悪酔いの防止対策は1杯の牛乳!安い酒に注意の理由は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

飲み会や歓送迎会、忘年会に新年会……気を付けてはいても悪酔いしてしまうことありますよね。

ちょっとした油断や羽目外しが命取り、悪酔いしすぎて同僚や周囲に迷惑をかけてしまったという苦い経験をお持ちの方も多いのでは?

また、「お酒に強くないから、飲み会ですぐに酔ってしまう」という悩みをお持ちの方もいるでしょう。

ということで、 今回はうっかり悪酔いの失敗を防止したい方やお酒に強くない方のために悪酔いの防止策や悪酔いしやすい安酒について調べてみました。

 

悪酔いとは?

悪酔いとは、軽い急性アルコール中毒のこと。

体質にもよりますが、血中のアセトアルデヒド濃度が0.5ミリグラムパーセント以上になると、悪酔い状態になる方が多いです。

頭痛、吐き気、嘔吐、発熱、ふらつきなどの症状があらわれます。

倒れたり意識を失うと急性アルコール中毒、すぐに救急車を呼んでください。

悪酔いは飲酒後2、3時間後に起こります。

飲酒後8~14時間後に起こる二日酔いとは別のものなので、悪酔いと二日酔いは分けて考えてください。

参考:急性アルコール中毒-症状が寒気はヤバイ!種類別の対処法だ

 

悪酔い防止策にはコップ1杯の牛乳が効果的!?

飲み会や忘年会での悪酔いを防止するためには コップ1杯の牛乳 がおすすめです。

【牛乳には以下の効果があります。】

  • 乳脂肪 :胃の蠕動運動を抑制、アルコールの吸収ペースが遅くなるので急激に酔うのを防ぐことができる。
  • 水分 :脱水防止。アルコールの分解では大量の水を使います。また、ビールには利尿作用もあるので、お酒を飲むときにはお酒以外の飲み物で水分を補給しておくことが大切です。
  • タンパク質 :アルコール分解で疲弊した肝臓を回復させることができる。

    つまり、牛乳を飲むことで、アルコールの吸収ペースを遅らせつつ、一方で肝臓のアルコール分解の能力を高めることができるのです。このダブルの効果で悪酔いを防ぐことができます。


スポンサードリンク

 

牛乳はお酒を飲む前に飲む!

牛乳による悪酔い防止策では、牛乳を飲むタイミングが大切です。

牛乳はアルコールを摂取する前に飲んでください。

最初に牛乳を胃に入れておくことで、その後に入るアルコールの吸収ペースを遅らせることができます。

牛乳が苦手な方は、スポーツドリンクを飲んでおくのがおすすめです。

また、すきっ腹にアルコールは悪酔いしやすいですよね。牛乳の他に小さなおにぎりやパンなどを食べておくと悪酔いしにくくなります。

参考:二日酔いにコーヒー牛乳の効果?吐き気が悪化で気持ち悪い時

 

安酒が悪酔いしやすい?

悪酔い

安酒は悪酔いしやすいとよく言われます。

これは、安酒に添加されている人工甘味料や糖類により、胃や肝臓に負担がかかるため。

高価なお酒には添加物は入っていないので、スムーズに消化・分解できるのですが、添加物入りの安酒はアルコールの他に人工甘味料や糖類も消化・分解しなくてはいけないため胃や肝臓が疲れてしまうのです。

また、お酒は蒸留酒と醸造酒の二つのタイプに分かれますが、このうち、アルコール度数は蒸留酒の方が高いですが、醸造酒の方が不純物は多いです。

そのため、アルコール度数の高い蒸留酒を飲んでも酔わないのに醸造酒を飲むとグラス1杯で悪酔いしちゃうという人がいます。

醸造酒を飲むときにはボトルに表示されているアルコール度数よりも酔いやすいことを頭に入れておきましょう。

  • 酔いやすさ :安酒 > 醸造酒 > 蒸留酒
  • 醸造酒 :日本酒、ワイン
  • 蒸留酒 :焼酎、ウイスキー
  • 蒸留酒でも、ミルクやジュースなど消化しなければいけないもので割って飲むときには醸造酒と同様、酔いやすくなるので注意してください。

    参考:ヘパリーゼ 飲むタイミングは飲み会前か後か?効果の違いは

     

    管理人(ザッ君)より

    以上が、悪酔いの防止策についてでした。

    飲み会の前にはコップ1杯の牛乳!この習慣をつけておくと、悪酔いよる失敗や体調不良を防ぐことができます。

    牛乳を飲めないときは、水でもよいので水分補給をしておきましょう。

    喉がかわいた状態、極度の空腹状態でお酒を飲むのは悪酔いの元なので、この二つだけは避けること!サウナ帰り、ご飯抜き状態で飲み会に出席してはだめですよ。

    では、悪酔いしないように注意しながら、楽しいお酒の席にしてください♪


    スポンサードリンク

     

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ