おばさんとおねえさんの違い!境目を子供達に聞いてみたぞ^^;

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

「おばさん」と「おねえさん」、どちらで呼ばれるかを気にしている女性は多いのでは? 管理人も近所の子供から初めて「おじさん」と言われたときには、びっくりしました。

子供の目から見ると自分はおじさんなのかあと感慨深かったですね。嫌だったのかと言われると……正直、ちょっとだけね。気はまだまだ若いつもりでしたから。

男性の管理人でも抵抗がある「おじさん」呼び、女性にとってはさらに深刻な問題でしょう。また、自分の同世代なのに、 どうして自分は「おばさん」で彼女は「おねえさん」なの? といらっとすることもあるかも。

ということで、 今回は「おばさん」と「おねえさん」の違いや境界線などについて調べてみました。

更新:2017-03-04

 

おばさん、おねえさんの定義は?

アラサー

昔は、成年に達した女性がおばさん、未成年はおねえさんだったそうです。 でもこれ、いつの時代の話だ?管理人の感覚でも20歳の女性を「おばさん」とは言わないぞ。

現在のおばさんとおねえさんの境目はというと……

あるアンケートによると、女性自身が「この年齢になったらおばさんだ」という年齢を公表していました。

 

おばさんとおねえさんの境目!

 

  • 1位 30歳
  • 2位 35歳
  • 3位 40歳

 

実は、男性が女性をおばさんだと思う年齢も上のランキングと同じです。ということは、 アラサー以上 が「 おばさん 」なのかな。

 

おばさん、おねえさん、年齢以外のポイントは?

おばさん、おねえさんの定義は年齢以外にもありますよ。

 

 

アラサーはもちろん、アラフォーの女性が「おばさん」ではなく「おねえさん」と呼ばれるのは年齢以外で、 「おねえさん」のポイントを満たしているからでしょう。

 

ということで、「 これはおばさんだ! 」のポイントをご紹介します。

 

当てはまる方は要注意!

 

20代でも「おばさん」と呼ばれちゃうかも!?

 

要は、実年齢よりも見た目年齢!見た目や行動がおばさんくさいかどうかがポイントなのですね。

 

  • 男性側からは、「恋愛対象になるかどうかが境目」という意見もありました。

 

また、「コミュニケーションの方法に違和感やギャップを感じるかどうか」という意見もありました。おせっかいや無神経がこれに当たるのかな。

自分と同世代とはちょっと違うなと感じたとき、相手が「おばさん」「おじさん」と見えてしまうみたいですね。


スポンサードリンク

 

子供の考える境目は?

人生初の「おばさん」呼びは子供からだったという方は多いのでは?

子供は素直で正直です(^^;)

子供の場合、自分の母親が基準になっているようですね。親戚や近所の子供を見ていると、母親は「おばさん」母親よりも若いと「おねえさん」と呼ぶ子が多いような気がします。

幼稚園(保育園)先生と子供

若い保育士さんは「おねえちゃん」と呼ばれています。友達の母親は年齢に関係なく「おばさん」ですね。

小学生になると、知恵がつくのか、子供なりに気を使っているのか「おねえさん」と呼ぶ子が出てくるのがおもしろいところです(笑)

また、小学生男子の意見では、「優しい人はおねえさん、優しくない人はおばさん」というのがありました。これもなかなか興味深い意見ですね。

 

おばさんと呼ばれないためには?

おばさんと呼ばれないためには、見た目や行動の面で若々しくいることが大切です。

これは、若い頃と同じ見た目や行動をキープするということではありません。

若い頃のメイクや服装を十年も二十年も続けるのは×、「 まだ、バブルなの? 」と言われてしまいます。

「若々しくいる」ためには、今流行りのメイクやファッションを取り入れることはもちろん、新しい価値観や考え方をどんどん吸収して時代についていくことが大切です。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、「おばさん」と「おねえさん」の違いや境界線などについてでした。

実年齢や見た目、行動などおばさんと呼ばれる原因は色々あります。 実年齢は変えようがありませんから、おばさんと呼ばれないためには見た目や行動に気を付けるしかありませんね。

とはいえ、やり過ぎると「イタイ」だとか「年甲斐もなく」と言われちゃうし……うーん、難しい。

管理人の奥様は、出会った時はおしゃれな人でした。子供が保育園や幼稚園の頃までは、たしかおねえさんと呼ばれていました。

しかし、いつの頃からか「おばさん」と呼ばれ、「おねえさんでしょ(#^ω^)」と訂正させていた記憶があります。

それがいつの頃からか、自分で「おばさんの若いときはね」と・・・。本人もおばさんと認めているのでしょう。確かに、ご紹介したおばさんの行動を一寸の違いもなく正しく守っていらっしゃる^^;

複雑だなぁ・・・。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ