クールビズに半袖スーツでダサい男!2016最新の服装?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

クールビズ普段スーツ着用の男性が、クールビズの初日に発する言葉。

「ネクタイから開放されて、首がラクだ〜!!」

クールビズは、平成17年(2005年)に環境省が旗振りをして、はじまりましたが、もうかれこれ10年になるんですね。

ノーネクタイ・ノージャケットで仕事をしても、ずいぶんと違和感がなくなりました。

でも、半袖シャツはまだ違和感があるようですね。

じゃぁ、半袖スーツはどうですか?

そんな奴おらんやろ〜!?おおじょしまっせ!(by大木こだま)

いるんですよ(゚д゚)!半袖スーツの男がご近所に…

と言うわけで、今回は、半袖スーツのルーツを中心に、クールビズで半袖シャツはありか?などにスポットを当ててお話させていただきます。

 

半袖のスーツや半袖ジャケットの方がいる!?

あなたのお近くで、クールビズの期間に半袖のスーツや半袖ジャケットの方はいらっしゃいますか?

女性は、半袖スーツが売っていますが、男性の半袖スーツの売っている売り場を、管理人は見たことがないですが、近所の男性が着用していた半袖スーツは、もしかしたら、今後の最新のクールビズ・スタイルかもしれませんよ。

って、ことは今のところなくて。。。

省エネ実は、半袖スーツのスタイルは、「省エネルック」と言われ、その昔、昭和54年(1979年)に当時の首相などが、国民に提唱していたスタイルになります。

羽田孜元総理が、披露したキテレツな半袖姿が印象に残っている方もいるのではないでしょか?

あの姿を、省エネルックと言います。

お笑いのダウンタウンの浜ちゃんが、以前コントで着て笑いをとっていましたが、「省エネルック」と言われる、半袖スーツは、時の首相たちが、本気にマジメに推奨していたのです。

⇒ 省エネルックを写真で確認する

 

省エネルックを推奨していた理由?

昭和54年(1979年)当時は、第2次オイルショックの後で、省エネが注目されていたんですね。

トイレットペーパーを買い占めたりする姿の、映像や写真を、一度は目にしたことがあると思います。

 

オイルショックでは、企業の自助努力でこんなことがありました。

  • テレビの深夜放送が中止
  • ガソリンスタンドは日曜休業
  • 漫画や週刊誌のページは減少
  • プロ野球のナイター時間は繰り上げ


そんな中、登場したのが、半袖スーツの省エネルックですが、涼しそうで斬新的はスタイルですよね^^;

ところが、省エネルックは、斬新なデザインと裏腹に広まりませんでした。

なぜ、省エネルックは広がらなかったのでしょうか?

かっこいい!と思われなかった。


今では、省エネルックは、ダサいの代名詞になっちゃいました^^;

でもね、当時、羽田孜元総理が披露した省エネルックは賛否両論でしたが、現在のクールビズが一般化するようになった原型で、功績は大きいと思います。

ただ、足りなかったのは、ネーミングと失礼ですが、モデルかな?

  • 省エネルック・・・省エネするための服
    イメージモデル・・・羽田孜元総理 
  • COOL BIZ・・・涼しいカッコいいビジネス
    イメージモデル・・・小泉純一郎元総理


スポンサードリンク


半袖のスーツが、今のところ流行る兆しは全くないですが、省エネスーツをこよなく愛する人は、今でも、存在しているようです。

イージーオーダーで、30,000円〜50,000円位になるようですが、羽田孜元総理が買われたお店では、毎年20着〜30着ほど、半袖スーツが売れていたそうです。

だから、近所の半袖スーツの方は、省エネに関して、きっと強い志を持った方なんだろうなぁと、思うようにします^^

ところで、スーツの半袖はちょっと…ですが、シャツの半袖はありですか?

いやいや、長袖だろ!この時期に悩む、クールビズシャツの半袖・長袖の賛否両論をご紹介します。

 

クールビズ 半袖シャツと長袖シャツどっち派?

どっち?クールビズの期間が始まると、たびたび話題にもなり、考えてしまうのが、半袖シャツと長袖シャツどちらを今年は着ようかな?ってことではないでしょうか?

まずは、衝撃の事実をお伝えします。

  • 半袖シャツはダサい!


冒頭から言い切っちゃいましたが、管理人が言ってるのでありませんので、あしからず^^;

半袖シャツがダサいと言うのは、ビジネスの世界と、女性の方々が言うことが多い意見となります。

 

ビジネスの世界での、半袖シャツの評価は?

シャツとネクタイ

ビジネスの世界で、半袖シャツの評価はとても低い傾向にあるようです。


人は制服に弱くて、管理職や営業職の人は、見かけの強さがとても大事だから、人を説得するのに、制服(スーツ)がとても良いアイテムになるようです。

そして、世界広しと言っても、先進国のビジネススタイルで、半袖シャツが許されるのは、アメリカと日本くらいのものだそうです。

ヨーロッパで、「半袖シャツをなぜ着ないの?」と聞くと、「ダサい」と帰ってくるそうです。

ところが、ダサいだけではなく、半袖シャツは、ビジネスの世界で、あまりよろしくない結果がありましたので、ご紹介しますね。

  • 半袖シャツOKの会社・・・遅刻が多い
  • リーダー職の人が半袖を着ている会社では、着てないリーダ職の会社より遅刻が12%多かったそうです。

    しかも、昼食から帰ってくる時間も13%も多く遅れて帰ってくるスタッフが多かったそうです^^;


リーダーが、半袖シャツだと、軽く見られているのかもしれませんね^^;

あなたのお仕事場では、半袖の上司がいますか?上司なのに半袖…


スポンサードリンク

 

女性からの半袖シャツの評価は?

女性が指差す女性からの、半袖シャツの評判は、年ごとにうなぎのぼりのようで、約85%の方が、ボーダラインで半袖シャツの方が、さわやかに見えるという意見も増えてきているようです。

ほんの数年前は、ヨーロッパと同じように、半袖シャツはおじさん見たいで、ダサい!と言われていたと思うのですが、女性の心変わりは早いものですね。

ただ、ポロシャツは、一気に半数が支持しない結果が出ていまので、注意が必要のようです。


クールビズの期間2016!シャツを着こなして女性くぎ付け?(過去記事)

管理人は、まだ半袖シャツは着たことがないのですが、一度半袖シャツの涼しさを経験してしまうと、長袖シャツには、戻ることが出来なくなりそうで、怖いですね^^;

2016年のクールビズの着こなしのポイントは、お洒落清潔感があって、シャツには適度はエッジキチッとしているということのようですから、管理人は、暑くても少しガマンをして、長袖シャツを着ます。

もう駄目って時は、長袖シャツを腕まくりするだけで、女性のイメージは変わるようですよ^^

さぁ、2016年のクールビズ期間は、半袖シャツを着ますか?それとも、長袖シャツでまだ頑張りますか?

 

クールビズはお洒落に格好よく決めよう!

少し肌寒い?クールビズは、環境省が言うようにノーネクタイ・ノージャケットで冷房を節約して「地球の温暖化」「節電」に貢献しようって地球規模で、良い取り組みなのですが、それより大事なのは、目先の女性にどう見られるか、そんな、男性の方が多いのではないでしょうか?

Appleの創業者、スティーブ・ジョブズや、現CEOのティム・クックのように、服を考えることが、時間の無駄と言える立場ではないので、クールビズは、女性の目を向かせることが出来る、数少ないチャンスでもあるのです^^

と言って、女性が言うお洒落でカッコいいは、ブランドのシャツを着てるからとかではなくて、スーツやジャケットを脱いだ時の着こなしが上手かというところです。

 

スタート地点・土俵にあがるには、コレだけはやってはいけません!!

  1. ブランドのバックルがついたベルト!
  2. 胸ポケット、ズポンのポケットに物がいっぱいでもっこり
  3. 首元から肌着がチラリ!
  4. シャツの下にTシャツのロゴが透けている!
  5. えっ!素肌にYシャツ?

最低限、クールビズに女性を意識するなら、これくらいは注意しましょうね^^;


女性は、瞬時に判断するそうです(+_+)

 

管理人(ザッ君)より

管理人の場合、仕事着で悩むのは、クールビズの期間と、衣替えシーズンくらいですが、女性の方で、制服のない会社の方は、毎日、服を選ぶの大変だなぁと思います。

ところで、クールビズのシャツは、ネクタイを外す場合は、ボタンダウンが良いと思いますが、やけに襟が高いシャツを好む方がいますよね。

クールビズ期間外にネクタイをつけている姿、ちょっとどうなんだ?と思います。

さて、今回は、懐かしい半袖スーツにスポットを当てて、クールビズの半袖シャツにスポットを当ててお話しましたが、相手に心地よく思ってもらうことも大事ですが、1番は本人が心地いいかが、大事ではないかな?

では、では^^

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ