャンピオンを決めます。


レッドブル・エアレース

一発の早さだけでは、チャンピオンにはなれず、全戦のポイントでチャンピオンが決まります。

だから、どんな時もミスをせずに、最後まで勝ち残る正確なフライトが求められる、過酷な戦いになります。

  • 第1戦「アブダビ」・・・2016年3月11日(金)・12日(土)
  • 第2戦「シュピールベルク」・・・2016年4月23日(土)・24日(日)
  • 第3戦「千葉」・・・2016年6月4日(土)・5日(日)
  • 第4戦「ブダペスト」・・・2016年7月16日(土)・17日(日)
  • 第5戦「アスコット」・・・2016年8月13日(土)・14日(日)
  • 第6戦「ラウジッツ」・・・2016年9月3日(土)・4日(日)
  • 第7戦「インディアナポリス」・・・2016年10月1日(土)・2日(日)
  • 第8戦「ラスベガス」・・・2016年10月15日(土)・16日(日)

 

レッドブル・エアレース千葉の見どころ!

2014年から、レッドブル・エアレースのレーススタイルは、変わりました。

2010年までは、順番にフライトしてタイムを競っていたのですが、2014年からは、1対1で戦う形式が導入されました。

2010年のレースを最後に3年間休止されていました。

全8戦で、1大会は2日間行われます。

  • 1日目 予選

    14名のパイロットが、2回フライトをして、最速タイムを比較します。
  • 2日目 本線「ラウンド・オブ・14」

    1対1でノックアウトステージで競い合います。

    勝者7名と敗者の最速タイム1名の合計8名が次のステージへ進出します。
  • 2日目 本線「ラウンド・オブ・8」

    1対1でノックアウトステージで競い合います。

    勝者4名と敗者の最速タイム1名の合計4名が決勝へ進出します。
  • 2日目 本線「ファイナル・4」

    4名の総当り戦でタイムを競い合います。


レッドブル・エアレース千葉の見どころは、何といっても、日本のパイロットの室屋義秀(むろや・よしひで)が見どころです。

トップに負けない力量を持っていて、2014年度の第2戦では、微力な機体ながら、テクニックで3位を獲得した、実力者です。

 

管理人(ザッ君)より

管理人がレッドブル・エアレースを知ったのは、何気なくつけたテレビでした。

F1などのモータスポーツも好きですが、はじめてレッドブル・エアレースを見た時は、「なんじゃこりゃ!?」とビックリしました。

宮﨑駿の「紅の豚」という有名なアニメがありますが、まさにそのもの。

さらに、日本人のパイロット選手の室屋義秀さんが、活躍していると知り、飛行機は個人的には、乗るのは苦手なのですが、興奮で、観ることが夢中になりました。

そのレッドブル・エアレースが、日本の千葉で観戦することが出来るのですから、もう興奮しない訳がありません^^;

難しい知識がなくても、勝敗がわかりやすいので、ぜひ現場で臨場感を味わってみませんか?


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ