いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

風邪かな?咳が長引くし止まらない!まさか原因は気管支炎?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


風邪をひいた後、咳だけが長く残る、あるいは、咳が出始めて「 風邪かな? 」と思ったけれど、なんだかいつもの咳とは様子が違うということ、ありますよね。

長引く咳やいつもと様子の違う咳、それはもしかしたら風邪ではないかもしれません。

ということで、 今回は長引く咳の原因や治し方について調べてみました。

 

長引く咳、原因は気管支炎?

通常の風邪の場合、咳は1週間程度で治ります。

何週間も咳が続く、または、風邪をひいた後鼻水や発熱は治ったのに、咳だけが残ったというときには、以下の原因が考えられます。

  • 気管支炎
  • 気管支結核 (2週間以上、咳が続く)
  • マイコプラズマ (ケンケン、コンコンとかわいた咳が出る、悪化すると肺炎になることもある)
  • 咳ぜんそく (乾いた咳が続き、夜や明け方になると咳がひどくなる)
  • 心因性咳嗽 (ストレスがたまっている)

特に、風邪の後咳が長引くときには、急性気管支炎になっていることが多いです。

【マイコプラズマ関連記事】

 

気管支ってどこにあるの?

気管支炎

気管支は喉の奥にあります。

鼻や口から入った空気は喉を通り、その下の気管へと進みます。気管の先は左右に分かれています。

ここが気管支です。

気管支の先は胸腔に続き、枝分かれしながら少しずつ細くなっていて空気はこの中を進み、最後、空気は肺胞へと入ります。

 

気管支炎とは?

気管支炎とは 、風邪をひいた後に気道の炎症が気管から気管支まで広がったために、咳や痰が出るようになった状態のことです。

多くの場合、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスなどのウイルス感染をきっかけに気管支炎が起こります。

主な症状は、乾いた咳、痰、そして熱が出ることもあります。咳が続くため、倦怠感を覚えたり夜眠れないために睡眠不足になることもあります。


スポンサードリンク

 

気管支炎の治し方は?

気管支炎の特効薬はありません。

なので、対症療法で治すことになります。

病院を受診すると、咳止めや去痰薬(痰きり)を処方されます。

ひどい気管支炎のときには気管支拡張薬を処方されることがあります。

気管支拡張薬は喘息の方が使用する薬です。

市販薬で治したいときには、アスピリンやイブプロフェン、アセトアミノフェンが含まれている鎮静剤や咳止めを飲むと良いと言われています。

ただ、咳止めは咳を止めることはできるものの気管支炎の治り自体は遅らせてしまうことがあるので注意が必要です。

夜眠れないときなど、どうしても咳を止めたいときだけ使用するのがおすすめです。

市販の風邪薬は効くの?咳と鼻水にパブロンがおすすめは本当?

子供の気管支炎にはアスピリンの使用は× 、小児科を受診してください。

煙草を吸っている方、煙草は気管支炎を悪化させてしまいます。咳が止まるまでは禁煙しましょう。

煙草が原因で急性気管支炎から慢性気管支炎になってしまうこともあります。気を付けてくださいね。

 

気管支炎になったら?

風邪

気管支炎になったときは、部屋の湿度に注意してください。

乾いた空気は気管支炎を悪化させるほか、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスが喉や気管支に入ってきやすくなります。

気管支炎なのにさらにインフルエンザになったら、泣きっ面に蜂ですよね。

咳が止まるまでは、加湿器をかけたり、部屋に洗濯物を干すなどして部屋の湿度を上げるようにしましょう。

夜寝るときは喉が乾燥しやすいです。

加湿器をかけたうえでマスクをして寝るのがおすすめです。

鼻が詰まっていたり口呼吸が癖になっている方は特に喉の乾燥に気を付けてくださいね。

【インフルエンザ関連記事】

インフルエンザ 流行予想!ピークは?外れたらm(__)m

 

管理人(ザッ君)より

以上が、長引く咳の原因や治し方についてでした。

咳が2週間以上続くときには、風邪以外が原因になっている可能性があります。 放置しておくと気管支炎や喘息がひどくなったり肺炎になってしまうことがあるので、早めに病院に行きましょう。

気管支炎のときには、部屋を加湿して喉のケアに努めましょう。痰が出るときには、できるだけ痰を出してください。

痰を出した方が治りは早いです。また、煙草を吸っている方、咳が出る間は煙草は控えましょう。

咳に加えて、発熱や血痰、吐血などが出たときにはすぐに病院に行ってください。肺がんや結核、肺炎の可能性があります。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ