いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

甘酒の効果は嘘・本当?酒粕と米麹の違いは?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

更新:2016-12-11

甘酒がおいしい季節ですね。

夏バテ予防に甘酒という方も多いようですが、管理人はやっぱり甘酒は冬に飲みたいです。

体が芯から温まります。

管理人にとって、 甘酒といえば 酒粕で作る甘酒 なのですが、最近では 米麹の甘酒 というものがあるそうです。

しかもこれ、 ダイエットに効果的とか!?

甘酒でダイエット……絶対、騙されている(; ・`д・´)

甘酒で太ったことならあるけど、痩せたことはないぞ。

ということで、 今回は甘酒のダイエット効果や、酒粕と米麹の甘酒2種類の違いについて調べてみました。

 

酒粕と米麹の甘酒2種類の違いとは?

甘酒

管理人、甘酒ダイエット云々を語る前に、そもそも根本から間違っていました。

甘酒ダイエットの甘酒って、管理人が思っている甘酒とは違うもののようです。

ということで、まずは2種類の甘酒の違いから。

  • 酒粕の甘酒

管理人が慣れ親しんできた甘酒はこちら。

日本酒を作った後に残る酒粕をお湯でといてつくる甘酒です。砂糖やアルコールが含まれているので、もちろんダイエットには向きませんね。

  • 米麹の甘酒

ダイエット効果のある甘酒がこちら。 おかゆ状にしたお米に麹を加えて作ります。

砂糖は加えられません。また、アルコールも入っていません。

カロリーは100gあたり81㎉と低カロリー。

甘酒でダイエットをしたい方、米麹の甘酒を買ってくださいね。

できれば、熱処理をしていない生の米麹の甘酒がおすすめ、アミノ酸やビタミン類が熱で破壊されていないので、ダイエット効果・健康効果が高いです。

甘酒の種類、くれぐれもお間違いなく(`・ω・´)

 

甘酒のダイエット効果

甘酒の作り方(米麹・もち米・炊飯器で作るレシピ)

 

①ブドウ糖

甘酒はお米でできているので、糖質(ブドウ糖)が含まれています。

ブドウ糖を含む甘酒を飲むと、血糖値が上昇します。

これだけ聞くと、 「甘酒を飲むと太りそう」 と思ってしまいますが、 血糖値が上昇するということは満腹感を得るということ!

上記の通り、甘酒は100gあたり81㎉、ジュース一杯、お菓子を1個食べるよりもずっと低カロリーですよね。

おすすめの飲み方は、朝食に甘酒を飲む こと。朝食を甘酒に置き換えてもよいですし、普段の朝食の量を少し減らして甘酒を飲んでもよいです。

朝食の満腹感が長時間持続するので、一日の食べる量を減らすことができます。


スポンサードリンク

 

②ビタミンB群

ビタミンB群には脂質の代謝を上げる、つまり体内の脂肪を燃えやすくする効果があります。

ダイエットに効果的ですね。

運動前に甘酒を飲む ことで、運動のダイエット効果を上げることができますし、朝、一日の活動を始める前に甘酒を飲めば、一日の活動で消費するカロリーや脂肪を増やすことができます。

また、ビタミンB群には保湿効果や弾力効果という効果も!!

ダイエットと美肌、両方を叶えることができます。

 

③オリゴ糖と食物繊維

甘酒にはオリゴ糖や食物繊維も含まれています。

オリゴ糖と食物繊維、どちらも腸内環境を改善し便秘を解消してくれる効果あり!

便秘によるぽっこりお腹が気になっている方、甘酒ですっきり快便!

便秘を解消しましょう。

 

甘酒の効果

ほっこり

甘酒にはダイエット効果以外にも様々な健康効果があります。

  • 麹の力で美肌効果!

麹にはメラニンの生成を妨げる働きがあるので、シミやそばかすを予防することができます。

  • アミノ酸で疲労回復!

甘酒にはアミノ酸が含まれているので、体の疲労回復に効果的!寝る前に飲むのがおすすめです。

  • リラックス効果や入眠効果!

甘酒を飲むとリラックスできますよね。寝る前に飲めば入眠効果で、質の高い睡眠をとることができます。

 

管理人(ザッ君)より

ザッ君

以上が、甘酒のダイエット効果や2種類の甘酒についてでした。

まず、 甘酒の種類を間違いないこと!

ダイエットのためには米麹の甘酒を買ってくださいね。

甘酒を飲むタイミングですが、ダイエット効果を期待するのであれば朝食のときですよ。

疲労回復やリラックス効果を得たいときには夜寝る前がおすすめです。

甘酒は低カロリーなので、夜寝る前に飲んでも太る心配なし!

ただし、虫歯の原因にはなるので、甘酒を飲んだ後は歯磨きをしてから寝てくださいね。

ちなみに、甘酒で夏バテ予防ができるのは、食欲が落ちたときに甘酒で効率的に糖質を補給できることと、夏バテで弱った体をアミノ酸が回復させてくれるからです。

夏になっても、食欲が一向に落ちない管理人には、あまり関係のない話でした(^^;)


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ