ふるさと納税2017!仕組みは簡単!人気の自治体と問題点をご紹介

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

更新:2016-12-03

ふるさと納税が人気ですね^^

人気の理由は、自分でふるさと納税で寄附する自治体や、寄附金の使い道を指定できることもありますが、それ以上に魅力なのが・・・・・・

『ふるさと納税で寄附した自治体からも届く お肉 お米 お魚 などの お礼の品!

これ目当てにふるさと納税をしている方も多いのでは?
(なかったら管理人はしないかも^^;)

一方で、「 ふるさと納税をしてみたいけど、仕組みややり方がよく分からない 」という方もいるかもしれませんね。

ということで、 今回はふるさと納税の仕組みや2017年の人気の自治体について調べてみました。

 

ふるさと納税ってどんな仕組みは?

ふるさと納税では、ふるさと「 納税 」という名前になっていますが、実際には『 寄附 』をすることです。

寄附した分(自己負担金を除く)がその年の所得から控除され、その年の所得税と翌年度の住民税が安くなるという仕組みです。

たとえば、

65000円のふるさと納税を 自己負担金が2000円の場合は、 63000円がその年の所得から控除 され、所得税や住民税が安くなります。

エッ!税金が安くなる(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

だとしたら、知っておいて損はないよね。

ふるさと納税では、寄附できる金額や自己負担金の金額は、所得や扶養家族によって変わります。

ふるさと納税をする前にまず、自分がふるさと納税できる金額や還付金の金額を計算してみてください。

【ふるさと納税サイト】さとふる控除シミュレーション

 

ふるさと納税2017!人気ランキング

ふるさと納税

ふるさと納税でうれしいのが寄附した自治体から届くお礼の品!

人気の自治体をご紹介します。(金額は寄附する金額です。)

やっぱり食べ物が人気みたいです。

おいしいお米や海産物、それにお肉!!

お鍋の季節、牛肉やもつ鍋セットが届くととてもうれしいですよね。


スポンサードリンク

 

ふるさと納税で家電も!?

ふるさと納税ではお礼の品として家電を送ってくれる自治体もありますよ。

管理人は、食べ物より家電がいいかな。

そんな訳で、おすすめの自治体をご紹介します。

  • 宮城県木城町

ふるさと納税のお礼の品はキャノンのカメラですよ。

250000円のふるさと納税 をすると、なんと キャノンミラーレスカメラEOSM3ダブルズームキット2 をもらえます。

250000円より下の 150000円以上のふるさと納税 なら同じくキャノンミラーレスカメラEOSM10ダブルレンズキットも用意されていました。

  • 兵庫県加西市

150000円のふるさと納税 でアラジンパネルヒーターを、 50000円のふるさと納税 でグラファイトグリル&トースターをもらえます。

  • 茨城県取手市

100000円のふるさと納税 でキャノンインクジェット複合機TS8030をもらえます。

家電がお礼の品のふるさと納税、金額がちょっとお高めですね(^^;)

ふるさと納税の金額に余裕のある方におすすめです。

カメラとプリンターがあれば年賀状もばっちりです。

年賀状コンビニ販売はいつから、いつまで?バラ売りは?

 

ふるさと納税の問題点

問題点

人気のふるさと納税ですが、ここにきて問題点もでてきています。

お礼の品の過熱競争で、寄附効果が低くなっている、とか、そもそもふるさと納税は住民税の本分から逸脱しているという指摘もあります。

実際に、ふるさと納税のために住民税の納税額が減ってしまった自治体も!?

その結果、自治体の住民サービスが低下してしまうと、損をするのは自分自身、お礼の品にお肉や魚をもらっている場合ではありません。

自分が受ける住民サービスのための住民税という点からいえば、ふるさと納税にはたしかに矛盾があります。

また、ふるさと納税で控除や還付金を受けるためには、確定申告が必要!

これを知らなかったために、ふるさと納税をしたのに控除も還付金も受けられなかったという方も多かったようです。

ただ、この点については、現在は確定申告をしなくても控除や還付金を受けられるようになったので、改善しています。
(確定申告が必要な方もいるので要注意)

 

管理人(ザッ君)より

いやし

いかがでしたか?

ふるさと納税の仕組みや人気の自治体についてご紹介しましたが、一度考えてみてはいかがでしょう。

ふるさと納税をするときには、お礼の品だけでなく、その自治体でふるさと納税の寄付金がどのように使われるのかもチェックしてくださいね。

また、ふるさと納税は所得税や住民税を支払っている方が利用できる制度です。

自分が利用できるかどうかをまずは確認すること!

シミュレーションなどを使って、ふるさと納税の金額や控除額などを調べてから、ふるさと納税をするかどうかを決めてくださいね。

えっ!?管理人ですか。もう少し時間のある時にじっくり検討してみたいと思います。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ