バター派、マーガリン派?どっちが体に悪い?違いの豆知識だッ

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

トーストに塗るのは バター? それとも マーガリン?

面倒くさがりの管理人は マーガリン を使っています。

だってね、バターを溶かすのが面倒なんですよね^^;

特に朝は。で、肝心の味の違いはというと……これはもう分かりません・・・

そもそも、バターとマーガリンってどう違うのでしょうか?

マーガリンは体に悪いなんて話を耳にしたこともありますが、実際のところは?

ということで、 今回はバターとマーガリンの違いについて調べてみました。

 

バターは動物性、マーガリンは植物性

バターとマーガリン、よく似た物同士に見えますが、実は全く違うもの!

そもそも原材料が違います。

  • バター :80%以上(水分17.0%以下)が動物性脂肪(牛乳)でできている。
  • マーガリン :80%以上が植物性脂肪(オリーブオイル、ごま油など)でできている。

バターは動物由来、マーガリンは植物由来というわけです。

 

コクと風味のバター、あっさりで柔らかいマーガリン

パンにバター

最近では、「バター風味のマーガリン」なんて商品もあったりして、マーガリンはとてもおいしくなっていますが、やっぱりバターのコクや風味にはかないません。

バターを塗ったパンをトーストしたときのあの香り……

マーガリンでは出せませんよね。

ただ、バターは動物性脂肪なので冷蔵庫に入れると固まります。パンにバターを塗るときは、室温で戻してから使うという一手間が必要です。

マーガリンはバターに比べてあっさりとした味わいが特徴!

マーガリンの味の方が好きという方もいるでしょう。

また、マーガリンは冷蔵庫に入れておいても、バターほど固まりません。忙しい朝、冷蔵庫から取り出したらすぐにパンに塗ることができるのは助かりますよね。

料理やお菓子作りでは、レシピにバターと書いてあってもマーガリンで代用することができます。

ただ、 マドレーヌやクッキー、パイ生地などバターの風味が味の決め手! というときには、バターを使った方がおいしく仕上がります。

さらに、無塩バターと書いてあるレシピでマーガリンを使用すると、仕上がりが多少しょっぱくなるかもしれません。

ちなみに、バターとマーガリン、原材料こそ違うもののどちらも脂肪なので、カロリーはほぼ同じです。

10g当たり、バターは75㎉、マーガリンは76㎉です。

 

バターとマーガリン 味覚センサーでの味の違い

バターとマーガリン、見た目はそっくりでも料理によっては違いを感じますよね。

この味の差は何だろう?

味覚センサー(慶應大学理工学部で開発されたハイテクセンサー)で、バターとマーガリンの味の違いを数値化した結果がありました。

味覚研究科の味博士という方が、詳しくご紹介しているのですが、センサーで違いの結果が一目瞭然と現れていました。

【味覚実験の結果の要点をまとめると、以下です。】

  • バターがマーガリンに比べて 旨味 が高い(0.2ポイント以上の差は市販の肉と高級な肉ほどの差だそうです。)
  • バターがマーガリンに比べて 塩味 が高い
  • バター4.53、マーガリン4.12と コク がバターの方が高い

こちらが元になっている味博士さんの記事です。


スポンサードリンク

 

バターはコレステロール値が上がる?

マーガリンは体に悪いという話をよく耳にしますよね。

バターとマーガリン、どちらが体によいのでしょうか。

バターとマーガリンのそれぞれの デメリット をご紹介します。

バター?マーガリン?

まず バター 、バターを多く摂取するとコレステロール値が上がりやすくなると言われています。

まあ、油ですからね。

摂りすぎが体に良くないのは当たり前です。

動物性脂肪の1日の適量は大さじ1.5~2杯分、食パンにバターを塗っただけで1日の摂取量が終わっちゃいそうです^^;

 

マーガリンは心臓病リスクがアップ?癌のリスクも!?

マーガリン にはトランス脂肪酸が入っています。

このトランス脂肪酸こそが、マーガリンは体に悪いと言われる所

トランス脂肪酸には以下の効果があります。
  • 悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らす。
  • 心臓病のリスクを高める。
  • 突然死、糖尿病、高血圧のリスクを高める。
  • 癌のリスクを高める。

ただ、これはあくまでマーガリンを摂りすぎた場合!

アメリカ人に比べて、摂取量の少ない日本人ではそれほど心配する必要はありません。

とはいえ、トランス脂肪酸はマーガリンだけでなく、市販のマヨネーズやドレッシング、お菓子などにも入っているので、そう考えるとやっぱりマーガリンは控えた方がいいのかな、難しいところですね。

パンだけでなく、料理の油代わりにマーガリンやバターを使用する方は、その分トランス脂肪酸の摂取量も多くなってしまうので、マーガリンよりもバターを使用した方がよさそうです。

【食材の関連記事】

 

管理人(ザッ君)より

以上が、バターとマーガリンの違いについてでした。

バターとマーガリン、どちらが健康に良いのか…… 結論はどちらも摂りすぎはよくない!です。

バターもマーガリンも脂肪ですから、摂りすぎると高血圧や高脂血症などのリスクが高まります。

毎日適量を食べるのであれば、どちらも健康に害を及ぼすことはありませんが、どちらかといえばバターの方が体には良いです。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ