耳切れ 赤ちゃん〜大人まで市販薬おすすめ一覧!リンデロンの注意点

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

耳切れといえば赤ちゃんや子供がなりやすいイメージで、赤ちゃんに耳切れができると「この子は敏感肌なのかしら」「もしかしてアレルギー体質?」と親御さんは心配しますよね。

また、病院でもらったリンデロン、「副作用が心配だわ」という方も多いでしょう。そして、大人でも耳切れになる方も多いです。

ということで、 今回は耳切れの原因や、市販薬のおすすめ、リンデロンの注意点、薬の副作用について調べてみました。

 

耳切れとは?

アトピー

耳切れとは耳たぶの下が切れてしまう症状で、赤ちゃんや子供に多いです。

ただ、大人もなります。

耳切れの多くはアレルギーによるアトピー症状です。

耳切れは長引くと耳たぶがぱっくり割れたり患部がぐじゅぐじゅになってしまうので、 ステロイド剤などで一気に治す のがよいとされています。

ただ、ステロイド剤には副作用もあるので、特に赤ちゃんや小さなお子様に使用するときには注意が必要です。

 

耳切れにはリンデロン?

耳切れで病院を受診すると、処方されるのが「 リンデロンVG軟膏 」などのステロイド剤です。

リンデロンはステロイド剤の中でもステロイドの効果の高い薬なので、効き目は抜群、しつこい耳切れを一気に治すことができます。

一方で、上記の通りステロイド剤には 皮膚の乾燥 色素異常 多毛 などの 副作用 もあります。

ただ、これは一時的なもので、耳切れの場合は外用薬ですしステロイド剤を使用する期間も短いので、医師の指示に従って使用している分には副作用の心配はそれほど大きくはありません。

 

リンデロンを使用するときは!

リンデロンを使用するときには、医師の指示に従って正しい方法で使いましょう。

ステロイド剤はちまちま使っていたのでは効果が出ません。

「塗る」ではなく患部に「置く・かぶせる」というイメージで使います。

また、ステロイド剤を使用すると皮膚が乾燥することがあります。医師からワセリンなどの保湿剤も合わせて処方されたときには、そちらを使った保湿ケアもきちんと行ってください。

 

リンデロンを赤ちゃんに!?副作用は大丈夫?

赤ちゃんや小さなお子様の耳切れにもリンデロンが処方されることがあります。

このときも、医師の指示に従って使用する分には副作用の心配はありません。

耳切れは痛いしかゆいですよね。しかし引っ掻いてしまうと患部はますます悪化してしまいます。

大人であればかゆみや痛みを我慢することもできますが、赤ちゃんや子供ではそうはいかないでしょう。

耳切れが長引くと、引っ掻いたりつねったりして耳切れはますます悪化するばかり、治りません。

それよりはステロイド剤で一気に治し、かゆみや痛みとさよならする方がずっとよいですよ。


スポンサードリンク

 

耳切れにおすすめの市販薬

それでは、耳切れに効く子供〜大人まで使えるおすすめ市販薬をご紹介します。参考にしてくださいね。

まずはステロイド剤から。

 

①ステロイド剤

耳切れ 市販薬

  • フルコートF(田辺三菱製薬)

市販のステロイド外用薬で、ステロイドのランクはStrongランク、効果の高い市販薬です。短期間で一気に治したい方におすすめ、長期間の使用は×です。

  • ドルマイコーチ軟膏(ゼリア新薬)

ニキビ薬としても有名ですよね。昔からあるステロイド外用薬なので、安心して使うことができます。

  • ベトネベート軟膏(第一三共ヘルスケア)

ステロイドのランクは高く、リンデロンの市販薬版です。

 

②非ステロイド剤

ステロイド剤を使えない方におすすめの市販薬は サトウ製薬のポリベビー です。

赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹向けの薬なので、赤ちゃんや小さなお子様にも安心して使用することができます。もちろん大人が使っても大丈夫ですよ。

ただ、ステロイドが入っていないので、短期間で耳切れを治すことはできないかもしれません。

様子を見て、耳切れが治らないようであれば、病院を受診しましょう。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、耳切れや、リンデロンや市販薬のおすすめや注意点についてでした。

ステロイド剤には「副作用が怖い」というイメージがありますが、そんなことはありません。特に外用薬では、内臓やホルモン分泌に影響の出ることはまずありません。

安心して使用してください。

ただ、最初から自己判断で市販のステロイド剤を使用するのは危険です。耳切れができたときには、一度は病院を受診してください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ