2017年版 鏡開きはいつ!意味は?関東と関西でなぜ違う

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

更新:2016-11-19

今回は鏡開きの意味や由来、関東と関西で鏡開きの日が違う理由などについて調べてみました。

お正月に飾った鏡餅は鏡開きの日に開きます…… 鏡開きっていつだ?

100円ショップで買った管理人のスケジュール帳には、「 鏡開きの日 」なんて書いていないぞ(;´・ω・)ということで『面白い雑学』ブログはじめますm(_ _)m

 

鏡開きとは何だ?

鏡開きとは、お正月に歳神様へのお供え物として飾った鏡餅を食べ、家族で食べる行事のことです。

鏡餅には年神様の力が宿っています。それを家族で分けていただくことで、 1年間の家族の無病息災を祈る のです。

 

鏡開きはいつ?

鏡餅

一般的な鏡開きは毎年1月11日です。

2017年は1月11日(水)ですね。

鏡開きは祝日ではないので、曜日は関係ありません。

歳神様は1月7日の松の内までいらっしゃり、松の内が過ぎるとどこへやらにかえっていきます。

鏡開きは歳神様がおかえりになった後に行うので、1月11日に行われることになったのですね。

なせ鏡開きと言うの?

カチンカチンになっている鏡餅を割ってぜんざいや雑煮にして食べる「鏡開き」ですが、お餅を割ったらい砕いたりして食べるのになぜ『 開き 』というのでしょう?

元々武士の家でお正月の終わりを告げる行事として行われていた鏡開きですが、「 割る 」や「 砕く 」あるいは、「 切る 」といった言葉は縁起が悪いから、不吉な言葉として嫌われたのが鏡開きの言葉の由来です。


スポンサードリンク

 

鏡開きの日、元々は1月20日だった!?

現在では鏡開きは1月11日となっていますが、昔は1月20日に行われていました。

これは、鏡餅や鏡開きが元々は武家社会の風習だったためです。

武家社会では、1月20日は「二十日正月」といい、「二十日」と「初柄(はつか)」をかけて武士にとって縁起のよい日でした。そのためこの日に鏡開きを行っていたのです。

鏡餅は「切る」ではなく「開く」と言いますよね。

「 切る=切腹 」ということから、縁起のよい「開く」という言い方をされるようになったそうです。

鏡開きという言葉一つとっても、鏡餅や鏡開きは武士にとってとても大切なものだったことがわかりますね。

現在でも鏡餅を切ることは縁起が悪いこととされています。

 

鏡開きの日は、関東と関西で違う!?

現在では1月11日が鏡開きの日となっていますが、 関西では鏡開きは1月11日ではなく、1月15日や1月20日に行います。

これは、関西に古い習慣が残っているためです。

上記の通り、元々の鏡開きの日は1月20日でした。また、松の内も1月15日まででした。

関西はこの古い習慣が今でも残っているため、鏡開きの日が1月15日や1月20日になっています。

一方の関東 、こちらではある事情があり鏡開きの日が現在の1月11日に変更されました。

「初柄」とかけた大切な武家社会の風習、20日という日付こそが大切だったのにそれを変更してしまうとはある事情とは……

えっ!?そうだったんだぁ・・・

徳川家

江戸幕府の三代将軍徳川家光は4月20日に亡くなりました。これによって、毎月20日は月命日に!!

20日が忌日となってしまったために、鏡開きの日が1月20日から1月11日に変更されてしまったのです。

また、江戸を中心とした関東では 幕府から「松の内は1月7日まで」というお触れが出されました。 これにより、松の内も1月15日から1月7日までに変更!

現在の松の内や鏡開きの習慣ができました。

ちなみに、「松の内は1月7日まで」というお触れは関東だけでなく全国的に出されたものだったはずですが、江戸から遠い関西ではお触れは徹底されませんでした。

簡単に言うと、無視されてしまったのですね(^^;)

そのため、お触れが出た後も関西では松の内は1月15日までのままでした。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、鏡開きの意味や由来、関東と関西で鏡開きの日が違う理由などについてでした。

上記の通り、鏡開きは1月11日、関西にお住まいの方は1月15日か1月20日に行います。

また、 京都やその近郊では鏡開きを1月4日に行うそうです。

「鏡開き」一つをとっても、地域によって色々違いがあるのですね。お住いの地域の習慣に合わせて鏡開きの日を決めてください。

いやし

正月から鏡開きまでの期間が長いと、最近の暖冬傾向のせいなのかな、鏡餅にカビが生えてしまうことがあります。

暖かい地域にお住いの方は、鏡餅にカビが生えないように気を付けてください。

鏡餅の表面に焼酎などアルコール度数の高いお酒を塗っておくと、カビが生えにくくなります。

また、正月三が日が過ぎたら冷蔵庫などで保管するのもおすすめです。

鏡開きの日、鏡餅に黒カビを発見!!なんてことになったら悲しいので、カビ対策は万全に行ってください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ