うなぎの旬2016はいつ?土用丑の日は一番おいしくない?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

土用の丑の日は、「 う 」のつくものを食べて、精をつけて、夏バテ予防しようという、習慣がありますよね。

この時期になると、 「土用の丑の日はうなぎを食べましょう!」 と、テレビのCM、電車の吊り広告、スーパーでは特売されて賑わいます。

土用の丑の日と言えば、夏ですよね^^

2016年の土用の丑の日はいつなんでしょう?

実は、土用の丑の日のうなぎが、 一番おいしくない という情報があるのを、ご存知でしょうか?

今回は、土用の丑の日にスポットを当てつつ、うなぎの旬など、雑学を彫り込みながら、疑問解決に導いていきたいと思います^^

 

なぜ、土用の丑の日にうなぎを食べるの?

土用の丑の日

土用の丑の日は、「う」のつくものを食べる習慣は、丑の「う」にあわせて、 「 う 」のつくものを食べることで、精をつけて、夏バテ予防しよう という、語呂合わが習慣になったようですね。

土用の丑の日は、奈良時代から、悪霊が忍び込んでしまう、 良くない日 とされていたようです。

そこで、どうしたかと言うと、魔除けの神さまの玄武(げんぶ)をあらわす、黒い色に守ってもらうおまじないとして、ナマズうなぎなすびといった、黒い色の食べ物をたべていたそうです。

玄武の玄は黒色を現します。

  • 江戸時代になると、うなぎを食べるようになるのですが、なぜでしょう?

蘭学者で発明家の平賀源内(ひらが げんない)さんに、ある商売繁盛しないうなぎ屋さんが、知恵をかりる相談をしたのが、由来と言われています。


蒲焼き平賀源内さんが、アドバイスしたのは、「う」のつくものを食べると夏バテしない言い伝えをヒントに、商売繁盛しないうなぎ屋さんの店に「本日土用の丑の日」と張り紙を貼ることをすすめました。

すると、平賀源内の言うことなら間違いないと、商売繁盛しないうなぎ屋にお客が殺到したそうです。

それを見た他のうなぎ屋さんの店も、「本日土用の丑の日」と真似して貼るようになりました。

いつしか、土用の丑の日には、うなぎを食べるようになっていきました。

というのが、土用の丑の日にうなぎを食べる由来です。

  • 土用の丑の日にうなぎを食べた ⇒ ⇒ ⇒ バカもの!!!


なぜ、土用の丑の日にうなぎを食べたらいけないか?

江戸時代から続くうなぎの名店「野田岩」は、土用の丑の日には休みですが、なぜでしょう?

うなぎ屋さんとしては、一番の稼ぎ時なのに、答えは動画の中にありますよ^^


土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まりましたが、うなぎは庶民には、高価な食べ物でした。

そこで、うなぎを食べれない庶民は、精をつけて夏バテ予防しようと、「う」のつくうなぎ以外の、食べ物を食べました。

  • うどん
  • 梅干


スポンサードリンク


さて、うなぎ屋の名店「野田屋」が土用の丑の日に休むのか?

土用の丑の日は、うなぎを供養する日だから!


行列の出来る名店が休むということは、うなぎを土用の丑の日に食べるのは、タブーなのかもしれませんね^^;

さてさて、管理人のブログは、面白い雑学ブログですから、土用の丑の日にうなぎを食べよう!とはいきませんよ。

土用の丑の日に稼ぐぞ!と考えているうなぎ屋さんには、申し訳ないですが、もう1つ驚く真実をお伝えします。

 

土用の丑の日のうなぎは一番おいしくない?

土用の丑の日といえば、夏で、その時期が一番おいしいと思いますよね。

093794

実は、夏場以外のうなぎがおいしいです!!


うなぎが冬眠する魚だということは、知っていますか?

冬眠する魚は、冬眠する直前にたっぷり食事をします。

熊をイメージするとわかりやすいかな^^;

だから、脂がたっぷりなんです^^

5月〜6月にとれるうなぎは、好物のカワエビを食べているので、ほのかにエビの香りがして、おいしいと評判です。

また、うなぎは、9月〜10月に産卵のために、川を下ってきますが、皮はじゃっかん固くて、好みはわかれますが、脂ののりが程よく、食べやすい味です。

【うなぎの旬】

  • 【冬】・・・冬眠前で脂がたっぷりのっていておいしい
  • 【春5月〜6月】・・・カワエビを食べてほのかにエビの香りと脂ののりもほどよくおいしい
  • 【夏秋9月〜10月】・・・若干皮は固いが、産卵で脂がのっていておいしい
  • つまり、夏以外はうなぎがおいしいことになります。


ただ、夏以外のうなぎがおいしいのは、天然うなぎのことになります。

天然うなぎは減る一方ですし、春から秋しかとれませんので、土用の丑の日に食べるうなぎは、養殖うなぎになります。

スーパーで特売される土用の丑の日のうなぎは、間違いなく養殖うなぎです。

 

養殖うなぎはおいしくないの?

養殖うなぎもかつては、露地の池で3年ほどかけて育てていたので、味が良かったのですが、現在は、生産性をあげるため、養殖の味が落ちているようです。

なぜ味が落ちているかというと、ビニールハウス内の池で10ヶ月で、育て上げるようです。

短期間で育てることで、出荷の回転は早くなりますが、うなぎは冬眠をすることができなくて、栄養をたくわえることが出来なくて、脂がのらなくなりました。

しかも、自然の生餌を食べないので、風味も落ちてたようです。

ちなみに、養殖うなぎの80%を占めている、台湾産のうなぎは、今でも露地の池で年月をかけて育てているので、日本産よりおいしいようです。

養殖うなぎは日本産より台湾産の方がおいしい!


さらに、最近は、ヨーロッパからうなぎが大量に輸入されるようになって、安くて肉厚もあるので、土用の丑の日に特売でならぶうなぎは、半数近くがヨーロッパ産のようです。

旬の天然うなぎと比べると、脂ののりかたや風味は、養殖うなぎは落ちますが、うなぎの味の決め手は、焼き方です。

土用の丑の日においしいうなぎを食べるなら、評判の良い老舗のお店です。

丹念に焼き上げた蒲焼きは、見た目も味も最高ですよね^^


スポンサードリンク

 

2016年の土用丑の日はいつ?

土用の丑の日は、夏だけではないですよ。

土用は歴で立春・立夏・立秋・立冬の、直前の約18日間を指しています。

だから、土用は年4回あります。

日付はその年ごとに違って、平気法や定気法という基準を使うのですが、説明は省略させて頂きます。

土用の丑の日を詳しく知りたい方はコチラでご確認くださいm(__)m
⇒ 土用の丑の日(ウィキペディア)

春の土用 4/17〜5/5
夏の土用 7/20〜8/7
秋の土用 10/21〜11/7
冬の土用 1/17〜2/3


【2016年の土用の丑の日】

  • 春の土用の丑の日・・・4/25(月)
  • 夏の土用の丑の日・・・7/30(土)
  • 秋の土用の丑の日・・・10/22(土)・11/3(木)
  • 冬の土用の丑の日・・・1/20(水)・2/1(月)


土用の丑の日は、夏だけではなくて、2016年は5回あります。

旬の天然うなぎを食べるなら、夏以外の春・秋・冬の土用の丑の日がおススメです^^

 

うなぎは「 蒸す?蒸さない? 」

さて、土用の丑の日には、うなぎを食べてみるか と少し心が揺らいできたあなた。いつも食べるうなぎを頭に思い浮かべてください。

さあ、頭に出てきたうなぎは「 背開き?腹開き?

そりゃあ、うなぎは 腹開き だろと思ったあなた! 出身地は 関西地方 ですね。管理人と同じです。

日本は縦に長い島国ですが、静岡や名古屋を境に関東と関西の慣習が違うことはよくあることです。

管理人は両方住んだことのあるので、常識と思ってたことが違うということ良くあります。で、このうなぎの開き方にも関東と関西では違いがありますよ。

関東では、諸説は幾つかありますが腹開きが切腹をイメージすることから、 背開き になったと多く言われています。

関西の腹開きは、関西らしい諸説で腹を割って話すことからだそうです。関西のイメージ何でしょうね。みんながみんなそうではないのですが、、、

焼き方にも違いがあります。食べ比べるとよくわかるのですが、関西は脂がパリっとしてます。関東との 違いは蒸すこと はないからです。

で、どっちが美味しいか?というと、それはそれぞれの好みです。でも、関東では蒸すことで余分な脂が落ちるのでダイエットをしてる人には良いかもしれませんね。

2015年は一番盛り上がる夏の土用の丑の日が2回ありましたが、2016年の夏は1回ですね。その年によって、土用の丑の日は1回だったり、2回だったりします。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

土用の丑の日に、うなぎは食べますか?

天然うなぎか、養殖うなぎか、気にはしていませんでしたが、管理人の味覚は、何を食べてもおいしい^^

夏バテ予防にも、土用の丑の日には、養殖うなぎだろうと、食べます^^;

ちなみに、長年難しかった、うなぎの人工孵化が技術的に可能になって、新しい養殖の道が開けてきているようです。

旬のうなぎに負けない、養殖うなぎが誕生するのも、近いかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ