いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

脇の下のしこり!押すと痛い!ピリピリは何科を受診すべき?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


脇の下には太い血管とリンパ節があります。

リンパ節とはリンパ管の中継地点、リンパ管が集まっている場所ですね。

脇の下にしこりができるとき、①脇の皮膚にしこりが出来る場合と、②リンパにしこりができる場合があります。

このうち、 ②のリンパにしこりができるときには重大な病気の可能性も!!

ということで、 今回は脇の下のしこりについて調べてみました。

 

脇の下のしこり

体にしこりを見つけると「ドキッ!」としますよね。

今回ご紹介する脇の下のしこりは、お風呂で見つける方が多いです。特に女性の方でしたら乳がんが頭によぎる方が多いのではないでしょうか?

しこりといっても、原因は色々ありますので焦らず1つずつ確認してみましょう。

 

粉瘤や脂肪腫

脇の下にできたしこりのうち、肌表面にできたしこりは粉瘤や脂肪腫、イボやニキビのようなものですね。

粉瘤は 触るとこりっとしていて、 痛みがある ときもあります。

脂肪腫は ぶよっとしていますが、 痛みはありません。

どちらも完治させるためには、手術などの治療が必要ですが、放っておいても命に関わることはありません。

ただ、時間の経過とともにしこりが大きくなることはあります。なので、気になる方はまだ小さいうちに取り除いておく方がいいかもしれませんね。

粉瘤や脂肪腫ができたときには皮膚科を受診してください。

 

②リンパの腫れ

脇の下

風邪をひいたり疲労やストレスのために体の免疫力が低下しているときは、リンパに細菌やウイルスが侵入しやすいです。

リンパに細菌やウイルスが侵入するとリンパが腫れます。

風邪をひくと、耳の下や首のリンパが腫れることがありますよね。

脇の下も同じように腫れます。

しかも脇の下には太いリンパ節があるため、腫れるときは大きく腫れ痛みも強いです。

リンパが腫れたときには、体が疲れている証拠!

安静にしましょう。風邪以外の病気に感染していることもあるので、内科を受診するとよいです。

 

③神経痛

ピリピリとした痛みは神経の痛みです。

脇の下がピリピリと痛むときには、肋間神経痛の可能性があります。

整形外科を受診してください。

肋間神経痛は上半身の筋肉不足や猫背、ストレートネックなど姿勢が悪いと悪化します。

肋間神経痛の方は、正しい姿勢を心がけましょう。

また、 帯状疱疹 でも脇の下がピリピリと痛むことがあります。

帯状疱疹の心当たりがある方は内科を受診してください。


スポンサードリンク

 

④生理

女性の生理前や生理中は、女性ホルモンの分泌量の変化により、乳房が張ったり乳房に近い脇にしこりや痛みがあらわれることがあります。

生理が終われば乳房の張りや脇のしこりはなくなります。

 

⑤乳腺症

脇の一番凹んだ部分よりも乳房側にしこりができたときには乳腺症の可能性があります。

乳腺が細菌に感染することにより炎症や痛みが生じた状態です。

授乳中の方で脇の下がひどく痛むときにはかかりつけの婦人科を受診しましょう。

 

⑥悪性腫瘍

脇の下のしこりは、悪性リンパ腫や乳がんなどの悪性腫瘍の可能性があります。

がんの場合は、初期はあまり痛みがありません。

ただ、がんでは、しこりが徐々に大きくなったり、ある日を境に一気にしこりが大きくなる、しこりの数が増えるなど、時間の経過とともにしこりの状態がどんどんと変わっていきます。

これはがんが進行している証拠なので、すぐに内科を受診しましょう。

リンパの腫れの場合は、時間の経過とともにしこりは消えてなくなるので、このような変化はありません。

また、「こんなところにしこりがあったっけ」というようなしこりに気付いたとき、触ってみて痛みがない、しこりが動かないという場合は悪性腫瘍の可能性があります。

念のため、病院を受診してみましょう。

【しこり関連記事】

 

管理人(ザッ君)より

以上が、脇の下のしこりについてでした。

脇の下にしこりができたときには、まずはしこりができた場所を確認してみてください。

皮膚の表面付近でできたしこりは粉瘤や脂肪腫です。

皮膚科を受診しましょう。

腕を上げたとき、脇の一番凹んだ部分にしこりができたときにはリンパが何らかの原因で腫れています。

押してみて痛いときには免疫力低下によるしこりの可能性が高いです。痛くないときにはちょっと注意が必要!

様子を見て、早めに病院を受診しましょう。

脇のうち乳房に近いところにしこりができたときには生理や乳腺症が原因のことが多いです。ただ、乳がんの可能性もあるので気になるときにはかかりつけの婦人科を受診してください。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ