箱根駅伝2017 コース通過時間をズバリ!4区、5区変更だョ

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

お正月の風物詩といえば2日と3日にかけて行われる箱根駅伝!

どんなドラマが生まれるのか、山の神は降臨するのか、毎年楽しみですよね。

2日に行われる往路では8時に読売新聞社前をスタートし、5人のたすきリレーで箱根の芦ノ湖まで駆け抜けます。

たすきリレーが行われる各中継地点は大会の見どころの一つ!

また、2017年は4区と5区でコース変更があるので、注意が必要ですね。

ということで、 今回は各中継地点の通過時間について調べてみました。

 

1区→2区の鶴見中継所

箱根駅伝

1区は21.3kmのコースです。

8:00に読売新聞社前をスタートした選手は鶴見中継所に向かって走ります。

1区の区間記録は1:01:06 、なので例年、鶴見中継所に選手がやってくるのはスタートから1時間後の 9:04頃 です。

たすき渡しを見たい方はこの頃までに中継所もしくはテレビの前で待機してください。

 

2区→3区の戸塚中継所

2区は23.1kmのコースです。

このうち中継所まで残り3kmの登り坂が見どころのコースです。

2区の区間記録は1:06:04 、戸塚中継所には 10:13頃 にトップ集団の選手がやってきます。

 

3区→4区の平塚中継所

3区は21.4kmのコースです。

下り坂と海風が特徴のコースです。

多くのチームがこの区間に準エースクラスの選手を配置!

これまで多くのドラマが生まれた区間でもあります。

3区の区間記録は1:01:38 、大体 11:07頃 にたすき渡しを見ることができます。


スポンサードリンク

 

4区→5区の小田原中継所

2017年の箱根駅伝でコース変更が行われる区間の一つがこの4区です。

前年までは18.5kmだったコースが、今回からは20.9kmに伸びます。

中継所もメガネスーパー本社前から 鈴廣かまぼこの里に変更 されるので、現地に行って応援される方は注意してください。

肝心の通過時間ですが、前年までの18.5kmでの区間記録は54:28、12:12頃に小田原中継所でのたすき渡しが行われていました。

ただ、今回からは距離が伸びるので、この時刻よりも中継所の通過時間は遅くなるでしょう。

ここで参考にしたいのが、今回のコース変更後の4区の距離と大体同じ、4区が21.0kmだった頃の区間記録、これが1:00:56です。

18.5kmコースのときよりも約6分長いですよね。

なので、2017年の小田原中継所の通過時間は大体、 12:20前後 になるのではと思います。

 

5区→芦ノ湖

箱根駅伝

箱根駅伝の5区といえば、山登り!

2017年は神野大地選手に続く、新たな山の神が誕生するのでしょうか。今から楽しみですね。

箱根駅伝の山の神!歴代選手について知ておくべきポイント

4区の距離が伸びたことに伴って、2017年のコースでは5区の距離が短くなりました。

前年までは23.2kmだったコースが、今回は20.8kmに!

5区の選手への負担がこれまで何度も問題になってきましたが、今回の距離の短縮で少しは問題が解消されるのかな、どうなのでしょう。

5区の距離は短くなったとはいえ、往路全体の距離は変わっていないので芦ノ湖へのゴール時間は変わらない、もしくは5区が短くなった分、早くなるかもしれませんね。

例年の往路のゴール時刻は大体13:30頃です。

また、参考までに、神野大地選手が叩き出した5区の区間記録は23.2kmで1:16:15。

5区が20.9kmだった時代の区間記録は1:09:12です。

単純計算で、新しい小田原中継所の通過時刻が12:20頃だとすれば、やっぱりゴール時刻は 13:30頃 になりそうですね。

 

管理人(ザッ君)より

以上が各中継地点の通過時間についてでした。

上記の各中継地点の通過時間はあくまで目安なので、トップのたすき渡しを見逃したくない方は、現地組もテレビ観戦組も時間に余裕をもってそれぞれの場所に待機してください。

2017年の注意点はなんといっても4区から5区になる小田原中継所!

中継所の場所が変更されるので注意すること!

鈴廣かまぼこの里に行く方は電車でいくのがおすすめです。

2017年の箱根駅伝は例年の楽しみに加えて、4区の距離が伸び5区の距離が短くなることで、全体のタイムが早くなるのか短くなるのか、これまでと4区の選手起用や各チームの戦略に変更はあるのか?などにも注目して見ていきたいですね。

参考:箱根駅伝を予想!順位と区間賞をズバッと!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ